英語のリスニングの勉強

大学受験に必要な勉強法として、暗記物に対しては様々な勉強法を駆使して進めていく事が重要であるというお話をしましたが、もちろん暗記物以外の科目でもあらゆる勉強法が存在するのです。

大学受験のための勉強には、とにかく短い時間で効率の良い勉強をしていかなければいくら時間があっても足りなくなってきてしまうものであります。

だからこそいかにして、1つの科目に対して勉強時間を削減していく事が出来るかと言う事が大切な事なのです。

まず一番勉強時間がかかってしまう英語について、勉強法のコツをお話していこうと思うのですが、その中でもリスニングという分野に重点を置いて説明していきます。

リスニングが必要な試験とは、たいていどこの大学であってもセンター試験のみであります。

だからこそリスニングに関してはセンター試験に対応できるレベルがあれば十分なのです。

まずリスニングの勉強方法としての第一歩は、とにかく英語の会話に慣れていく事が重要な事なので、英会話をしたり英語のCD等を聞くことが良いのではないでしょうか。

私が実際にやっていたリスニングの練習方法としては、まずは外国人の先生と毎日10分間くらいは話をする機会を設けていました。

友達数人と先生とで話をしていたのですが、それによって少しずつ日本人の耳にも英語を理解する能力が身についてくるのです。

きっとその力がリスニングで生かされていくので、まずは英会話をする癖を身に付けていきましょう。

  [スポンサードリンク]

英語CDを聴く事

大学受験に必要な事として、1つの科目の勉強時間をいかにして短くしていくかが重要な事であるというお話をしましたが、その中でも英語のリスニングについての勉強方法を1つ説明しました。

英会話を毎日していく事がどうしてリスニングの勉強になるのか、と疑問を持った方はいらっしゃると思うのですが、英語を人間の体の一部にしていく事でリスニングという分野は簡単にマスター出来てしまうのです。

しかもセンター試験で登場するリスニングは、正直言って対してレベルが高いものではないので、多少英語が身に付いていれば誰でも満点を取る事は可能なのです。

その為にも、英会話の他に英語のCDを聴く事も勉強法に加えていきましょう。

実際に私がやっていた勉強法として、リスニングに対してあまり時間を使いたくなかったので英語CDを聴く時間は移動の合間や休み時間などに聴いていました。

英語のCDを流して聴いているだけで、自然と英語を日本語訳しようと体が働いてくれるので、このような空いた時間に流し聴きする程度で良いのです。

これを毎日10分~30分程度繰り返していくだけで、自然と英語のリスニングも聞き取れるようになってくる事でしょう。

センター試験の英語のリスニングは、話すスピードが速すぎて聞き取れないと悩んでいる方は多くいらっしゃるのですが、普段から英語のCDを聴いていれば自然と速い速度の英語も聞き取れるようになるのです。

英会話と英語CDの聞き流しは、リスニング練習の第一歩でしょう。

リスニング問題に挑戦する

大学受験に必要な英語のリスニングについてお話を進めていますが、このリスニングには英会話と英語CDを聞き流して練習していく事が大切であるという事をオススメしました。

センター試験のリスニング問題では、たいていが英会話や英語CDを聴いているような実生活に基づいた問題になっていますので、そこまで難易度の高い問題が出題される事はまずありません。

だからこそ、実生活の英会話を正確に聞き取っていく能力が必要になってくるのですが、その為にも実際にリスニング問題に挑戦していく勉強法も大切でしょう。

しかし、初めからセンター試験のリスニングに挑戦すれば難しいと感じる人は居ると思うので、そういう方たちであればまずは英語検定3級のリスニング問題に挑戦しましょう。

どうして英語検定3級のリスニングをする必要があるのか、と疑問に持たれた方はいらっしゃるかと思うのですが、英語検定3級のリスニング問題とは中学生卒業レベルのリスニングレベルに妥当します。

そのレベルと大学受験のリスニングは全然レベルが違うのですが、実際にセンター試験のリスニングが聞き取れないなら、難易度を下げて練習していく事が必要なのです。

実際に私がセンター試験のリスニングで全然点数が取れなかったときは、まず英語検定3級のリスニングから始める事で、自分でもリスニング能力があるのだと自信を持たせる事ができたのです。

リスニングが苦手、と思ってしまえばきっとその事がリスニングに定着してしまって、いつまでたってもリスニングの点数は上がりません。

その為にもまずは、難易度を下げてリスニング問題に挑戦する事を心がけていきましょう。