①1万円以下でも購入できる?

自転車購入を検討している方であれば、自転車の種類や購入場所をしっかりと把握しておく必要があるのですが、もちろん消費者にとっては予算も気になるところです。

私自身も自転車を購入する際には、実際にいくらくらい掛かるのか調べておいたのですが、種類によって値段は大きく変動していきます。

ピンからキリまで幅広く有るので高い物であれば何十万円以上かかってしまうものも有るのですが、安価な物であれば1万円以下でも購入出来るのです。

今回は、その1万円以下で購入できる自転車についてご紹介していきます。

何と言っても需要の高さから安価な値段で販売されているのが、やはりシティサイクルなのです。

通常、店頭でも付属品を全て外した状態で販売されていれば1万円以下で購入できる物も有り、ネットであれば1万円以下でも良い質の物が買えるのです。

その事から、手頃な値段で抑えたい方であればシティサイクルが良いのでは無いでしょうか。

私も学生時代にお金が無かったのですが、どうしても通学に自転車が欲しいと思ってシティサイクルを購入した経験が有ります。

カゴが付いているシティサイクルであれば通学にも非常に便利なので、特に女性の学生にはオススメ出来る商品ではないかと思います。

以上の事から、1万円以下で自転車購入を検討している方であればまずはシティサイクルを調べてみれば良いかと思います。

学生にも人気があって通学にも便利なアイテムなので、幅広い方から愛用されているのでは無いでしょうか。

  [スポンサードリンク]

②ネットで折りたたみ購入

自転車購入の中でも実際にどれくらいの値段で購入できるのかについてのお話を進めていますが、自転車を安価で購入する事も決して不可能では有りません。

中にはシティサイクルのような手軽な自転車であれば1万円以下で購入する事が可能なのですが、もちろん1万円以下で購入できる自転車の種類は他にも有ります。

私がお金の無い時代に自転車を探していて最も手軽な価格で見つける事が出来たのは、やはり折りたたみ自転車では無いでしょうか。

実は、ネットで良ければ折りたたみ自転車を9000円前後で購入する事も可能なのです!

折りたたみ自転車の中でもタイヤのインチが小さくて機能の少ないものに限るのですが、シンプルな自転車が好きな方であれば是非オススメ出来る種類ではないかと思います。

自転車の機能を少なくした分、初心者の方でも乗りやすくなっているのでその実用性の良さは言うまでも無いのです。

価格が安いからと言って不安や点は無いのか、と言いますと、ネットなので組み立てが必要である点くらいでは無いでしょうか。

組み立てさえ済ませてしまえば通常の自転車よりも軽く、まさか1万円以下で購入したとは思わせないような実力を発揮してくれるのです。

以上の事から、1万円以下で購入できる自転車はシティサイクルの他に折りたたり自転車が有るのです。

ネットであれば1万円以下の数字を見かける事があるのですが、機能性が少なくシンプルで乗りやすい物を求めていれば是非オススメ出来るでしょう。

0b12d3f9-cf36-4a1a-a6c0-fdd10704234e

③中古品を狙えば

自転車購入を検討している方の中でも、自転車の価格を参考に考えている方は少なくありません。

不景気のこのご時世なので、出来るだけ安く購入したいと言うのが消費者の願いであり、出来る事なら1万円以下で購入したいと思っている方も少なくありません。

新品で1万円以下の商品は先ほど説明したシティサイクルや折りたたみが適当なのですが、その他の種類の自転車では不可能なのか、と言われると案外そうでも無いのです。

新品でなければ1万円以下でも購入できる自転車の幅は増え、むしろ5000円台から購入出来てしまう種類まで出てくるのです。

その為にも、自転車の中古屋さんは行ってみる価値があるのでは無いでしょうか。

中古品を狙うことできっとクロスバイクであっても1万円以下の商品が見つかるのでは無いでしょうか。

私が実際に自転車の中古屋さんに行って自転車選びをした時には、クロスバイクやマウンテンバイク、更には比較的小さめのビーチクルーザーまでもが1万円を切っていました。

なので、少し特徴的な自転車の種類も十分安価で購入出来るのです。

もちろんシティサイクルみたいなポピュラーな物であればカラーやデザインも多く有りますし、安ければ5000円台から購入が可能になっています。

自転車購入をする際には、是非中古屋さんを一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

新品ではなくても、安さを求めるなら中古屋さんと言う選択肢がある事を忘れてはいけません。

中には、好みの自転車を1万円以下で買う事も十分に可能なのです!

