鬱病で仕事が出来ないかたには自立支援制度があります。

あなたはこの自立支援医療費制度をしっていますか?

自立支援医療費制度についてお話したいと思います。

自立支援制度の概要

精神障害者がもっている能力に応じて、自立した生活ができるよう、精神障害の状態の軽減のために必要な医療について自立支援医療費を支給することにより、精神障害者の適切な医療をうけれることを目的とした制度のことです。

普通なら3割が自己負担となりますが、自立支援医療費制度を使った場合1割負担になります。(どこでもというわけではありません)

因みに東京都の精神通院医療費助成制度だと負担上限月額2500円、又は5000円を限度とする、など地域によって変わってくる部分もあるので病院に相談してみてください。

私も自立支援制度を使うまでは1回3000~5000円かかってましたが、今では500円~1000円(診察、薬込)で済むようになりました。

申請の手続きはかなり面倒ですがこれから治療が長くなりそうだなと感じたら申請してみてください。

私の場合無職だったので申請しないと治療も受けれない状態だったので、申請しました。

一度申請してしまえば、あとは楽なので休職された方や働けてない方は是非この制度をつかうべきだと思います。

先ほど上限の話をしましたがあれは1例で、基本的には利用者本人の収入や世帯の所得、疾患等に
応じて月額自己負担上限額が設定されるのです。

所得の条件や負担上限額についても担当の医師との相談がひつようになってきます。

  [スポンサードリンク]

自立支援制度の申請方法

先ほどの自立支援医療制度ですがどのように申請すればいいのか分からない方も多いと思います。

まずは申請窓口に行きましょう。病院で紹介してくれると思います。

申請手続きは18歳以上の方は自分で行い、18歳未満の方は保護者が申請者となります。

でわ必要なものは何があるんでしょうか?
・・・これがめんどくさいんです。

でも今やってしまえばあとは楽ですからね!

必要書類

・自立支援医療費支給認定申請書(区市町村窓口にあります)

・自立支援医療診断書(主治医に書いてもらいます3000円くらい)

・世帯を確認できる書類

・非課税証明書

などなど

詳しくはリーフレットを頂けると思います。

jiritsusien-450x434

自立支援制度の審査で認定されたら

申請したのちは、申請に基づき審査が行われます。

認定された場合は「自立支援医療受給者証」がもらえます。

有効期限は1年なのでお早目に手続きをするといいです。

この医療制度を有効に使うことによって医療費で悩んで病院から遠ざかることなく定期的に通うことが可能となります。

お金の負担を減らすためにも、きちんと治療を受けるためにもこの自立支援医療制度をうけることをお勧めいたします。

私はもう2年間この制度にお世話になっていて、経済的不安が少し軽減されたのと、病院に行ってもお金がかからないのでちょっと嬉しくなります。

だたし、決まった病院、決まった薬局でしか通用しないので、病院選びはこれからのパートナーとなっていくのですから慎重に決めたほうが良いです。

病院を変えるとまた申請が凄く厄介になるのできをつけましょう。

精神障害者福祉手帳

こちらも精神疾患を持っていると受けれるサービスです。

例えば

・統合失調病

・鬱

・てんかん

・依存症

・その他精神疾患

この手帳を手にする条件は初診から6か月たっていること。
(何年も受けてますが私はこちらは持っていないので調べた知識ですが・・・)

この手帳には1級から3級があるそうなんです。

1級:精神障害であって、日常生活の用を弁ずることを不能ならしめるもの

2級:精神障害であって、日常生活が著しい制限を受けるか、又は日常生活に著しい制限を加えることを必要とする程度のもの

3級:精神障害であって、日常生活若しくは社会生活が制限を受けるか、又は日常生活若くは社会生活に制限を加えることを必要とするていどのもの

です・・・難しいですね><

しかしこの審査が通れば、

・所得税、住民税の控徐

・鉄道、バス、タクシーの割引

・携帯料金の割引

・上下水道の割引

などのサービスが受けれます。

無職の私にとっては嬉しいサービスですが面倒で・・・
そのうち申請に行こうと思います。

申請する気力がある人は申請したらかなりお得だと思いますよ。

申請に必要な物は

・申請書

・診断書

・本人の写真

です。

こちらは本人でなくても代理の方の申請が可能となります。

動きたくない私にとっては最高ですね。

手帳の有効期限は2年となっております。

column772

鬱病で自立支援制度を利用するデメリットは?

自立支援制度を受けることでデメリットはあるのでしょうか?

中には公的な支援を受けると、「自分は鬱病患者なんだ」と確約されているようで苦しいと思う方もおられるようです。

このように精神的につらい思いをすることをデメリットと考える方も確かにおられます。

ですが、その他の社会的、客観的なデメリットというものはありませんので安心して利用して下さい。

中には再就職の時に不利になるのではないか、と思う方もいますが、こうした制度を利用したことをマイナスに捉えるような会社はこちらからお断りだと考えればいいと思います。

まずは自分が鬱病を治すことが先決です。

もっと早く知っておけば良かったと私みたいに後悔のしないうちに是非利用してみてください。

私もあと半年で近くに保健所ができるのでそしたら行きたいと思います。
まだ遠出できないので・・・

鬱病でもこのような助けてくれるシステムはたくさんあるんです。

なので負けずにサービスを利用してラッキーと考えられる思考になりましょう。