遠征イベントで得られるもの

  [スポンサードリンク]

遠征イベントをするにあたって、移動手段であったり宿泊先をきっちりと決めておかなければ成功には繋がりにくい、というお話を進めてきましたが、その反面、遠征によってバンドとして得られるものもとても多いのです。

遠征イベントとは普段と違う場所でライブをするので、もちろんお客さんの客層であったり反応、ステージの雰囲気であったり照明の違いなど、様々な発見をすることが出来るのです。

そしてその遠征イベントを数多くこなしていければ、少し客層が変わってもそれに臨機応変に対応していく事が出来たり、機材や照明が変わってもそれに順応していく力も身についてくるのです。

そういう意味から、遠征イベントで得られるものとは通常のライブで得られる成果とは全然違ってくるのです。

遠征イベントによってライブをいつもと同じ進行で進めたとしても、その反響は変わってきます。

例えば地元でやっても全然お客さんにとって反応が良くないものでも、また違う土地でやることによって評価される事も少なくはありません。

逆に、いつものライブでは盛り上がる曲であっても、遠征イベントによって訪れたライブハウスでは全く微妙な事も少なくは無いのです。

私が遠征イベントで訪れた時もそのような経験は多くありました。

いつもはアンコールでポップな曲を披露していたのにも関わらず、遠征イベントで行ったところでは全く評価されずに大恥をかいたこともありました。

このように遠征イベントではいつもと違う体験をすることによって、バンドにとって新たな発見をする事が出来るのです。

企画イベントをする

人気バンドになるためには遠征イベントを効果的に利用する事が物凄く良い事なのですが、遠征イベントの他にも、通常のライブとは違って良い経験を出来る機会は存在するのです。

通常のライブであれば、ライブハウスのスタッフさんがブッキングしてくれたイベントに参加することによって成り立っているのですが、そのイベント自体を自分達のバンドで企画してしまうことで、物凄く人気バンドらしくなってきます。

企画イベントをすることによっても、遠征イベントと同じくらい得られるものは多く、きっと良い経験にもなることだと思います。

自分達のバンドでイベントを企画するには、まずある程度の音楽関係であったりコネクションや実力などが最低条件必要となってきます。

通常のライブハウス側のイベントであれば、共演者の方のお客さんであったりライブハウスが好きなお客さんで埋まっている事がほとんどなのですが、企画イベントでは自分達のお客さんが客席の中心になってくるのでしっかりとお客さんが呼べる状況でないといけません。

企画イベントをするには、まずはそれだけのノルマとライブハウスに対しての信頼度が確実に必要になってくるのではないでしょうか。

私がバンドをしていた時も、企画イベントをするまではとても多大な努力と苦労が必要でした。

もちろんそれに相当する経験が積めるので、人気バンドになるにはこの道は登竜門であるかと思います。

企画イベントをすることは、バンドマンとしての憧れでもあり人気バンドの証なのです。

出演者を揃える力

人気バンドになるためには、企画イベントを成功させる必要があるというお話をしましたが、もちろん企画イベントに出演するためのバンドを集めるだけのコネクションも必要になってくることだとおもいます。

出演者を揃えることとは、自分達が通常のライブでどれだけ対バンの方や共演者の方とコミュニケーションを取れているかが重要になってくるのですが、普段から積極的に行っているバンドであればあるほど、出演者を揃えるには良い条件なのです。

出演者を揃えるにはあるコツがあるので、それさえ把握しておけばとても効率良く進んでいくかと思います。

まず出演者を揃えるには、自分達の企画イベントのメリットを順に並べていく必要があります。

他の出演者を誘う際に、初めての企画イベントだからうまくいくか分かりませんが…等と弱気であればきっと出演者を増やすことは出来ません。

私のイベントには出演料も安くお客さんノルマも無くってとての楽しい企画なんです、と言ったほうが明らかに出演者としても興味をそそられるものなのです。

だからこそ、自分の企画イベントのメリットを利用して勧誘していかなければいけません。

私が企画イベントをする時にでも、他の出演者を集める事はとても苦労しましたが、その分このようなコツを勉強することも出来てバンドにとっても良い経験になったのです。

人気バンドになるためには企画イベントをすること、そして自分達の力で出演者を揃える事が出来るようになれば、きっとバンドは良い方向に向かっていくかと思います。