①パワーストーンの処分の流れ~分解

パワーストーンのお話について種類や組み合わせ等を細々と説明してきたのですが、最後にやはり知っておくべき事は、処分の仕方です。

このパワーストーンを不要となった時、効果が薄れてきて他の物を使用したいとき等様々な状況によって手放す事が考えられるかと思うのですが、いずれにしても正しい処分方法で処分するのが最も理想的なのです。

今までストーンの力によって自分自身を支えてもらった、と言う方も少なくは無いかと思うのですが、その事から最後までしっかりと丁寧に扱っていく必要があるのです。

まず、処分方法の流れを簡単に説明していきますと、パワーストーンのブレスレットやピアス等アクセサリー系であれば分解から始めていく事が最優先です。

ブレスレットであればストーンを結んでいるゴムを外し、ピアスであれば金具を取り外したりするのですが、この作業によってバラバラの状態を作って欲しいのです。

ストーンと金具・ゴムなどは違う処分方法が望ましいので、まずはこの作業を忘れないように試みてください。

パワーストーンの処分を分解せずにそのままゴミ箱に入れてしまう方も案外少なくは無いのですが、そのような処分は絶対に避けておきましょう。

今まで自分を支えてくれたパワーストーンだからこそ、しっかりと分解して各部品ごとの処分が良いのです。

私自身もパワーストーンを手放す時は何か心寂しい感情になりましたが、別れの際にはしっかりと最後まで面倒をみる事を忘れないようにしましょう。

立つ鳥跡を濁さず、その言葉の通り最後まで正しい処分方法でお別れしていきましょう。

  [スポンサードリンク]

②パワーストーンの金具や部品の処分

パワーストーンの処分の仕方についてのお話を進めていますが、まずは処分の大まかな流れについてご紹介しました。

アクセサリー系であればまずは分解をして細かく分ける必要が有る、と言ったのですが、この作業がパワーストーンの処分の第一歩です。

パワーストーンには様々な金具や部品、ストーンによって形成されているものなのですが、きっと処分する最後になるとその構造をしっかりと把握する事が出来るでしょう。

では、この部品ごとの分解が終われば次に何をすれば良いのでしょうか。

分解作業が終わってする事、それは金具や部品の処分です。

ピアス等の金具であればゴミ箱に捨ててしまわずに、他のアクセサリーと合体させて身に付ける、と言う方も少なく有りません。

今まで長い間パワーストーンを付けていた人がいきなり手放してしまう事は寂しい、などと思っている人であればこのような活用法は物凄く適当でしょう。

他のゴムやワイヤー・糸などの再利用できない物は、種類別に分けてゴミ箱で捨てて構いません。

私自身パワーストーンのブレスレットを利用していたのですが、それを処分する際にはストーン以外の全てのパーツを他のアクセサリーと合体させて活用させました。

パワーストーンにはお世話になった、と言う方であれば私のように、金具や部品などを活用させて再利用しても全く問題は無いでしょう。

これらの事から金具や部品の処分には、全てゴミ箱で処分しても良いですし再利用しても良いので、人によって処分の仕方は様々であると言えるでしょう。

③パワーストーンの浄化

jo0011

パワーストーンの処分方法についてのお話を進めていますが、まずは分解をしてその中でも金具や部品にあたる物は人によって再利用する方も多い、と説明しました。

私も部品の全てを再利用して他のアクセサリーに変えたのですが、何かパワーストーンの部品と言うだけでご利益が有りそうな気がしたのです。

では次に説明するストーンの処分方法なのですが、ストーンも他のアクセサリーとして活用する事は良いのでしょうか。

結論から言えば、それは相応しく有りません。

恐らくパワーストーンを処分すると決めてから再利用する方自体、多くは無いと思うのですが、ストーンには正しい処分方法でしっかりと手放す必要が有ります。

その処分の方法はいくつか挙げられるのですが、どの方法を選択するにしてもストーンを浄化させておいた方が良いかと思います。

私自身もストーンを手放す前にしっかりと浄化させてから処分したのですが、パワーストーンには再び元の状態に戻してから処分する事が望ましいのです。

もちろん絶対にしなければいけない、と言う事ではありませんが、出来れば浄化作業をしてから処分を進めるようにすれば理想的なのです。

パワーストーンの部品や金具には再利用してもよいと言いましたが、ストーンの再利用はあまり好まれていません。

ストーンを処分する際にはいくつかの正しい処分方法を選択する必要が有るのですが、いずれにしてもストーンを一度浄化させておけば良いのではないでしょうか。

お世話になったストーンだからこそ、元の状態に戻しておくのが良いのです。

④手軽なパワーストーンの処分とは

911-660x400

パワーストーンの中でも処分の仕方について細かく説明していますが、その中でも金具やゴムの部品であれば再利用しても良いという事を言いました。

しかしストーンに関してはその事が望まれておらず、しっかりと浄化して元の状態に戻すのがベストであると言ったのですが、具体的にどのような方法でストーンの処分をしたら良いのでしょうか。

