これで安心!寒さ対策は窓からすれば温かさが断然違う!

寒い冬。

みなさんはどのような暖房器具を活用していますか?

寒い冬も室内ではできるだけ温かく過ごしたいと暖房器具をしっかり使っているけれどなんだか寒い。

そう思っている方もいるのではないでしょうか?

実は、その理由は窓からの寒さ対策をしっかりとしていないからかもしれません。

そこで今回は、窓からの寒さ対策についてその方法やおすすめグッズなどを御紹介しようと思います。

窓の寒さ対策で大切なのは?

寒さ対策 窓

室内で温かく過ごしたいけれど、暖房代が気になる。

できるだけ節約しながら温かく過ごしたいと思っている方に大切なのが窓の寒さ対策です。

せっかく温めた部屋から暖気が逃げないように断熱することが重要なのです。

断熱とは、つまり外部と内部の熱の出入りを遮ることです。

その家の中の暖気が逃げる原因はテラスや外気と部屋を隔てている窓です。

そこで窓の寒さ対策、つまり断熱をすることでかなりの温かさを維持することが出来るのです。

  [スポンサードリンク]

窓の寒さ対策には断熱シートが便利

みなさんは、窓の近くに行くと寒さを感じることがあるでしょう。

これは実際に隙間が空いていて外気が入ってきている場合もありますが、隙間が無くても冷気を感じられることがあります。

これは、室内が暖かい状態で外の冷たい空気との温度差で冷気の侵入によって隙間風のように感じてしまうからです。

そこで窓の断熱をして冷気が入り込まないようにしましょう。

とはいっても窓の断熱なんて、窓を二重窓にしたりしなくちゃいけない。

そうむずかしいことを考えてしまう方がいます。

もちろん、しっかりと工事をして二重窓などに出来る場合はそれで構いませんがもうすこし簡単に窓の断熱をするなら断熱シートがオススメです。

断熱シートは、窓に張り付けるだけで窓ガラスが持つ断熱効果をアップすることが出来て、冷気の侵入をかなり減らすことができます。

もちろん目では見えないけれど隙間ができている場合にも、しっかりと隙間を埋めることができます。

さらに結露の防止にもなるのでお勧めです。

1m6693_lp_01

カーテンも窓の寒さ対策は有効

窓からの冷気の侵入が部屋の温度を下げてしまう原因の一つになっているのはわかりましたね。

そこで普段使っているカーテンも遮断という面から選ぶことでだいぶ効果が違います。

とくにカーテンの素材は冬用のウールのカーテンなら断熱効果が高いので窓からの冷気の侵入を防ぐことが出来ます。

冬用のウールのカーテンは重いイメージがあるので好きではないという方もいるでしょう。

現在では、ウールのカーテン以外にもたくさんの冬用のカーテンが販売されています。

それぞれ独自の素材や断熱効果などを施してあるものも多いのでお気に入りを見つけてみるとよいでしょう。

また断熱効果を求めるなら、カーテンは遮光カーテンを選ぶとより効果的です。

遮光カーテンは普通のカーテンよりも生地が厚めで光を通さないようにできているので断熱効果も高いです。

できるだけ遮光率の高いものを選べばより効果的でしょう。

窓の寒さ対策ならカーテンの開け閉めの時間も重要

せっかく断熱のためにカーテンを選んでも開け閉めの時間を間違ってしまったら効果が半減してしまいます。

カーテンは太陽光が差し込んで温かい昼間にはしっかりと開けておいて、室内の温度をあげましょう。

そして、日が暮れると冷気が侵入しやすくなりますので日が暮れる前に早めにカーテンを閉めて温まった室内の温度を逃さないようにしましょう。

また、カーテンは床下までの長さを選ぶことが大切です。

床についている状態にすることでカーテンの下からの冷気を防ぐことが出来ます。

腰の高さのいわゆる越し窓の場合もできれば床下まであるカーテンにすると保温性がアップします。

100均グッズで窓の寒さ対策

せっかく節約のために窓の寒さ対策をするのだから、グッズにもあまりお金を掛けたくない。

そんな方におすすめの100均で使える窓の寒さ対策グッズをご紹介しましょう。

まずは、断熱シートも100均で。

包装用で使われるプチプチ

実はこれが冷気の遮断にとっても使えるんです。

100均でもおいていますので、購入したら窓の大きさに合わせてカットして両面テープなどで貼り付けたら出来上がり。

このとき、プチプチした面を窓ガラスの方に貼り付けます。

また、貼り付ける際にはしっかりと水分を拭き取ってから貼らないとはがれやすいので注意しましょう。

100均で購入できるので、ちょっと失敗してしまっても大丈夫。

ぜひ、挑戦してみてくださいね。

窓の寒さ対策についてのまとめ

いかがでしたか?

今回は、窓の寒さ対策について、オススメの方法やグッズをご紹介しました。

せっかく暖房しても窓からの冷気で温かさをたもつことが出来ないと暖房効率も悪くなってしまいます。

いままで窓の寒さ対策をしていなかった方も、ぜひ挑戦してみてください。

その温かさの差に驚くかもしれません。

グッズによってはかなりお安く効果を実感出来るものも多いので、オススメです。