ユニットバスなのか、そうでないのか

アパートを決める際に、きっと物件紹介のホームページでも選択する項目があると思うのですが、この項目が大丈夫なのかそうでは無いのかで、かなり家賃にも影響してきます。

それはお風呂とトイレに関しての事なのですが、マンションであればたいていがそれぞれ別々になっているものです。

しかしアパートに関しては、部屋の面接を少しでも減らしたいという事からお風呂とトイレが一緒になっているケースも多くあるのです。

それをユニットバスと言うのですが、これがアパートを決めるにあたっても重要な事柄であるのです。


出典:http://blog.ieagent.jp/

たいていアパートでユニットバスと言えば、相当家賃的には下がってきます。

似たような部屋の作りで面積もほぼ等しく、築年数が一緒くらいのものであっても、ユニットバスなのか、そうではないのかで約1万円くらい家賃に差が出るのです。

ユニットバスのデメリットは、女性であれば特にそうかもしれないのですが、清潔感に少し違いが出てくるのです。

入浴をすればトイレも湿っぽくなってしまい、特に友人や恋人が遊びに来ている場合であれば凄く不便なものになって来るのです。

私がアパートを選んだときには、このユニットバスという項目には可能にしましたが、それは家にあまり友達を呼ぶ機会は少なかったためにこのようにしたのです。

ユニットバスという部屋でも平気であるのか、そうではないのかによって、アパートにとってはかなりの違いが出てきます。

その場では平気であっても実際に住み始めたら不便という事も良くあるので、吟味して選んでいくべきところです。

  [スポンサードリンク]

部屋の壁や床に重点をおいて

アパートの部屋を選ぶときに、もし新しい物件で部屋の面積が広くても、自分の中で納得がいかないケースというのは結構あるものです。

それは主に部屋を作った時に使用された材料によると思うのですが、中には自分の趣味や求めているのに合わなければ、毎日暮らすのに不快になっていく事も珍しくはないのです。

それは、どのような箇所かと言いますと床や部屋の壁になってきます。

これらには、各自自分の理想の部屋作りというものがあると思うので、必ず自分の目で見て確認しておかなければいけない所なのです。

ネットの物件サイトでアパートを探す人であれば、たいてい家賃であったり部屋の広さであったりを注目して見ていくと思うのですが、写真付きの物件で無い限り、部屋の内装を確認する事はできません。

もちろん写真が掲載しているアパートであっても、その写真と内装が大きく異なるケースだって良くあるのです。

私がアパートをネットで探していた時だと、写真の内装がとても綺麗だったのにいざ物件を見に行ってみれば、床に落書きが残っていたり部屋の壁がぼこぼこしていたのです。

ネットの写真で見た綺麗な内装とは全く別物であり、まるで子供がイタズラをし尽くしたような部屋でした。

部屋の壁や床をチェックしておくという事は、自分の好みの部屋に住むだけでは無く、以前住んでいた部屋の人の残した面影が全て自分に降りかかってくるような気持ちになってしまいます。

子供の落書きが目立つ部屋に住みたくなければ、是非壁や床に重点をおいて決めることをオススメします。

玄関の施錠


出典:http://www.emi-us.net/

アパートの部屋と言うものは、マンションと大きく違う点が1つだけあります。

マンションであれば基本的にセキュリティが厳重になっている所が多いと思うのですが、アパートにはそれがしっかりと施されている物件は少ないのです。

だからこそ、ニュースでも良くやっている空き巣や泥棒の被害にアパートは遭いやすいのですが、しっかりとセキュリティのチェックをしていればさえ、その心配はありません。

その為に最も重要な事は、玄関の施錠についてです。

たいていアパートであれば、部屋に施錠は出来るようになっていますが、その中でも、アパートの入り口にも簡単なセキュリティ装置が置かれている物件もあります。

もちろん部屋だけではなく、アパートの玄関にもそのような装置があればとても安全で暮らしやすいと思うのですが、多少家賃的には上がってしまうかと思います。

もちろん家賃を取るかアパートのセキュリティを取るかは個人の判断で良いのですが、私は、アパート自体のセキュリティがしっかりとされている方をオススメします。

私にも以前、アパートの玄関にセキュリティ装置が置かれていない物件に住んでおり、それによってベランダから泥棒に侵入されたと言うケースがあったので、その事からも安全性を重視しています。

玄関の施錠について、これはアパートであれば必須条件なのですが、これにプラスしてアパートの玄関にもセキュリティ対策がされたものであれば、より魅力的なのではないかと思います。