基本的なDTMの種類

音楽の専門分野において、ミュージシャンのレコーディングや作曲作りには絶対に必要となってくるものがDTMです。

DTMとはデスクトップミュージックという略称であり、文字の通りパソコン上で音楽を制作していく、という意味が込められています。

このDTMを使ったことない方であれば、どのDTMを買えばいいか分からないというような現象になると思うので、その為にDTMの種類を紹介していきます。

基本的にそれぞれのDTMの違いと言うのは、ソフト内に含まれている仕組みであったり、機能がバラバラになってきます。

もちろん見やすいDTMもあれば、使い勝手がとても悪いものもあるので注意した方が良いでしょう。

そのDTMの中でも、アマチュアからプロまで幅広く愛用されている3種類がDTMの主となってきます。

1つ目は、CubaseというDTMです。

これは海外の方でも使っている事も多く、DTM初心者の方でも使いやすくなっているところが魅力では無いでしょうか。

2つ目は、Sonorです。

Sonorにはシリーズが上がるにつれて更に性能が進化しており、他のDTMに比べて内容が濃い分、やや複雑かと思われます。

3つ目は、Protoolsです。

Protoolsには誰からの評判も良く、音楽のジャンル問わず愛されているので、使い勝手はなかなか良いのではないでしょうか。

DTMの種類には、ソフトによってかなり違った内容が入っていますので、買う時はよく吟味して選ぶべきだと思います。

もちろん私が出した3つの中だと、全て間違いなく優れたものなのでオススメできます。

  [スポンサードリンク]

金銭的に余裕がない時では

DTMを買うとなるとお金がかかってしまい、学生やアマチュアバンドには手が出せない、という方は非常に多いかと思います。

音楽家やバンドマンにとって、楽器や機材だけでお金がかかってしまい、更に練習にリハーサルスタジオ代やライブをする時だとライブ代までかかってしまいます。

その状況下で、DTMを買うとなると相当な金持ちでない限り不可能だ、と考える気持ちは分かりますが、実は、その人の為に良い方法があるのです。

それは、フリーソフトでDTMの代わりとして使っていく、という事です。

私が昔学生の頃、学校に通いながらバンドをやっていた為に、相当なお金が必要になってしまいました。

もちろんバンドの方ではちゃんとCDを作りたかったので、どうするべきかと様々な事を試行錯誤してみたのです。

その中でも私がやっていた事は、DTMのフリーソフトで代用するという事でした。

フリーソフトにもDTMは数種類か存在し、もちろんプロ並みの作業をする事は不可能なのですが、初心者の方であれば程良いくらいの機能しか入っていないのでとても使いやすい事だと思います。

私のバンドは、そのフリーソフトを使った音源でCDを作りましたし、期間にして約3年くらいはそのソフト一本でバンド活動をしていたのです。

金銭的に余裕の無い方であれば、市販のDTMソフトを買うまでの足として、是非フリーソフトで出ているDTMを試してみる事が良いでしょう。

それによって、DTMの基礎は覚える事ができるはずです。

ソフトのグレードとは

DTMを販売している会社であれば、ほとんどの会社が自分たちのDTMに、種類別に何種類かに分けて販売している事があります。

その種類別とは何によって分かれているのか、と思われる方は居るかと思うのですが、それはグレードに応じて分かれています。

グレードとは簡単に言えば、そのDTMソフトの難易度を表しているものだと考えてもらって構いません。

難易度が低いものであれば、初心者向けであり、難易度が高いものであれば、プロやエンジニアさんが使用するものなのです。

DTMのグレードによって、内容がどのように変わってくるのかと言う事なのですが、それはDTMに含まれている機材の種類の数であったり、音をアレンジにしていくのに必要なエフェクトの種類が変わってきます。

他にも音楽を編集するために、全ての楽器はトラックごとに分けられるのですが、そのトラック数にもグレードによって変化していくものです。

そのように、DTMのグレードとは音楽を編集するレベルと比例していると言っても過言ではありません。

初心者の方であれば、きっと一番低いグレードを買われるかと思うのですが、そのグレードが低いものであっても使い方は難しいかもしれないので、その時は1つずつ段階を踏んでステップアップしていく事をオススメします。

自分の音楽知識と比較して、自分に合ったグレードのDTMを買えば良いのです。

もちろん今のグレードでは満足出来ない様であれば、グレードアップして次のステップを勉強していけばベストかと思います。