難易度の高い中学勉強

大学受験の第一歩として、まずは試験の事を仮定して受験の緊張感を味わっていく事であったり、中学生の塾を有効的に使っていけば良いというお話を進めていますが、もちろん中学生にはまだまだ受験に関連する事柄が沢山あるのです。

中学生になれば小学生の勉強内容に比べて遥かに複雑になってくると言うお話をしましたが、もちろんそれを克服しなければ大学受験は見えてきません。

すなわち中学生の勉強内容を学習しておかなければ大学受験には繋がらない事を忘れてはいけないのです。

その為にも、中学生の勉強とはとても難易度の高いものと考えられているのです。

中学生の勉強内容とは、1つ1つクリアしていかなければ絶対に分からなくなってしまうところも難しい課題であります。

実際に私が苦労した事は数学と英語であったのですが、数学では1つの計算式が理解できていないまま授業が進んでしまったために、授業の内容はちんぷんかんぷんになってしまいました。

英語に関しても同様であり、1度授業を欠席してしまった為に授業の内容がそれ以降、全く理解出来なくなってしまったのです。

中学生の勉強とはこの事からも、1度分からなくなってしまったり置いていかれてしまえば後戻りする事が出来ないくらい難易度の高いものであるのです。

その為にも中学の塾という存在が必要になってくるわけであり、中学レベルの勉強をしっかりと把握しておかなければ絶対に大学受験は見えてこないと言っても過言ではありません。

%e4%b8%ad%e5%ad%a6%e5%8b%89%e5%bc%b7%e6%96%b9%e6%b3%95

中学生が大学受験の始まり

大学受験の第一歩として、まずは中学レベルの勉強をしっかりと把握しておくことが重要であるというお話を進めていますが、それが大学受験の始まりと言っても間違いではないかと思います。

中学生になってからの勉強内容と言うものが、実は大学受験の試験に出てくる問題の基礎になっていると言ってもおかしくない訳であり、中学生の勉強こそが最も受験の土台となってくるのです。

実際に私が経験した事ですが、中学生の勉強内容がしっかりと頭に入っておかなければ高校受験にも失敗してしまいますし、高校の勉強内容を理解していくためには中学生の土台がとても重要となってくるのです。

大学受験を成功させるには、この中学生からの積み重ねがカギを握ると言う事を決しては忘れてはいけないのです。

私が中学生の時に先生から言われた事は、まずは大学受験の前に高校受験を意識して勉強をしれいかなければいけない、と言われました。

その言葉の通り、大学受験を成功させるためにもまずは良い高校に進学していく事が最優先であり、それをクリア出来ない限り良い大学へ進学していく事は難しいのです。

中学生が大学受験の始まりというのもその為であり、まずは自分の行きたい高校に目処を立てて勉強を進めていく事が一番であるかと思います。

大学受験の為の第一歩とは、まずは中学生の時のスタートダッシュが重要なのです。

それを成功させる事が出来てこそ、大学受験の成功が見えてくることを頭に入れておく必要があるでしょう。

  [スポンサードリンク]

学校内での順位

大学受験の第一歩として、中学生が大学受験の始まりであるというお話をしましたが、まずはその為にも学校内での順位にこだわっていく必要があるかと思います。

大学受験にはきっと、自分が志望している大学に対してだいたいどれくらいの成績があれば受かるのか、というのが分かると思うのでその為にも学校内の順位を参考にして考えていく必要があるのです。

学校内での順位にこだわっていくのはだいたい中学2年生から高校3年生までの事であり、その中で実際に出ている順位によって大学が変わってくる事は言うまでもないのです。

私が実際に経験した事としては、まずは学校内の順位で10番以内を目標として毎回の試験に取り組んでいました。

小さな学校の為に全体で100人も居なかったので10番以内というと簡単に思えるかもしれませんが、実際の所はそうでも無かったのです。

試験前に少し勉強したくらいでは30番以内にも入れないくらいであったので、10番以内というとかなり難易度が高かったように思えます。

しかし、このように学校内での順位に拘っていく事によって自分の実力というものが絶対に高くなっていくのです。

大学受験に必要なのは、あくまでも全科目に対する得点だけです。

高得点を出してさえすれば、大学受験には絶対に合格するのです。

自分の力を磨いていく事以外、他に大学受験を成功させる方法は無いのでがむしゃらに高い順位を目指して勉強に取り組んでいく事が一番であるのです。

%e4%b8%ad%e5%ad%a6%e5%8b%89%e5%bc%b7%e3%81%ae%e4%bb%95%e6%96%b9

ライバルを持つ事

大学受験の第一歩として、まずは学校内の試験の順位に対して貪欲に攻めていく事が大切である、というお話を進めていますがもちろん学校内での順位に拘っていれば、ある事が現れてきます。

学校内で競い合う事とは、それは部活動と同じ事で自分の友達とライバルになっていく事が必須となってくるのです。

部活動であれば、一緒の部活の友達に絶対に負けたくない、という闘志から部活動をがむしゃらに頑張っていく生徒はきっと少なくないはずなのです。

だからこそ部活動に対して熱意を持って取り組めるのであって、それは学校の試験の順位にも共通して当てはまる事であるのです。

実際に私が経験した事で言えば、一緒の部活動の友達でとてもライバル心が激しくていつも切磋琢磨して戦っている生徒がいました。

当時は中学生だったのですが、中学1年生の時はずっと部活動で戦っていて、3年生になれば急に勉強でも勝負をするようになっていったのです。

実はその負けたくない、という気持ちが私を勉強させていったきっかけであったのです。

勉強が好きとか嫌いとかではなく、誰かに負けたくないという気持ちから自分の闘志を奮い立たせていったのです。

ライバルを持つ事とは、学校生活においてとても重要な事でありますが、それは大学受験でも大切になってくるという事を忘れてはいけません。

きっといつかそのライバルと一緒に戦った事で、大学受験という人生の中での大きな壁を乗り越えていく事ができるのです。