日本史の攻略教材とは

大学受験を迎えるにあたって、英語の科目に関しては単語から英字新聞まで使って勉強を進めていくのがベストであるというお話をしましたが、もちろんこのような学校の教材以外を使って勉強を進める科目は英語だけではありません。

実際に私も使っていたのですが、日本史に関してはとても重要な教材が必要である事を忘れてはいけないのです。

日本史という科目には歴史別に分けて勉強していくのが理想的であると思うのですが、その歴史別によって様々な難関が待ち受けているのです。

だからこそ、それらをしっかりとまとめあげた教材、すなわち日本史教科書をサポートしていく為の難易度ランクの書かれた教材が必要になってきます。

これから日本史を勉強していこうと思っている方であれば、難易度ランクとは何なのかと思うかもしれませんが、それは通常高校生が使っている日本史の教科書に出てくる語句をランクごとに分けられて記載されている超便利な教材なのです。

それを使うことによって、実際にここが大切であってここが不要である、というのが明確に分かってくるものなので、日本史の教科書全てを丸暗記する必要は無く、難易度が低いものから順に覚えていけば良いのです。

実際に私もこの難易度別に分けられた教材を使っていましたが、これがあったからこそ大学受験の日本史がスムーズに勉強できたと言っても過言ではありません。

それくらい日本史に重要視される大切な教材なので、是非オススメできるものであるかと思います。

  [スポンサードリンク]

世界史も日本史と同じで

大学受験のために必要な事として、日本史には難易度別に分けられた教材があればとても便利になってくるというお話しをしましたが、実際にそれをする事によって大学受験の日本史は攻略していけるという事を言いました。

日本史という科目は暗記分野がほとんどになってくるので、このような難易度別に分けられたものを使う事が有効的なのですが、実際のところ世界史にもあてはまってくる事であります。

世界にも日本史と同様で、難易度別に分けられた教材というものが販売されています。

これを使う事によって、普段学校で勉強している世界史の教科書の良いサポートになることは間違いなく、きっと世界史の点数を大きく伸ばしていくために必要なものとなってくるのです。

私が受験勉強を始めた時も、世界史という大きな分野にどう立ち向かっていこうかと考えたものであります。

世界史には、日本史と比べれば暗記量としては多いと思いますし、ほとんどがカタカナなのでとても暗記しずらいものなのです。

だからこそこの教材があるととても効果的であり、暗記しずらい内容であっても要点を押さえて教えてくれるのでとても助かったのです。

日本史と同様で世界史にも、難易度別に分けられた教材があればとても効率よく受験勉強を進めていく事が出来るかと思います。

この教材を使い始めてみれば、実際にその時間短縮が目に見えてくるので是非オススメできるかと思います。

大学受験の世界史には、まず難易度別の教材が必要であるのです。

日本史と世界史とどちらが有利か気になる方も多いと思いますが、どちらも難易度的には大差ありません。

あえていえば大きな流れを論述させることの多い二次試験は世界史、単発的な知識を問われることの多いセンター試験は日本史が有利といえます。

ただし、科目選択をする上で最も大切なのは自分が興味を持って取り組めるかどうかだという点を肝に銘じておきましょう。

150211-5-0

くせのある国語に必要

大学受験のために必要な事として、日本史と世界史には共通して難易度別に分けられた教材があればとても効果的に勉強を進めていく事が出来ると言いましたが、それは暗記物の分野だけの話であります。

実際に大学受験を臨むのであれば、絶対に欠かす事が出来ない教科はまだまだ他にも存在します。

その中でも、本当に人間としての理解力と読解力が必要になって、日本人には必要な日本語の能力が問われてくる科目は国語であります。

国語と言うと、ただ小説とか評論をよんでいけば終わるのではないか、と思っている方はかなり多くいるみたいですが、実はこの国語こそがくせのある教科として問題視されているのです。

実際に私がセンター試験や一般入試を受けた時に、最も苦しんだ教科は紛れもなく国語でありました。

国語には普段勉強しているような古典や漢文も必要になってくるのですが、それ以上に小説や評論の読解に付けられた点数が高いので、そちらを優先して勉強していかなければいけないのです。

国語の勉強方法なんてあるのか、と思われるかもしれませんが、この読解力を身に付けていくにはただひたすら本を読むことしかないのです。

1冊でも多くの本を読んでいくことが、きっと小説や評論に必要な読解力を養っていくきっかけになっていくのです。

くせのある教科として定評のある科目、それは紛れもなく国語であります。

この国語をどう乗り越えていくのか、そして絶対に点数を落とせない小説と評論に打ち勝っていくためにはまず多くの本を読む必要があるという事を絶対に忘れてはいけません。

国語の語彙力

大学受験に必要な事として今まで数多く紹介してきましたが、その中でも国語という教科にはかなりくせのある科目であるという事を言いました。

その為に多くの本を読むことで国語の読解力はついていくのだ、と説明したのですが、もちろんこれだけでは小説や評論に打ち勝っていく事は不可能であります。

実際のデータとして、国語の点数が低い人と言うのはきっと今まで高校受験であったり小学生の頃のテストからして、絶対に点数が高かった時はなかったと言っても間違いは無いのです。

すなわちどういう事かと言いますと、国語という科目では、人間としての文章を読んでいく力が無ければ絶対に点数が上がっていく事はないのです。

その為にもう1つ必要になってくる教材があるのです。

510nyfurikl-_sx305_bo1204203200_

その教材とは、難しい言葉や熟語を覚えるための教材であります。

大学の受験勉強に限らず、国語と言う科目であれば誰しもが必要になってくるものであるのですが、文章中に出てくる難しい言葉や熟語を理解していくための教材というものが販売されています。

それを購入している事で、きっと評論のような難しい文章を解読していくには非常に役に立つのです。

実際に私もこの教材は使っていましたが、これを読み始めてから初めて自分の国語の弱点が分かったのです。

国語も英語と同じで語彙力が必要であるという事がその時初めて分かったのです。

だからこそ、国語には文章を読むための語彙力が必要であると言う事を絶対に忘れてはいけないのです。