④私の個人的なオススメ!

自転車購入を考えている方であれば様々な方法から購入段階に入っていくかと思うのですが、その中でも値段が少しでも安い自転車を見つけたい、と言う方も少なくは有りません。

その事から1万円以下で購入できる自転車についてご紹介しているのですが、この1万円以下と言う数字であればシティサイクルや折りたたみ、更には中古品で有ればその他の種類も購入できると言いました。

もちろん私も1万円以下の値段で自転車を購入したことが有るのですが、その際には色々な会社やサイト、店舗を参考にして吟味して選んでいきました。

なので今回は私がオススメする1万円以下の自転車をご紹介していきます。

私が個人的に好むのはやはり折りたたみであり、デザイン性が優れている事からその種類の中でもカッコ良い物を選びました。

ネット購入であればサイトとして出てくると思うのですが、オススメの自転車とはSHINEWOODと呼ばれた物です。

SHINEWOODには、白や黒のカラーバリエーションは少ないのですが、その分クールな見た目と手軽さを兼ね揃えています。

もちろん折りたたみ機能としても十分に使え、女性でも安心して通勤・通学が出来るのでは無いでしょうか。

以上のことから、私がオススメする自転車はSHINEWOODであり、その中で自分の好む色を選べば良いのです。

1万円以下で購入できる自転車の中でも新品で、かつ見た目がカッコ良い自転車といえばこれが確実にベストではないでしょうか。

若者から大人まで、幅広く愛されています!

newtb3886w

⑤子供用自転車の場合

自転車購入を検討している方であれば少しでも安くして購入したい、と思っている方は少なくないのですが、その中でも1万円以下で購入できる自転車についてご紹介しています。

1万円以下と言うと何か品質に問題が有るのではないか、どこかにキズや汚れがあるのではないか、と感じるかもしれませんが、実際には新品の商品も多く有ったり中古でも品質が優れた物は多く販売されているのです。

もちろんその自転車の中でも、子供用自転車でも同様の事が言えます。

子供用自転車の場合は大人が使用する自転車よりも明らかに相場が安いのですが、その事から1万円以下でも十分新品のアイテムが買えるのです!

私が以前子供用自転車を購入しようと思ったときには、まずは何歳児を対象にしているかをチェックしておきました。

子供用自転車の中でも幼児が使用するのか、それとも小学生が使用するのかによっても変わってくるので、このポイントは購入前に確認しておきましょう。

小学生用の優れたマウンテンバイクなどであれば1万円を超えてしまうケースも有るのですが、基本的には子供用自転車は1万円以下で十分買えるようになっています。

なので、子供がいらっしゃる方であればまずは、1万円以下の手軽な自転車を購入してあげれば良いのではないでしょうか。

子供用自転車とは、大人用と違って作りも簡単で部品が多く必要ないので値段もリーズナブルに設定されています。

性能に優れたマウンテンバイク等を省けば、基本的に1万円以下の購入が可能なのです。

①ピストバイクの予算とは

自転車購入を検討している方であればピストバイクに関しても興味がある方は多いのですが、ピストバイクとは日本ではなかなか珍しい自転車の種類です。

ニューヨークの街中を駆け抜ける姿がピストバイクの象徴的なイメージですが、そのようにカッコ良い見た目とハイカラなデザインから、少し値段も高く設定されています。

ピストバイクを購入するのであればネットか店頭で購入する事ができるのですが、正直言ってその価格はピンキリでは無いでしょうか。

中でも、最も安く購入出来る予算は、だいたい2万円以上では無いでしょうか。

作りも凄く拘っており、性能やデザインに特化している種類なのでやはり1万円台では購入が不可能ではないでしょうか。

ネットで激安と書かれている物であっても2万円前後の価格が販売されており、妥当の相場は3万円~と言うところでは無いかと思います。

私も以前ピストバイクを購入しようか考えた時にあらゆる場所からピストバイクを探したのですが、結局自分の好きなデザインやカラーを求めていれば3万円以上は掛かってしまいました。

