水泳メドレーリレーのターンを目指して

水泳の中でも様々な種目を混ぜて長距離間の水泳を行うメドレースイミングと言うものが存在しますが、このメドレースイミングではターンが物凄く重要になってくると言うお話をしました。

実際に私がターンの練習を重ねる事で気づいたのですが、このターンが上手ければ上手いほど、他の選手よりもよりプールの内側で回る事ができ、その事から泳ぐ量を削減する事が出来たのです。

だからこそ、メドレースイミングでのターンが決めてである事は言うまでもありませんが、更に決定付けるメリットがターンの優劣には存在するのです。

それはターンのスピード感と回る動作に磨きを掛けておけば、他の選手より数秒は速いターンをする事が可能である事なのです。

ターンと言うものは極めれば極めるほど、自分の実力が上達していきます。

具体的にどのように極めるのかと言いますと、先ほども話したようにターンを素早く済ますこととターンに至るまでの動作をより短くする事なのです。

これらの事を取得するには、とにかくターンの練習を少しでも多く重ねる事しか方法は無く、継続している事で力を発揮する事でしょう。

自分なりにどのようにターンのスピード感を出すのか、そしてどのモーションを削る事で時間短縮に繋がるのかと言うことを自分なりのオリジナルで編み出していくのが最もベストなのです。

これらの事も踏まえて、やはりメドレースイミングにはターンが決めてであり、ターンの上手い選手こそがメドレースイミングを制すると言っても過言ではないのです。

  [スポンサードリンク]

メドレースイミングをする事で

水泳の中でも様々な種目を組み合わせて練習していくメドレースイミングのお話を進めてきましたが、このメドレースイミングにはとにかくターンの練習を積み重ねてスピード感とターンの動作に至るまでの時間を削減する事が大切であると言いました。

このメドレースイミングではこの事から、水泳に必要な技術のほとんどが含まれていると言っても過言ではないくらいなのですが、もちろん水泳の上達させていきたい方であれば是非取り組んでほしい練習方法かと思います。

実際にメドレースイミングを利用した大会や記録を残していく事もとても良い経験が出来るかと思うのですが、最もこの練習だけでも十分な上達が期待できます。

だからこそ、メドレースイミングをする事で水泳全体のスキルを磨く事に繋がり、水泳選手としては十分な能力を持つ事が出来るのです。

私が現役で水泳をやっていた時もそうだったのですが、とにかくメドレースイミングを目標に毎日練習に取り組んでいました。

初心者の頃であればメドレースイミングを泳げるようになるために基本的な練習から泳ぎ方を習得していく良い目標になりましたし、これらを習得してからもどうすればよりタイムを上げる事が出来るのか、と言った自分なりにメドレースイミングに対して貪欲になっていたのです。

この事から分かるように、メドレースイミングには水泳選手の為の練習が多く含まれており、良い水泳選手になるきっかけを作ってくれるものなのです。

これから水泳を始める方であっても現在練習されている方であっても、まずはこのメドレースイミングを目標に取り組んでいく事を私はオススメします。