知っていれば怖くない!点鼻薬の副作用や使い方、オススメの市販薬をご紹介!

皆さんは、花粉症やアレルギーなどで点鼻薬を使用したことがありますか?

アレルギーなどでの鼻水、鼻づまりには点鼻薬が効果的なので実際に活用している方も少なくないでしょう。

でも、ちょっと気になるのは点鼻薬って副作用はないの?ってことではないでしょうか。

そこで、今回はそんな点鼻薬の副作用や正しい使い方、おすすめの市販薬などを御紹介しようと思います。

点鼻薬ってどんなものなの?

点鼻薬 副作用

まずは、点鼻薬の副作用についてお話する前に点鼻薬そのもののお話をしましょう。

点鼻薬とは、花粉症などのアレルギー性鼻炎を発症した時に処方されたり市販で購入できるお薬です。

点鼻薬にはさまざまなタイプがあります。

たとえば、花粉症用の点鼻薬の場合でもその症状によって効果的な点鼻薬の種類が異なります。

また使用方法を間違えると症状を悪化させる危険性もあるのです。

それでは、どのような点鼻薬があるのかを御紹介しましょう。

まずは、抗ヒスタミン系の点鼻薬です。

花粉症の治療として、リボスチン、ザジテンといった抗ヒスタミン点鼻薬が使用されます。

この抗ヒスタミン系の点鼻薬は、鼻水やくしゃみといった症状に効果があり、症状が軽いうちに使用すると花粉症の症状が改善されます。

ふたつめは、抗アレルギーの点鼻薬です。

これは、インタール、ソルファといった抗アレルギー薬でこちらも花粉症の点鼻薬としても使われます

こちらも花粉症などの鼻水やくしゃみに効果がありますが、即効性がなく症状がすでに発症している場合には効果をあまり感じられません。

ですから、症状がでるまえに予防的に使うことが多いお薬です。

みっつめは、血管収縮剤の点鼻薬です。

血管収縮剤は、腫れている粘膜を収縮させることで鼻づまりを改善するお薬です。

血管収縮作用が強いので、即効性がありすぐに鼻づまりが改善されるでしょう。

よっつめは、ステロイド系の点鼻薬です。

ステロイド系の点鼻薬は炎症を取る作用があります。

かなり強い効果が期待できるので、抗アレルギー薬や抗ヒスタミン薬では効果を実感出来ない方も効果を実感出来るかもしれません。

  [スポンサードリンク]

点鼻薬それぞれの副作用は?

上でご紹介したように点鼻薬とひとことでいってもさまざまな種類があります。

ですから、その副作用もそれぞれに違います。

それでは、それぞれの点鼻薬の副作用についてみていきましょう。

まずは、抗ヒスタミン系の点鼻薬です。

抗ヒスタミン系の点鼻薬で副作用として心配されるのが眠気です。

ただ、最近扱われている抗ヒスタミン系の点鼻薬は、第二世代と呼ばれるものが主流で眠気の副作用もほとんどなくなってきています。

ふたつめの抗アレルギー薬の点鼻薬は、副作用が出にくく、比較的安全に使用することができます。

ですから始めて花粉症などの点鼻薬を使う方におすすめです。

みっつめは、血管収縮剤の点鼻薬です。

これは、長期使うことで効き目がわるくなり、鼻づまりが悪化してしまうことがあります。

ひどい鼻づまりを改善しようと血管収縮剤の点鼻薬を頻繁に使うことでさらに悪くなるという悪循環を避けましょう。

さいごに、ステロイド系の点鼻薬です。

ステロイドというと副作用を心配しますが、飲み薬と違い副作用の心配はほとんどありません。

ただ、まれに鼻の乾燥感や刺激感などを感じることがあるでしょう。

点鼻薬の正しい使い方は?

点鼻薬って使い慣れていない方もいると思いますが、どのように使うのが正しいのでしょうか?

点鼻薬の正しい使い方を知って、しっかりと効果を得たいものですね。

まずは、点鼻薬を使う前に鼻をかみましょう。

そして、点鼻薬のふたを外したら容器を上下によく振ります。

このとき、振らないようにと注意書きがあるものは振らないようにしましょう。

つぎに、頭をすこし下に向けた状態で片方の鼻の穴をふさぎます。

そして、もう片方の鼻の穴に容器の先をたてて入れたら、息を軽く吸い込みまながら噴射します。

もう一方の鼻の穴にも同じように薬を噴射します。

さらに薬をいれた後には、鼻の奥まで薬が行き渡るように数秒間上を向いて鼻から深呼吸をします。

これで、しっかりと薬をいれることができます。

おすすめの市販の点鼻薬は?

アレルギー性鼻炎などで点鼻薬を使う場合におすすめの市販薬もご紹介しておきましょう。

1.抗ヒスタミン系・・・パブロン点鼻Z,ザジテンAL点鼻薬

2.抗アレルギー薬・・・パブロン点鼻Z,ザジテンAL鼻炎スプレーα

3.血管収縮剤・・・市販品のほとんどに含まれます

4.ステロイド系・・・ナザールAR、コンタック鼻炎スプレー

です。

点鼻薬の副作用についてのまとめ

いかがでしたか?

今回は、点鼻薬の副作用や使い方などについてご紹介しました。

これから、花粉の季節になります。

毎年花粉症に悩まされている方も多く、点鼻薬を使用する方も多いでしょう。

ここでご紹介したようにそれぞれの特徴や副作用をしって、正しく使うようにしたものです。