大学受験で短期集中型になるために

大学受験の第一歩として、まずはいち早く受験に対して気づいていくことであったり、小学生の頃にはしっかりと遊んで体力を蓄えておくことが重要であるというお話を進めていますが、それらには多くの理由があるのです。

実際に大学受験を始めている高校生になれば分かると思うのですが、小学生くらいから受験勉強を始めている生徒に限って受験直前で力尽きている光景を良く見るのです。

実際に私の友達でもそのような生徒が少なくはありませんでした。

受験勉強に気づく事が少しでも早いことは良いのですが、勉強に取り掛かる際への注意点が存在するのです。

それは短期集中型の生徒になっていく事が一番ベストなのです。

t01-main
出典:東京個別指導学院

実際に大学受験を控えて勉強に取り掛かっていく速度というものは人によってバラバラであると思うのですが、あまりにも早い生徒にはきっと途中からしんどくなってくる可能性があります。

そうなれば受験勉強の効率としてはとても悪くなってきますし、受験直前にそのような状況になれば本番であっても本気で試験に取り組む事が出来なくなってしまうのです。

きっと大学受験でそのようなことがあれば一生悔いが残ってしまうかもしれません。

だからこそ、勉強の仕方としては短期集中型が一番よいのであります。

私が実際にやっていた事としては、中学三年生の頃から受験を意識し始めて本気で勉強に取り組んだ期間というのは1年弱であったかもしれません。

最後のラストスパートをかけていく時期を高校3年生くらいに持っていけることが、受験勉強にとっての一番効果的なやり方であり、これを上手くできる生徒が受験に勝つと言っても過言ではありません。

受験勉強にはその為にも、短期集中型になっていく意識をしっかり持っていかなければいけないのです。

小学生から中学生になるために

大学受験の第一歩として、小学生の事にはしっかりと遊んでエネルギーを付けておく事、そして受験勉強には集中力を持って取り組んでいくために短期集中型になる事が大切であるというお話を進めています。

小学生にはしっかりと遊んで体力を蓄えておくことが重要なのですが、それは中学生になると少しずつ変化があった方が良いかと思います。

実際に中学受験を実施している中学校もあるみたいですが、大学受験にそのような勉強が必要なのかと言えばそうでも無いので、あまり意識しないで良いでしょう。

しかし、中学生になれば小学生とは違って遊ぶ事よりも少しずつ試験も増えてきますので、次第に勉強をしていくという癖が付いてくる事かと思います。

小学生から中学生になるために意識をしなければいけない事とは、まずは勉強を少しずつするという癖をしっかりと付けていく事が重要になってきます。

小学生の頃では学校の授業だけで良かったかもしれませんが、実際に中学生になってみれば予習であったり復習をする事を徹底させられますので、自然と体に勉強するという意識が芽生えてくる事かと思います。

それが紛れもなく、大学受験の第一歩であるのです。

実際に私が大学受験を意識し始めたのが中学3年生というのも、その中学生になってから勉強に対して意識が出始めた為であります。

小学生の思いっきり遊ぶというエネルギーを、中学生になれば少しずつ勉強に傾けていく必要がある事を忘れてはいけないのです。

  [スポンサードリンク]

試験前を仮定して

大学受験の第一歩として、小学生から中学生になれば少しずつ勉強に対して意識をしていかなければいけないというお話を進めていますが、もちろんそれは試験とも関係があるのです。

小学生の頃であれば、数ヶ月に一回程度でテストというものが実施されていたと思います。

もちろんそのテストの点数と言うものが重要になってきたり、しっかりとテスト前は勉強する事を言われていたかもしれませんが、それは所詮小学生レベルの事なのです。

中学生になれば必ず試験前は勉強をしなければいけない、という義務感があるように感じてくると思うので、それが小学生と中学生の勉強の違いと言っても過言ではありません。

中学生から本格的に始まる試験前の勉強こそが、実は大学受験にはとても重要なカギとなってくるのです。

実際に私も経験しましたが、中学生になると試験前には勉強するという義務感がとても強まってくるのです。

先生も生徒もテスト前になれば凄くシビアになっているような気がしましたし、実際に小学生の頃のテストとは全く違う存在であるような気がしました。

でもその試験こそが、大学受験のような緊張感を味わっていく第一歩になってくるのです。

大学受験に必要な緊張感を持つためにも、まずはこの中学生の頃の試験を大切にしていく必要があるのです。

小学生から中学生になれば自然と大学受験に対しての意識が出てきます。

しかし実際にそれを自分から意識することは無く、周りの先生や生徒の状況からも自然と試験を仮定してそのような緊張感を味わえる機会となっていくのです。

chugaku

中学生の塾とは

大学受験の第一歩として、中学生になれば自然と試験を大学受験のような緊張感のある場所と仮定するようになる、というお話を進めていますが、もちろんその事からも塾の存在が気になる生徒は多いかと思います。

実際に小学生の頃から塾に通っている生徒であれば、きっとそのまま中学生になっても通うことが多いかと思いますが、中学生になって塾に通いだす生徒もまた多いものであります。

私が中学生になってからは母親に無理強いで学習塾に通わされましたが、そこで勉強していく事は今でも必要であったかのように思えます。

中学生の塾とは、私から言えば必要なものになって来るのかもしれません。

実際に中学生になってから学校の授業を受けてみれば分かるかと思いますが、小学生とは違う内容がかなり多く含まれていきます。

小学生の頃では英語という科目はほとんど遊びであったけれども、中学生になれば本格的に文法を習うようになったり、社会という科目が地理や日本史に分かれたりと複雑になっていくのです。

もちろんそれに応じて全く分からなくなってしまう生徒も少なくはありません。

中学生の塾とは、小学生のレベルでは勉強が追いつかなくなってしまった所を補ってくれるためにも、とても重要な存在になってくるのです。

だからこそ、私からすれば中学生の塾はオススメできるかもしれません。

もちろん塾という所は人それぞれ選択できるものなので、強要することはあまり良くありませんが、通っていて損は無いかと思います。