アロマテラピーとは何か?皆さんはちゃんと理解されていますでしょうか?

実はアロマテラピーにはフランス式とイギリス式の2種類があるんです。

2種類のアロマテラピー

「アロマテラピー」には、イギリス式アロマテラピーと、フランス式アロマテラピーの2種類があり、それぞれの目的や効果は異なります。

一般的にアロマテラピーと呼ばれているのは、アロマオイルの香りでリラックスしたり、ストレス解消したりするもので、これが「イギリス式アロマテラピー」です。

一方、「フランス式アロマテラピー」は、別名メディカルアロマと呼ばれ、アロマオイルの力で体調不良を改善するなど、医療として行われるものです。

イギリス式アロマテラピーの楽しみ方

イギリス式アロマテラピーに用いられるアロマオイルは、精油濃度が薄いため、比較的気軽に用いることが出来ます。

自分の好きなアロマオイルを選び、アロマポットやディフューザーを使って、アロマの香りを楽しみます。

マッサージに用いることも出来ます。

images

シーン別のオススメのアロマオイル

リラックスしたい場合

ラベンダー、カモマイルローマン、ベルガモット、イランイラン、ゼラニウム など

リフレッシュしたい場合

グレープフルーツ、ペパーミント、レモン、ローズウッド など

ただし、妊娠中の場合は、ゼラニウム、ラベンダー、ローズマリーなど避けた方がよいアロマオイルもあるので、お店で購入する際に相談した方がいいと思います。

  [スポンサードリンク]

フランス式アロマテラピーの楽しみ方

フランス式アロマテラピーに用いられるアロマオイルは、精油濃度が濃く、また、アロマオイルの成分を直接体に取り込んで治療するものなので、きちんとした知識を持って行ってください。

images

アロマオイルを購入する場合も、成分がきちんと保証されているものを購入しなければ、治療効果を期待することが出来ません。

メディカルアロマで用いるために製品化されているものを購入してください。

このように書くと、敷居が高いもののように思われてしまいそうですが、フランス式アロマテラピーは、きちんとした使い方さえ知ってしまえば、ちょっとした体の不調を改善したり、美容のために用いたり、風邪の予防をしたり、またはダイエットにも役立てることが出来ます。

メディカルアロマテラピーについて、詳しく知りたい方は、「日本メディカルアロマテラピー協会」のHPが参考になります。

メディカルアロマテラピーについて、おすすめの本は、塗るだけ10日でアロマ美人
塗るだけ10日でアロマ美人

起こりがちなプチ不調に対して、改善するためのアロマオイルの選び方と、その使い方について、非常にわかりやすく説明してあります。