ホットヨーグルトについて知りたい!どんな効果があるの?作り方は?

みなさんは、ヨーグルトをどのように食べていますか?

やっぱりそのまま冷たいヨーグルトをたべていまる方が多いかもしれません。

でも、今話題のホットヨーグルトはダイエットなどに効果が高いのです。

そこで今回は、ホットヨーグルトの作り方や効果についてご紹介しましょう。

ホットヨーグルトの作り方は?

まずは、基本のホットヨーグルトの作り方からご紹介しましょう。

材料は、ヨーグルト(無糖)100g、ハチミツ大さじ1、水大さじ1。

たったこれだけなんです。

ホットヨーグルト

作り方も簡単で、まずはグラスやカップに全部の材料を入れます。

それをラップをせずにレンジ500wで40秒~1分加熱します。

それを取り出して滑らかになるまで混ぜれば出来上がりです。

温めるときはあつすぎると効果がなくなるので、ひと肌ぐらいに温めるのがよいでしょう。

ホットヨーグルトの効果は?

家庭で簡単に作れるホットヨーグルトですが、どのような効果があるのでしょうか?

ヨーグルトといえば、便秘解消効果などが知られていますね。

もちろんホットヨーグルトも便秘解消効果がありますが、温めて食べることでより効果がアップするんです。

そして便秘解消することで、お肌も綺麗になります。

つまり腸内環境を整えることで、体のなかから綺麗になれるという事なんです。

もちろんダイエット効果もあります。

ホットヨーグルトを食べることで腸内環境が健康的になって、老廃物がスムーズに排出されます。

さらに代謝の促進もおこなわれますので、ダイエットに効果的なのです。

  [スポンサードリンク]

冷え性の方はホットヨーグルトをたべよう

ヨーグルトは冷たいまま食べるという方が少なくないと思います。

でも、実際にはあまり効果を感じたことがないという方もいます。

そんな方は、もしかすると腸が冷えてしまっているのかもしれません。

ですから、冷え性の方はヨーグルトはホットにして食べると良いのです。

温めることで内臓の中でも腸を冷さないので、効果がよりアップするのです。

残念ながら腸が冷えて乳酸菌が妨げられてしまいます。

もちろん冷え性自体を改善したいときにも効果があります。

冷え性は腸の冷えが原因であることが多いので、とくに冷たいものをよく食べる夏場などはホットヨーグルトを食べることで腸内環境を整えましょう。

ホットヨーグルトについてのまとめ

いかがでしたか?

今回はホットヨーグルトについて、作り方や効果を御紹介しました。

ホットヨーグルトってちょっと珍しい感じがしますが作り方も簡単でふつうに食べるより
効果もあることがわかります。

ぜひ、今度はヨーグルトを温めて食べてみてはいかがでしょうか?