なので、これからピストバイクを探す方であればこれくらいの値段を想定してもらえれば良いかと思います。

ピストバイクの予算とは、最低2万円~であり安くてもデザイン性に優れているとは限りません。

結局自分の好きな見た目に作り変えていったり好きな色を選択していれば、3万円は見ておく必要があるのです。

値段が高くなる分、きっと他の自転車とは比べ物にならないくらいカッコ良いのです!

eastside-b

②クロスバイクの予算とは

自転車の中でもピストバイクの予算について説明をしたのですが、このピストバイクには見た目のデザインやカラーがカッコ良い為に少し値段が高くなる、言いました。

実際にはピストバイク等のタイヤの大きい自転車になってくると値段も必然的に高くなってくるのですが、その事からクロスバイクに関しても同様のことが言えるのです。

クロスバイクとはピストバイクとは違って少し手軽な種類の自転車なのですが、このクロスバイクではピストバイクに比べてリーズナブルな値段で販売されています。

なので、安い価格で購入を検討している方であれば是非オススメ出来るのでは無いかと思います。

具体的にクロスバイクの値段を見ていくのであれば、ネットであれば最低1万円~購入する事が出来ます。

もちろんデザイン性よりも手軽さを重視した作りになっていますので、見た目に対する保障は成されていないのですが、その反面誰でもクロスバイクに挑戦できるのです。

店頭で購入する際であれば相場は2万円以上と言われているのですが、きっと1万円台でも購入できる商品は有るかと思います。

私がクロスバイクを購入した時にはネットを利用したのですが、ネット購入は非常に手軽で約1万5千円程度で買うことが出来ました。

シティサイクルや折りたたみから離れて少し長距離に挑戦していきたい方であれば、是非この手軽なクロスバイクが勧められるのです。

これらの事から、クロスバイクの予算とは最低でも1万円~購入できる物であり、店頭であっても2万円前後で購入する事が出来るのです。

③ロードバイクの予算とは

ロードバイクに関しては自転車の中でも少し複雑で長距離向きの種類であると説明しました。

その事から自転車の価格としてもロードバイクは他の自転車に比べれば確実に高い事が判明しているのです。

もちろんロードバイクより少し手軽なクロスバイクより値段が高い事は明らかですし、ロードバイクにはクロスバイクの機能よりも十分に揃っているのです。

だからこそ、長距離バイクの中で最も費用のかかる種類であるとも言えるのです。

では、実際にどれくらいの予算が掛かるのかと説明しますと、ネット購入の安い中でも最低2万円以上からではないでしょうか。

ネット購入であればある程度店頭の価格よりも予算は削減できるのですが、それでも2万円は絶対にかかってしまうのです。

もちろん店頭で購入すれば5万円前後が妥当であると言われているのですが、その事から非常に予算の掛かる自転車なのです。

私が実際に購入した時もそうだったのですが、店頭で買ったときはある程度デザインがカッコ良い物を選択して7万円程度掛かってしまいました。

しかしやはり長距離走ったり長持ちする自転車なので、1台持っていれば凄く便利に使う事が出来るのです。

以上の事から、ロードバイクの予算とは他の自転車の種類と比べても明らかに高い事が分かっています。

クロスバイクであれば1万円前後から購入出来るのですが、ロードバイクであれば2万円~と言うのが最低ラインなのです。

更に、店頭であれば5万円前後が相場であると言う事を忘れてはいけません。

TCR_SLR1

①マウンテンバイクの予算

自転車の種類の中でも1万円以下で購入できる物やクロスバイク・ロードバイク等の長距離向きの種類の予算についてご紹介したのですが、ここからは少し特殊なマウンテンバイクやBMX等の予算について説明していきます。

