知っておきたい!お悔やみの言葉をメールで送る時のマナーや例文をご紹介!

皆さんは、だれかの訃報の連絡を受けて、メールでお悔やみの言葉を送ったことがありますか?

実際にメールでお悔やみの言葉を伝えていいものか、またその場合にはどのようなマナーがあるのか気になりますよね。

もちろん、本来訃報の連絡を受けたら、葬儀に参列するか参列出来ない場合には電報や手紙を出すのがマナーです。

そこで今回は、どうしてもメールでお悔やみの言葉を送る時に気を付けることや例文などを御紹介しようと思います。

お悔やみの言葉をメールで送ってもいい相手は?

  [スポンサードリンク]

本来は、お悔やみの言葉は手紙や電報で伝えるべきもの。

では、どのような相手ならメールでお悔やみの言葉を送ってもよいのでしょうか?

基本的には、相手との関係がある程度親しい友人や会社の同僚、仕事関係の取引先などであればメールでのお悔やみの言葉を送っても構いません。

反対にメールでのお悔やみの言葉は避けた方がよい相手としては、親族や親しくない知人、関係性の薄い取引先の担当者などです。

状況としては、メールで訃報の連絡を受けた場合にかぎります。

もちろん、お悔やみをメールで伝えるのは略式ですから、ビジネス上の関係性がある場合でも取り急ぎメールでお送りすると認識しておきましょう。

Funeral3

お悔やみメールを送る際のマナーは?

では、実際にお悔やみメールを送る際に気を付けるべきことをご紹介しましょう。

1.メールの件名には、用件がすぐにわかるように簡潔に書く

 お悔やみメールを送る場合には、一見で用件がお悔やみだとわかるように件名を書かなくていけません。

 たとえば「○○よりお悔やみ申し上げます」というように書きましょう。

 相手が取引先の場合には「(会社名)よりお悔やみ申し上げます」としましょう。

2.お悔やみメールには時候の挨拶などは書かない

 丁寧に書かなくてはいけないというイメージがあるお悔やみメール。

 ですから時候の挨拶などを書かなくてはいけないというイメージがあるかもしれません。

 でも、お悔やみメールは前置きはかかずに、すぐにお悔やみの言葉を書きましょう。

 相手に余計な時間を取らせないよう、メールでは手短にお悔やみの言葉を伝えるようにしましょう。

3.丁寧な言葉遣いをする

 もちろん、お悔やみメールは略式といっても丁寧な言葉遣いを意識することが大切です。

 亡くなった方への敬称など普段よりも丁寧な言葉遣いをしましょう。

お悔やみメールで使ってはいけない言葉は?

メールでお悔やみを伝えるのは、直接あって伝える時とは違います。

ですから、相手の状況や顔が見えないため、より注意が必要です。

普段送っているような会話をメールで送ってしまうと、哀しみを一層深めてしまうこともあります。

お悔やみのメールを送る際には、言葉選びに細心の注意が必要です。

たとえば、仲の良い間柄でも敬語や丁寧語を使います。

「お母さん=お母様」「夫=ご主人様」「突然の不幸を聞いて=突然のご不幸をうかがって」など気を付けましょう。

また、不幸の繰り返しが連想されるような言葉は使わないようにします。

たとえば、「わざわざ」「たびたび」「重ね重ね」といった繰り返し言葉は使いません。

さらに、不幸や不吉を連想させる言葉もさけます。

「切れる」「離れる」「消す」「別れる」という言葉です。

お悔やみメールの例文は?

それでは、上でご紹介したマナーなどを踏まえたお悔やみメールの例文をご紹介しましょう。

親しい友人に送る場合

「件名:○○よりお悔やみ申し上げます

 ご主人様のご逝去を知り、とても驚いております。
 遠方のため、駆けつけることができず申し訳ございません。
 今は突然のことでなにも考えられない状態だとは思いますが
 あまり気を落されないように。」

上司や同僚に送る場合

「件名:○○です。お悔やみ申し上げます

 このたびはご逝去の報に接し、心からお悔やみ申し上げます。
 家族を支えなければと無理されていないか心配しています。
 どうか、気を落さずにお体にお気を付けください。
 安らかなご永眠をお祈りいたします。」

取引先に送る場合

「件名:株式会社○○ ○○より お悔やみ申し上げます

 ○○株式会社
 △△△事業部 ○○様

 ご身内に御不幸がおありだったと伺い、大変驚いております。
 略式ながらメールにてお悔やみ申し上げます。
 こころから哀悼のいを表します。」

といった感じです。

ぜひ、参考にしてください。

お悔やみの言葉をメールで送るときのまとめ

いかがでしたか?

今回は、お悔やみの言葉をメールで送る時のマナーや例文を御紹介しました。

お悔やみの言葉はできれば、直接会ってお伝えしていものですが遠方であったり、すぐに伝えたいという時にはメールを活用しましょう。

ご紹介したようにメールでのお悔やみの言葉は相手を選ばなくてはいけません。

今回の記事を参考に、失礼のないようにお悔やみのメールを送りましょう。