水中に慣れる

早い人であれば小学生くらいから、年配の方まで幅広く楽しむことが出来るスポーツとして水泳が有るのですが、その水泳というスポーツには案外不安や恐怖と言った感情を持っている人は少なくはありません。


出典:http://east-chofu.jp/

実際に私がやっていたときでもそうなのですが、水が恐い、目を開けれないから嫌だ、浮く事が出来ない、と言った悩みを持って水泳を苦手としている人がとても多かったのです。

そのような人達であっても、ある事を意識する事によって簡単に克服する事が出来るのです。

水泳には他のスポーツでは珍しい水の中で行うスポーツだからこそ、そのメリットを生かして水泳を好きになっていく事も可能なのです。

まずは、水の中と言う空間で長時間居れるようになる為に水中に慣れると言う意識を持つ事が重要なのです。

私も水泳を始めた時はそうだったのですが、プールに行くと必ず足が届かない事から凄く恐怖心があったのです。

たいていの人が私と同じ悩みを抱えており、その為にもプールの下に高さのある土台を敷いておく事が大切なのです。

水泳教室などであれば、子供でも足が届くようにそのような土台を設置している所は多く、むしろその事が水中に慣れるという事に繋がるのです。

水中では足が届かないと言う事が原因で不安や恐怖心を持ってしまう人は少なくありません。

そのような人達には、まずは水中に立ち続けることが出来るように高さのある土台を準備してもらう事で、自然と水中になれていく事が可能なのです。

  [スポンサードリンク]

準備運動が決め手

水泳をこれから始めていく方で有ったり、既に水泳を続けている人に共通して言える事があるのですが、プールに入る前には次の事を必ずしてほしいかと思います。

先ほどは水泳というスポーツに対して不安や恐怖心を無くす為に水中に慣れるという事を説明したのですが、その恐怖心がだんだん取れてくれば自然と泳げる技術も習得できるのです。

しかし、水泳には水中でやっているからあまり自覚する事は無いかもしれませんが、相当な筋肉量や運動量を使っており、消費カロリーを比べてみれば通常のマラソンの何倍にも相当するのです。

そのようなスポーツをやる訳ですから、プールに入る前には必ず準備運動をしてから始めてもらう事をオススメします。

通常の学校で学ぶような準備運動で問題は無く、しっかりと体の筋肉やアキレス腱を伸ばしておく事が最も重要ではないかと思います。

私が水泳というスポーツをやっていた時でも、泳いでいる最中に体の節々をいためてしまうケースは多々ありました。

もちろん準備運動をしていてもこのような状況は稀ではないのです。

だからこそ、水泳を始める際には準備運動が決め手であり、事故を起こすリスクを削減する事にも繋がってくるのです。

水泳には水中で行うスポーツであるからこそ、その運動量は他のスポーツの数倍にも至ります。

だからこそプールに入る前にはしっかりと準備運動を怠らないようにして、水泳というスポーツを
安全に楽しんで欲しいかと思います。

シャワーを浴びる

水泳というスポーツについてのお話を進めていますが、このスポーツを始めるにあたって不安や恐怖心を無くす事であったりプールに入る前には準備運動を絶対に怠ってはいけないという事を説明しました。

実際にこのスポーツには他のスポーツでは明確に分かる事でも分かりづらいものなのです。

だからこそ、水泳をしていてどこか体の一部を負傷していたとしても、それがプールから上がって気づく事も案外少なくは無いのです。

スポーツにとって怪我や負傷は付きものだといわれているのですが、まずは基本的な事から始めてそのリスクを減らしていく努力をしていきましょう。

水泳と言うスポーツを始める前に基本的な事とは、シャワーをしっかりと浴びる事なのです。

シャワーを浴びる事がどうして重要であるのか、と言いますとそれは自分がお風呂に入る時を想像してみれば分かりやすいかと思います。

お風呂に入る時、湯船に浸かる前にする事はシャワーを浴びる事ではないかと思います。

それは人間の体を水に慣らすことから始める為に必要な事であり、このシャワーをする事によって、いきなり湯船に浸かって心臓がビックリしてしまう事を防ぐのです。

もちろんこの事は水泳と言うスポーツでも同様であり、スポーツ前に軽くシャワーを浴びておく事によって体を水に慣らすことが出来るのです。

水泳と言うスポーツには、他のスポーツと違って水に体を慣らす必要があります。

それは自分がお風呂に入るときと同様で、しっかりとシャワーで体を水泳用に作っていく作業が重要なのです。