自転車の予算の中でも、1万円以下で購入できる物は手軽なシティサイクルや折りたたみ等をご紹介したのですが、これらの種類よりも少し高価なものがマウンテンバイクに値します。

マウンテンバイクには見た目やタイヤの形が特殊な事から凄く魅力的に感じる種類なのですが、案外手軽に購入出来てしまう物なのです。

実際にマウンテンバイクの値段を説明するのであれば1万5千円~と言うのが最低ラインなのですが、もちろん高い予算で買うなら上限は有りません。

予算が高くなるならマウンテンバイクは性能は凄く良くなったりデザインが特殊な物に変わってきます。

その事から、自分に合った好きな見た目を選択していくのであれば、もしかしたらかなり予算が高くなってしまうかもしれません。

私がマウンテンバイクを購入しようと検討した時にはネットで検索していたのですが、やはり1万5千円程度であれば自分好みのデザインを選ぶ事が出来ませんでした。

結局私は3万円前後の自転車で迷っていたのですが、実際にはそれくらい見積もっていれば良いかと思います。

以上の事から、マウンテンバイクの予算とは3万円前後を見ていれば良いかと思います。

もしも安い価格で自転車が見つかるようであれば、少し高い値段の自転車も検索してみても良いかもしれません。

②BMXの予算

自転車購入を検討している方であれば絶対に予算を知っておく必要が有るのですが、その中でもマウンテンバイクの予算は1万5千円以上あれば購入する事が出来ます。

マウンテンバイクにはデザイン性や機能性が非常に優れている事から多くの若者に親しまれているのですが、
もちろんその種類と似たBMXに関しても強い人気を持っています。

BMXとは自転車競技の中で使われる自転車の種類なのですが、そのBMXの予算はいったいどれくらいかかるのか、と知りたい方も多いのではないでしょうか。

実際には、BMXには2万円弱あれば購入する事ができるのですが、全ての機能やタイヤの種類を説明していけば奥が深いものなのです。

BMXには26インチ程度のタイヤは少なく、小さめのタイヤが主流となっています。

もちろんタイヤの種類だけがBMXの全てでは無いのですが、このタイヤの形が出来るだけ小さい方が値段も安く設定されているのではないでしょうか。

その事から、タイヤのインチに関しては購入前に調べておくようにしましょう。

私の友人もBMXの購入を検討していたのですが、タイヤの形を考慮しながら見ていくと3万円~5万円程度が妥当であるかと思います。

更にデザイン性を追及するなら更に値段が上がってしまうのですが、見た目を妥協するならもちろんリーズナブルな価格での購入でも可能でしょう。

以上の事から、BMXの予算とは自転車の中でもリーズナブルな価格で考えておいても問題ありません。

タイヤのインチから考慮していく必要が有るのですが、出来るだけ小さい物を選択していきましょう。

weblrg

③ビーチクルーザーの予算

自転車購入を検討している方であれば、マウンテンバイクやBMX等の種類も考えている方が非常に多いのですが、もちろんこれらの種類は長距離用の自転車に比べてリーズナブルな価格で購入する事が出来ます。

長距離用の自転車は物凄く高価な値段で設定されている事が多いのですが、これらの短距離用自転車は比較的作りが単純な事から、安価なのです。

もちろんマウンテンバイクやBMXと共通してビーチクルーザーのような少し特殊型の自転車も含まれるのですが、ビーチクルーザーの予算とはいったいどれくらいの価格なのでしょうか。

