リードのコツについて

走者において、スライディングが上手な選手は優れているというお話をしましたが、もう1つ走者にとっては大切な事があるのです。

それは塁に出た時にランナーコーチとの連携プレイと言っても過言ではないのですが、実はリードというものが必要になってきます。

リードと言うのは簡単に言えば、ピッチャーが投球するまでの間に少しだけ塁を離れて良く、あわよくばリードによって盗塁まで狙えてしまうのです。

リードの取り方について、これは経験が物を言うくらい初心者の方には難しくなってくるのですが、基本的にはピッチャーが牽制球を投げてきても戻れるくらいの距離であれば良いのです。

私の場合、始めて走塁の練習をしてリードと言うものを体験した時は、約3歩くらいの距離しか塁から離れる事が出来なかったのです。

それでもアウトになる事はありました。

要するに、このリードに必要な事は牽制を仕掛けてきてもすぐに対応できる瞬発力と、先ほど説明したスライディングがかなり重要になってくるのです。

リードを上手くなるには、走塁の練習を1回でも多くこなしていく事が上達への一番の近道です。

そのうち、ピッチャーの投げ癖や足の動きによって、牽制なのか投球なのかと言う判断が上手になってきますので、それを習得できるまではリードは小さめでなければいけません。

リード時にはランナーコーチの掛け声もありますので、その声と自分の判断とを一致させて、いつかは物凄いリードを取れるように練習を積んでいく事が一番でしょう。

  [スポンサードリンク]

トスバッティングでヒットを狙う

野球の走塁については、スライディングやリードが大切と言う事を話しましたが、やはり今までの走塁に至るまでにはまず、バッティングで塁に出ることが一番大切です。

バッティングで塁に出るには、最低限フォアボールかデッドボールもしくはヒットが必要になってきます。

ヒットで塁に出れれば、自分の中でもバッティングに自信が付いてきますしチームの信頼度も上がっていきます。

では、ヒットを量産するには何が必要なのかと言いますと、トスバッティングと言う練習方法が最もベストではないかと思われます。

トスバッティングとは、バッティングする打者の真横からふわっとボールを投げてもらい、それを打ち返すバッティング練習なのですが、この練習には素振りとは違い大きなポイントがあるのです。

それは、ボールを芯でとらえると言う事です。

バットの芯でボールを打ち返す事により、ボールは確実に飛距離を増したり勢いがつくものです。

その為にバットの端っこで捕らえた打球とバットの芯で捕らえた打球とでは、明らかに芯で打ち返した打球の方が威力が強いのです。

トスバッティングとは、ピッチャーが投げてきたボールを芯で捕らえる事が出来るようになるため、言い換えればヒットがより出やすくなる為に重要なトレーニング方法なのです。

素振り練習では補えず、1つレベルアップしたボールを芯で打ち返すという練習により、明らかにバッティング能力は高くなっていくはずです。

もちろんヒットが量産出来るようになれば、チームとしても凄く価値の高い選手になること間違い無しです。

フリーバッティングでの実践

野球のバッティングにおいて、ボールを芯で捕らえるというのがトスバッティングの魅力でしたがやはり実践練習というのも必要になってきます。

実際にバッティングをしてみると分かると思うのですが、トスバッティングとは違い、正面からスピードのある速球が来るとなかなか手が出せないものです。

もちろん変化球にも対応できるバッティング能力はいずれ必要になってくるのですが、まずは速球を正確に打ち返せるコツと言うものを習得しなければいけません。

そのために必要な練習がフリーバッティングになってきます。

フリーバッティングとは文字を読んだとおり、ピッチャーやバッティングマシーンのボールを次々と打ち返していく練習法なのですが、初心者の方であれば実際に打席に立ってバットを持ってみると、かなり固くなってしまいます。

その為に最初は芯でボールを捕らえるどころか、バットにも当たらないかもしれませんが、それは練習の積み重ねで必ず当たっていきます。

フリーバッティングにとって何が大事かと言いますと、ボールを正確に打ち返す能力を磨く事よりも、しっかりとしたバッティングホームでボールを絶対に芯で捕らえてやる、という気持ちが大切なのです。

今までにした素振りとトスバッティングの成果を、フリーバッティングで確認しながらボールを打っていく事が重要なのです。

フリーバッティングにはまず、自分のフォームと芯で捕らえる意識を持つ事、その上でバットにボールを当てていけば自然とボールは遠くへ飛んでいきます。

それがバッティング上達のコツなのであります。