ガクアジサイの育て方は?墨田の花火って何?花言葉は?

6月になると各地で梅雨入りの便りが聞かれるようになります。

梅雨と言えば、じめじめしていて何だかすっきりしない日が続きますが、
鬱陶しいことばかりでもありません。

そう梅雨時期に美しく咲き乱れるあじさいを鑑賞することができるからです。

あじさいの名所は各地にありますから、ぜひ足を運びたいものです。

さて、今回はそんな紫陽花(ガクアジサイ)について、
育て方や花言葉などをご紹介しようと思います。

gakuajisai16.7-1

ガクアジサイの育て方は?

ガクアジサイを鉢植えで育てる場合、休眠期の冬に行います。

用土は、水はけのよい土で赤玉土6に対して、
鹿沼土3、ピートモス1の割合で混ぜた土
に植えます。

弱酸性の土を好みますが、アルカリ性の土ではピンク色や紅色になります。

場所は日当たりのよいところから半日陰の場所がよく育ちます。

西日があたる場所は、乾燥して葉が焼けて傷んでしまいます。

日照不足では色がつかずに白っぽい花になってしまうこともあります。

水やりは、鉢植えの場合、土の表面が乾いてきたらたっぷりと水を与えましょう。

夏は特に乾燥に気をつけないと
株が枯れてしまうことがありますので用心しましょう。

ガクアジサイを増やしたいと思ったら、挿し木で増やすことができます。

6月上旬ごろに花のついていない枝の先端を15センチくらい切って、
砂を入れた鉢などにさすと1か月くらいで根が出てきます。

墨田の花火って何?

Exif_JPEG_PICTURE

あじさいって意外と種類が豊富なのをご存知でしたか?

日本原産のものや西洋原産のものなどいろいろあって、
その花も雰囲気がさまざまです。

中でも墨田の花火という品種が可憐で可愛らしいです。

花の柄が長く、花火の様に四方に広がる様子から名づけられたそうです。

通常のあじさいは花が密生して大輪の花のように見える
普通のあじさいの方が華やかですが墨田の花火は優しい雰囲気のあるあじさいです。

  [スポンサードリンク]

ガクアジサイの花言葉

お花にはそれぞれに花言葉がありますね。

梅雨の鬱陶しい時期に私たちを癒してくれる
ガクアジサイにはどんな花言葉があるのでしょう。

6月1日の誕生花であるガクアジサイの花言葉は「謙虚」です。

この花言葉、両性花がすべて装飾花に変化した手まり型のあじさいに比べて、
装飾花が周辺にだけ咲くことからきっとつけられたのでしょう。

可憐ながくあじさいの花言葉をしると、より可愛らしく見えますね。

最近は、あじさいを鑑賞する為にいろんなところに観光に出かける人も多いようですね。

それだけ、日本人に愛されているお花だと言えるでしょう。

自宅で育ててみたり、花言葉を調べてみたり、それぞれに楽しみがあるので
自分らしい紫陽花の楽しみ方を見つけましょう。