バタ足の基礎

水泳と言うスポーツに関して、今まで水に慣れることからプールに入る前にする事についてのお話を進めてきたのですが、もちろんそれらが出来ていてもいきなり泳げてしまう人は居ません。

水中で泳ぐという技を習得して行くのであれば、まずは先ほど説明した事柄が最前提であり、その上で少しずつ水泳と言う競技に必要な技が身に付いて行くのです。

水泳に必要な泳ぎ方には様々な物があるのですが、それらの泳ぎ方全てに共通して必要な事とは、バタ足という足の使い方なのです。

バタ足を巧みに操れる水泳選手と言うと、それは相当な技術を持っている事にも繋がり、水泳での基本中の基本と言っても過言ではないのです。

では、バタ足を練習して行くにはどうすれば良いのか、というお話をしていきたいと思うのですが、まずはプールサイド等の端っこで練習をしていきましょう。

実際に私もやっていた練習方法なのですが、どこの水泳教室でもバタ足の練習にはコレを教育しているかと思います。

プールサイドの取っ手を掴んで、そのまま左右の足を上下に動かして水を掻き立てる練習なのです。

バタ足にはとにかく上に水を蹴り上げる事が大切なコツであり、その上でつま先まで足をしっかりと伸ばした状態で練習していくのが理想的ではないかと思います。

この練習を毎回する事によって、きっと凄く良いバタ足を習得する事が出来るのです。

バタ足の基礎とは、先ほど説明した練習法で上に水を蹴り上げる必要があります。

足の形はとにかく、つま先までしっかりと伸ばす事を意識しておけば良いかと思います。

  [スポンサードリンク]

ビート板

水泳と言うスポーツを始めて行くにあたって、まずはバタ足の練習から進めていく事を説明したのですが、ここからはそのバタ足を使って実際に進んで行く練習方法を紹介します。

バタ足と言う足の形は、水泳であれば基本中の基本であるという事を言ったのですが、実際にこの足を使った泳ぎ方はかなり多いので身に付けておきましょう。

このバタ足さえ出来ていれば、水泳のコースであっても前に進んでいく事は十分に可能であり、最初はこのバタ足だけを利用して泳ぎを進める練習が最適なのです。

バタ足によって進んで行く為にに必要な物が、実はビート板という物なのです。

ビート板といえば水泳をやっている人であれば誰もが聞いた事のある言葉だと思いますが、水泳のスポーツを練習するためには絶対に必要不可欠なアイテムなのです。

まずはビート板を両手で持ってバタ足の練習をすれば良い訳なのですが、このビート板では端の方を
掴んでおく事を意識していきましょう。

実際に私がビート板を使って練習している時に思った事なのですが、このビート板を握り締めるようにして掴んでいると沈んでしまい、バタ足の練習が出来なくなってしまうのです。

だからこそ、このビート板を触っているような感覚で端っこを持つ事がよく、その事によってバタ足の練習に凄く良いのです。

ビート板を使ってバタ足の練習を進めていく事で、きっと水中を進んでいく感覚は掴んで行けるかと思います。

これが出来ていれば、ビート板が無くなっても水中で泳いでいける事が十分に可能なのです。

基礎メニュー

水泳について基礎的な事からビート板を使った練習までを説明してきたのですが、これらは全て水泳の泳ぎ方やその後に出てくるメドレースイミング等を出来るようになる為の土台である事は言うまでもありません。

実際に私が初心者で水泳を始めた時もこれらから始めて徐々に上手くなっていったので、絶対に必要不可欠な事と言えるでしょう。

もちろん水泳には、これらのベースを忘れずに練習して行くのですが、更に毎回行う基礎メニューを作っていれば良いかもしれません。

その基礎メニューをプールに入ってから毎回こなすようにしていれば、自然と水泳の技術を上達させていく事が可能なのです。

私がやっていた基礎メニューであれば、まずはコースの端から端までジャンプして移動するトレーニングを行っていました。

プールにはたいていが25mもしくは50mと決められた長さのコースが8レーンほど存在するようになっており、その端から端までジャンプしながら移動する事で良い肩慣らしメニューが出来るのです。

それを1セットすれば実際にビート板を使って1,2往復バタ足の練習をしましょう。

更に余裕のある人であればビート板を使わずに、手を伸ばしたままでバタ足の練習などもしてみても良いかもしれません。

このような基礎メニューを毎回する事で、今後覚えていく様々な泳ぎ方は絶対に習得しやすくなるのです。

基礎メニューを固定して毎回少しずつ練習していく事で、水泳には物凄く上達している実感を得られます。

説明したメニューには水泳の基礎が全て含まれているので、絶対に挑戦して欲しいかと思います。