ライブでは水分を摂取すること

初心者の方であれば、ライブに必要なものというのがなかなか分からないかもしれませんが、それには楽器のみでは無く、ライブ中にどのようなものが必要なのかということを知っておく必要があります。

ライブハウスのステージであれば、それは照明や暖房から物凄く暑くなっています。

もちろん人の熱気からも、見ているだけで自分まで熱くなってしまうという事もあるので、絶対に水分補給が必要となってくるのです。

その為に、ライブでは基本的にステージ上にお水を用意しておく事をオススメします。

人によってはジュースやお酒を持ってはいる方がいらっしゃるみたいですが、もしもステージ上でこぼしてしまったり機材にかけてしまう事があった場合に備えて、お水が一番ベストかと思います。

私がバンドをしていた時では、ライブハウスによってはお水を完備してくれている会場もありました。

もちろんそのような所はかなり大きなライブハウスであったので、小さいライブ会場であれば自分で用意している事が必須ではないかと思います。

いつか自分達が人気になって大きいところでライブを出来るまでは、自分で忘れずに用意しておくべきでしょう。

ライブにおいて水分補給は、出演者であってもお客さんであっても必要な事であります。

人気バンドが出るまでには自分達で用意しておくものが多いのですが、もちろん人気が出てしまえばそれらも不要になってきます。

それを目標として人気バンドを目指すというのもなかなかよいのではないかと私は思います。

  [スポンサードリンク]

演奏時間を厳守する事

人気バンドではない限り、そのライブ条件というものが厳しくて当然の事なのです。

その中でも絶対に守っていかなければいけないのが演奏時間についてであります。

ライブイベントによってその時間は変わってくるのですが、厳しいライブハウスであれば1分でも時間を過ぎてしまえ罰金を科せられるところもありますので、気をつけてなければいけないのです。

演奏時間をもし過ぎてしまえば、そのイベントには様々なデメリットが発生してしまうのです。

たかが1分過ぎてしまったくらいだから良いのではないか、と思うかもしれませんが、そのバンド自体で1分過ぎていればイベント進行には物凄く影響してきます。

1バンドにつき1分遅れていれば、それが10バンドであれば10分も遅れてしまいます。

その事によって最後のバンドの出演時間が短くなったり物販の時間が無くならざるを得ない状況にまで発展してくるのです。

イベント自体に悪影響ではなく、自分達のバンドにとっても痛い条件であると思うので、演奏時間というものは絶対に厳守しなければいけないのです。

私がバンドをしていた時では、セットリストの合計時間を出演時間よりも5分短いもので毎回ライブを行っていました。

途中でハプニングがあった時の為にも、その5分の余裕を見ていることでゆっくりとライブ演奏をする事が出来たのです。

人気バンドになるためには、まずは自分たちの持ち時間をしっかりと厳守して良いライブを作っていく事が重要かと思います。

ライブ後に真っ先にすること

初心者のバンドであれば絶対にしなければいけないのですが、自分達のライブが終了した後に真っ先にすることが必ずあります。

もちろん自分達の物販やお客さんとのトークをしたいものなのですが、それよりも先に自分達の楽器の後片付けをある程度済ませておかなければいけません。

人気バンドになるために楽屋を共有するというお話をしましたが、それと同じで、ステージ上で自分が使用した機材を元の位置に戻し、それで自分達の楽器が邪魔にならないようにしておく必要があるのです。

これが出来ないバンドであれば、いくらお客さんが居ても絶対に売れないと言っても過言ではありません。

使ったものを元通りにする、という事は小学校や幼稚園などでも教えられてきた事かもしれませんが、バンドマンの中でも当たり前のように出来ない方々は多く見受けられるのです。

もちろん先輩バンドがこれをしていれば、後輩バンドも真似をすると思うのですが、もしも自分が使った機材を次の出演者が使う時に変な位置にセッティングしてあったり、機材を放ったらかしにしていれば迷惑になる事は間違いありません。

次の出演者がステージを使いやすくする事で、他の共演者とも協力し合える最高のライブが出来てくると思うので、ライブが終わったああとであれば真っ先に機材を元の位置に返して、楽器の片付けをする事をオススメします。

ライブ後の忙しい時だからこそ、他のバンドさんの事も考えた冷静な行動をする事が良いのです。

他の方に迷惑をかけない為にも、秩序ある行動をしていくべきなのです。