処分方法にはいくつか挙げられるのですが、その中でも最も手軽で簡単に出来る処分は、やはり不燃物としてゴミと一緒に出してしまう方法なのです。

この方法が誰にでも可能な1つの処分方法なのです。

中にはパワーストーンが生まれた場所にしっかりと返したい為に、海や山に行って処分するという方も多いのですが、それは客観的に見れば違法になってしまうので注意しましょう。

海であれば生物に危害を加えてしまいますし、山であればポイ捨てと同じ状態なのです。

気持ちは凄く分かるのですが、これらの方法には法律的に良くないのできっとパワーストーンの処分としても不適当な事なのです。

土の中に埋めて処分する、と言う方もいるかもしれませんが、そのような方は自宅の庭等で収めるようにしましょう。

決められている法律があるので、それに順じた処分方法がパワーストーンの中では好ましいでしょう。

手軽なストーン処分とは、その事からやはり不燃物と一緒に捨ててしまう事が良いかと思われます。

自然界に返して処分する、と言う方も多いようですが、その場合は法律の範囲内での処分を徹底しましょう。

⑤神社にパワーストーンを納める

20101126_tagataisha

パワーストーンの処分方法についてお話を進めていますが、その中でもストーンの処分に関してはいくつかの方法から選択して処分する必要が有る、と言いました。

手軽な方法の中でも法律の範囲内で許されている処分方法が好ましく、不燃物と一緒に処分するか自分家の庭に埋める等の方法が良いのです。

しかし、せっかく浄化までして元の状態に戻したのにこれらの処分方法では納得できない、と言う方も案外いるのですが、最後まで正式な処分方法を試みたい方であれば今から紹介する方法が最も理想的でしょう。

パワーストーンの処分として最も相応しいかもしれないのですが、その方法とは神社やお寺に納める事なのです。

まずは、予め神社やお寺に言ってパワーストーンの処分についてお話を伺っておけば良いのですが、その上でストーンを納める作業に入ってください。

ストーンを回収していない神社やお寺も多いので、そのような場所ではなく回収を行っている場所でのみ処分を行ってください。

正しい納品方法を知れば、その通りで処分に至れば良いでしょう。

神社やお寺は神聖な場所なので、パワーストーンの処分にもきっと適しているハズです。

今までお世話になったパワーストーンに対して、最後まで責任を持って処分をしたいという方であれば、この処分方法が最も適当であるかと思います。

神聖な場所に納める事によってきっとパワーストーン自体も喜びますし、自分自身にもきっと心を浄化する何かが有るのでは無いでしょうか。

パワーストーンのまとめ

f0254986_17531581

パワーストーンのお話について、今まで基本的な種類から人気のあるブレスレット、更にはストーンの理想的な組み合わせ方法や処分の仕方まで細かく説明してきたのですが、パワーストーンを使用する方であれば、これらの知識を全て持っておく必要が有るでしょう。

現代であればパワーストーンを使ったアクセサリーが物凄く人気となり、若者から高齢者まで幅広く使用されています。

その事からミーハーな使用者も多く見受けられるのが、最近のパワーストーンの特徴でもあります。

デパートやショッピングセンターに行けば必ず一店舗はパワーストーンのお店が入っているくらいポピュラーな物なのですが、パワーストーンにはしっかりと効果やご利益を感じながら使う必要があると言うことを絶対に忘れてはいけません。

私もそうだったのですが、パワーストーンを使い始めたのは恋人の影響でした。

お揃いで使用する事がブームとなっていた頃だったので、その事からパワーストーンの意味を全く把握せずに使い始めてしまいました。

しかし、後になってこのパワーストーンの特徴や意味・更には組み合わせなどを知るようになって思ったのですが、確実にパワーストーンに関する知識を持っているほうがパワーストーンを楽しむ事が出来たのです。

自分が欲しい効果を選択できる可能性も広がりますし、NGな組み合わせを避ける事も可能です。

パワーストーンの知識を知っておく事とは、効果をしっかりと得ることが出来るだけでは無く、自分の趣味の1つとしても値するくらい奥が深いものなのです。

その事から、パワーストーンとはどのストーンを使っても良いのではなく、しっかりと知識を踏まえた上で自分にピッタリの種類や組み合わせを選んで楽しむ事が、最も理想的な身に付け方なのです。