具体的に値段を挙げていくのであれば、ネット価格では2万円~が購入の目安であり、店頭であれば2万5千円程度が妥当な金額なのです。

店頭の場合は、たいていアメリカントイ専門店のディスプレイとして飾られている場合が多いので、案外現品限りの場合が多いかもしれません。

なので、私からすれば、ビーチクルーザーの購入はネット購入がオススメでしょう。

私も以前ビーチクルーザーを購入しようかと検討したのですが、値段は問題無かったのですがあまりにも場所を取ってしまうので止めておきました。

だからこそ購入前には予算だけでは無く、購入後の駐輪所などもしっかりと確認しておくと良いでしょう。

以上の事から、ビーチクルーザーの購入には2万円~3万円程度の予算を見積もっておくと良いでしょう。

それに加えて、実際に購入した後に停めておく場所まで考えておけばベストでは無いでしょうか。

①どんな時に使うのか

自転車の種類から購入場所、更には予算に関して具体的にお話を進めてきたのですが、もちろんこれらを全て把握した上で実際にどの自転車にするか選んでいく必要が有ります。

全ての情報をある程度把握していても自転車選びに満足できないケースがあるのですが、それは自分がその自転車を使う場面とは適していない事が考えられるのです。

では、どうしたら上手く自転車を選べるのかと言いますと、やはりどんな時にその自転車を使うのか、と言う事をしっかりと考えておく必要があるのです。

その事さえ決まっていれば、きっと自転車選びに失敗する事は有りません。

どんな時に使うのか、と言う事なのですが、実際には通勤に使用したり遊びに使用したり買い物に使用したり、と様々な状況を考える事ができます。

それらの状況に対してその自転車の種類が適しているのか、と言う事をしっかりと考えておく必要性が十分にあるのです。

例えば、近くのスーパーまでの買い物用として使うのにクロスバイクやピストバイク等の種類は不適切ですし、逆に他府県まで行く移動用の自転車にシティサイクルや折りたたみでは合わないのです。

そのように、自分が使用する状況をしっかりと考えてから購入を進めていくのが最もベストなのではないでしょうか。

これらの事をしっかりと決めておけば、自転車選びを絶対に失敗する事は有りません。

自分がどんな時に使うのか、その場合に購入しようとしている自転車は適しているのか、と言う事を考えてから買うようにしていきましょう。

②通勤・通学には距離を

tuuga

自転車購入を失敗させないためには、まずどんな時に自分が自転車を使うのか、という事をしっかりと考えておく必要が有ると言ったのですが、もちろんそれが自転車選びの最前提に過ぎないのです。

その状況さえしっかりと決まっておけば自転車選びを成功させることに近づくのですが、更に厳密に自転車を選択していくのであれば次の事を意識してみていきましょう。

自転車購入を検討している方の中には、通勤や通学に自転車を使おうと思っている方が多いのですが、そのような方であれば実際に職場や学校までの距離を測っておく必要が有るのです。

その距離から、自転車を選択していけば良い自転車が選べるのです。

例えば、自宅から職場の距離が20キロ以上であれば確実にロードバイクがオススメですし、逆に2、3キロ程度であればシティサイクル、折りたたみ、マウンテンバイクで検討してよいでしょう。

中距離の5~10キロ程度であればクロスバイクがオススメなのですが、これらの事から距離によって自転車の種類を判断する事ができるのです。

ただ、1つ注意点なのは通学に関してどの自転車を使用するか決められている学校も多いので、そのような校則だけは事前にチェックしておきましょう。

これらの事を考えていけば自転車選びをスムーズに進めて行く事が可能なのです。

もちろん見た目や予算から自転車選びを進める方もいるかもしれませんが、通勤・通学の際にはこれらの情報も参考にしながら選んでみれば良いのでは無いでしょうか。

③具体的な予算を決めてから

自転車購入を失敗させないためのお話を進めていますが、その中でも自転車をどんな時に使うのかと言った情報を参考にしたり、通学・通勤には事前に距離を測っておく事が良い、と言う事を言いました。

