本当にぐっすり眠れるのか?気になるドリエルの効果についてご紹介!

みなさん、毎日ぐっすりと眠れていますか?

せっかく寝ても夜中に目覚めてしまったり、しっかり寝たつもりでも朝疲れが取れていない。

そんな経験はありませんか?

睡眠の悩みを抱えている方は意外と少なくありませんよね。

そこで今回は本当にぐっすり眠れると話題のドリエルについて、効果や副作用などをご紹介しようと思います。

ドリエルってなに?

まずは、ドリエルという薬についてご紹介しましょう。

ドリエルは、睡眠改善薬で睡眠薬とは違います。

睡眠改善薬は、医師の処方が必要な睡眠薬とは違います。

一般的に薬局やドラッグストアで手に入れることができるお薬です。

寝つきがわるかったり、眠りが浅いという一時的な不眠症状を和らげることができる薬なのです。

慢性的な不眠症状ではなくて、一時的な不眠症状に使用できる薬です。

  [スポンサードリンク]

ドリエルにはどんな効果があるの?

上でご紹介したようにドリエルは睡眠薬ではなく、睡眠改善薬です。

ドリエルの有効成分となっているのが、ジフェンヒドラミンという成分でアレルギー症状を抑える薬として古くから使われていた成分です。

このジフェンヒドラミンは、風邪薬や鼻炎薬を購入して飲んでいると眠くなることがありますね。

この効果を逆に睡眠改善薬として利用している薬なのです。

風邪薬や鼻炎薬が眠くなるのは、抗ヒスタミン剤の副作用ですが、この副作用である眠気に注目して入眠障害や夜間覚醒と一時的な不眠の症状を和らげることに用いられているのです。

ドリエルの効果持続時間

じっさいにどのような人が飲めば効果があるのかということも気になりますね。

 ・朝起きても疲れが取れていないと感じる人

 ・日中ずっと眠気を感じる人

 ・睡眠薬には抵抗がある人

 ・寝酒を飲まなくては眠れない人

といった方たちにお勧めです。

慢性的な不眠や不眠症といった方の場合には、しっかりと医師から処方してもらった睡眠薬を飲んだ方がいいかもしれません。

ドリエルの効果は、あまり強い物ではありません。

風邪薬を飲んで眠くなるのと同じような程度だと考えるといいかもしれません。

ということは、人によってはドリエルを飲んでも眠くならない人もいます。

ですから、一度使ってみるのが大切です。

ドリエルの副作用はあるの?

一時的な不眠の症状に効果的といわれるドリエルですが、副作用はないのでしょうか?

睡眠薬というと、副作用が怖いと考える人も多いと思います。

ドリエルは、睡眠薬ではないので混同しないようにしましょう。

ドリエルの副作用として考えられるのは、風邪薬を飲んで起こる副作用と同じ程度のものです。

たとえば、のどの渇きや便秘、胃部不快感、目のかすみ、めまいなどの副作用が人によっておこることがありますので気を付けましょう。

ドリエルとほかの薬の飲み合わせで気をつけないといけないのは?

一時的な不眠の症状にドリエルを取り入れようと思っているけれど、他の薬も飲んでいるという方は注意が必要です。

とくにドリエル服用中には併用していけない医薬品があります。

他の睡眠鎮静剤、風邪薬、解熱鎮痛薬、鎮咳去痰薬、抗ヒスタミン剤を含む内服薬(たとえば鼻炎用内服薬、乗り物酔い薬など)とは飲まないようにしましょう。

飲みあわせや同じような成分があると1日の使用量の限度を超えてしまうことがあります。

服用前にしっかりと説明書を読んでから飲むようにしましょう。

ドリエルの効果的な使い方は?

ドリエルの効果的な使用法はあるのでしょうか?

不眠の状態が続いた時に一時的に服用するようにして、長期間続けて服用することは避けましょう。

ドリエルを服用することが習慣化されてしまうと、自分で眠ることができなくなってしまいます。

不眠の状態を改善するには、自律神経を整えることも大切です。

ですから、生活習慣を見直すことで睡眠時間を確保したり、薬だけに頼らずにハーブティなどを活用してみる方法もあります。

ドリエルのクチコミは?

それでは、実際にドリエルを飲んでいる人のクチコミもチェックしてみましょう。

「寝つきが悪くなったり、ストレスで眠れない時に服用しています。
 頭痛や吐き気などの副作用を感じたことはありません。
 飲んでから1時間ぐらいでうとうとしてくるので寝たい時間の1時間前位に服用しています。」

「ドリエルを飲んで一度眠りにつくと朝までぐっすりと眠ることができるようになります。
 一時的に不眠の状態の時に使うようにしています。」

と話しています。

効果には個人差もあると思うので、まずは試してみてもよいでしょう。

ドリエルの効果についてのまとめ

いかがでしたか?

今回は、ドリエルの効果についてご紹介しました。

ストレスなどの一時的なことが原因で、眠れないということがありますね。

そんな時は、眠れないことがまたストレスになってしまい悪循環。

我慢せずに上手にドリエルなどを活用することで、良い睡眠をとって生活習慣を改善するようにすると良いでしょう。