宿泊先を決める

大学受験に必要な一般試験についてのお話を進めていますが、その中でも遠くの大学を受験するのであれば、その大学に行って受験を受けなければいけないという状況も出てきます。

上京したい方であったり地方の大学に行きたい方であれば、その大学に行くまでに様々な手続きが必要になってくるものなのです。

私が大学受験をする際には、関西に住んでいたのにわざわざ東京の大学にまで受験を受けに来たのですが、遠征の一般試験とはかなり大変なものだったのです。

その為にも、遠くの大学を受験する受験生がスムーズに大学進学を決める事が出来るようにするコツを紹介していきたいと思います。

実際に遠くの大学へ受験しに行く方であれば、まずは宿泊先が必要になるでしょう。

その宿泊先を決める際には、ホテルなどを利用して受験大学近くのところに泊まれることが一番理想的であります。

きっと受験する前日は少しでもゆっくりと休んでおきたいので、あまりにも大学と宿泊先が遠いと移動が困難になってしまう事でしょう。

逆にホテルなどには泊まらずに知人の家に滞在する、という方であればそれは最も好都合なのですが、しっかりと受験前日に勉強できる空間やゆっくりと睡眠出来る場所は用意してもらいましょう。

宿泊先を決めること、これは遠征の一般試験には必須な事なのですがやはり、自分が最も休む事が出来てゆっくりと出来る場所を選べる事がベストではないかと思います。

その事できっと、遠征先の大学でもしっかりと試験を受ける事ができるでしょう。

  [スポンサードリンク]

受験大学の場所

大学受験に必要な一般試験についてのお話を進めていますが、この一般試験を遠征して受験する方であればまずは宿泊先を確保しておく必要があるという事を言いました。

その話でも出てきたのですが、宿泊先から受験大学までの距離が短ければ短い方が良いと言いましたが、その受験大学の場所をしっかりと把握しておくことも重要ではないかと思います。

これは私が実際に経験したことなのですが、しっかりと受験大学を確認しておかなければ試験本番にとても大変な目に遭ってしまうのです。

そのリスクを少しでも削減するためにも、次の事を徹底してやってもらいたいのです。

まずは、受験大学の位置確認なのですがそれは自分の足で一度行ってみる事が重要ではないかと思います。

大学までは地図を見ただけで十分だ、という方も多くいらっしゃるのですが、遠征で試験を受けに来られた方であればその土地の土地勘が無いので、かなり混乱してしまうのです。

その為にも試験前日でも良いので、自分の足で一度大学まで行けるかどうか下調べをする必要があるでしょう。


出典:http://admissions.titech.ac.jp/

私はこの下調べをしなかったために、試験本番にとても慌ててしまいました。

結局大学に直接電話をしてルートを聞いたのですが、それによって試験にも集中して取り組む事が出来なかったのです。

そのような不安要素を無くすためにも、この受験大学の場所を確認しておく事が重要であると言えるでしょう。

落ち着いて遠征の一般試験を受けるためには、絶対に必要不可欠であるのです。

平常心でのぞむ

大学受験に必要な一般試験についてのお話を進めていますが、遠征の一般試験になれば宿泊先をしっかりと決めて受験大学までのルートをしっかりと確認しておく必要があると言うお話をしました。

実際にこれらが必要であるというのは、遠征の一般試験を経験した人であれば絶対に分かると思うのですが、まだまだ他にも注意しなければいけない点はあるのです。

きっと遠征で受験しに来た方であれば、その土地にも慣れていないし周りの環境にも落ち着かない事でしょう。

そんな状況の中で自分の将来が決まるような大学受験の試験を受けるわけですから、緊張感で気持ちがいっぱいになってしまいます。

だからこそ、いつも通りの平常心で試験にのぞむ事が大切なのです。

実際に私も遠征の大学受験で経験しましたが、何か落ち着かない中での試験となってしまいました。

その事が、合否に影響する事は言うまでもありませんが、それよりも何か試験なのかという実感もよく分からないものであったのです。

だからこそ、いつも勉強しているところを想像して平常心で試験にのぞんでいく事が重要でしょう。

平常心でいつものように解答を進めていく事が出来れば、絶対に後悔する結果にはならないはずです。

遠征の一般試験では恐らく、いつも以上の緊張感を感じることです。

その緊張感に負けずに、試験に対して平常心にのぞんでいく事できっと最高の一般試験となっていくでしょう。

自分の気持ち1つで、この遠征の一般試験とは大きく左右していくのです。