これらの事を参考にして選択を進めていくだけでも、とてもスムーズに出来るのですが、もちろん他の情報も欠かせません。

中でも自転車の予算に関して非常に厳密に説明をしていったのですが、その予算を第一に優先して決めていく方も少なくは有りません。

なので、具体的な予算をあらかじめ決めてから、購入を進めると言う選択肢も考えておきましょう。

自転車に費やす具体的な予算を決めておくことで、きっと自転車の種類や選択肢はかなり絞られてきます。

例えば、私が以前やっていた方法でいえば、予算を2万円を設定してその中で自転車の種類を選択していきました。

2万円以内であればクロスバイクやマウンテン・更には安価なロードバイク等も見つかったのでその中から自分が最も好んだ種類を選択していったのです。

この選び方は、きっと経済的に余裕が無い方であれば絶対に有効的な方法では無いかと思います。

以上の事から、自転車選びには具体的な予算を決めてから選択肢を絞っていっても問題ありません。

もちろん自分が欲しい種類が限定されている場合であれば上手く出来ないかもしれませんが、あまり種類にこだわりが無い方であればとても役立つと思われます。

なので、予算から絞るという方法も頭に入れておきましょう。

20100317074901-120-293_thumbnail

④見た目重視の自転車には

自転車購入を検討している方の中でも上手く自転車を選べない、と言う方は少なく有りません。

現在であれば自転車の種類も多い上にその数や販売している会社も非常に多いので、それは誰もが持つ悩みでは無いでしょうか。

その為にどんな時に使うのか、と言う事や通勤・通学には距離を測っておいたり、具体的に予算を決めてから購入の段階に進んでいく作業が重要なのですが、もちろん自転車の見た目も欠かせないという方は多いのではないでしょうか。

だからこそ、見た目重視の自転車にはとことん自分の好みを追求していきましょう。

もちろん好みのデザインや種類・更には形を選択していけば予算は高くなってしまうかもしれないのですが、予算を気にせずに購入を進める方であれば是非この方法が有効的になってきます。

見た目のこだわりは人それぞれなのできっと追及しているデザインは異なっていると思うのですが、中には特殊な形やカラーの物を好む人もいるでしょう。

そのような方はあらゆる店舗を周ったりネットでとことん検索をしたりして、絶対に妥協しないように購入するのがベストなのです。

私も自転車の見た目を重視して購入したことが有りましたが、最終的にはオリジナルで自転車を作れる店舗にまで足を運びました。

それくらいデザインやカラーにこだわりをつぎ込むことで、絶対に後悔しない自転車が手に入るのです。

この方法は見た目にこだわる人であれば絶対に必要な方法であり、有効的ではないでしょうか。

妥協せずに自分好みの自転車を選ぶためにも、この方法は頭に入れておきましょう。

⑤自転車選びのまとめ

自転車の種類から購入場所・更には予算に関しても具体的にお話を進めてきたのですが、これらを全てまとめて言えることは、自転車選びとは非常に奥が深い物なのです。

もちろん自転車にこだわりが無い方からすればどんな自転車でも同じである、と言う方も多いのですが、少しでもこだわりを持ち始めれば、自転車選びはとても楽しい物なのです。

私も自転車選びだけで1日中店舗を周ったりネットで検索したりする事も有るのですが、それくらい自転車には様々な見た目や種類・デザイン・タイプなどが存在するのです。

その中から、自分に最も合った自転車が選べたときは非常に気持ちが良い物なのです。

自転車選びを総括して言うのであれば、やはり自分が必要としている自転車を明確に想像しておく事が大切でしょう。

上手く自転車を選ぶ為の方法としても紹介しましたが、どんな時に自分がその自転車を使うのか、と言う事を明確にしておくだけでも非常に選択肢は絞られてきます。

なので、これらの事を最優先にして考えていきましょう。

自転車を1から全て見ていけばきっと何千万と言う種類に行き当たる事かと思いますが、その中でも自分に最も合った自転車とは必ず存在します。

その種類に行き当たるためにも、自分が何を求めて何を不要としているのか、その情報を明らかにしていればスムーズな自転車選びが実現します。

もちろん迷ってしまったり予算や購入に関して悩む事もあるのですが、妥協する事を最小限に抑えながら選んでいければベストでは無いでしょうか。