土地を確保すること

  [スポンサードリンク]

喫茶店を開業しようとしている方であれば、まず何をしたら良いのかという事を一番に考えるかと思います。

喫茶店を自分で経営していく為には、しっかりとした経営学を学ぶ事であったり、喫茶店を繁盛させるためのあらゆるコツが存在するのです。

それらの知識を勉強した上で活かしていくためにも、まずは喫茶店を経営していくための土地を確保していく事が始めるのが良いかと思います。

自分の喫茶店を作っていくには、まずは自分に合った良い土地を選択する事が重要な事なのです。

土地を確保するには、まずは自分で1から建てていくのか、既存の土地を借りるのかと言う2つの選択肢から選んでいく事が第一歩となってきます。

自分で1から建設していくのであれば、その工事費だけでも相当な額になってくるのですが、その分自分なりの外装を作っていく事ができるので思い通りのイメージが作っていけるかと思います。

逆に既存の土地を活かしたお店の建て方であれば、金銭的にはかなり抑えることが出来ますが自分なりの外装には仕上げる事ができません。

これらの2つからまずは選択していく事によって、喫茶店の第一歩である土地の確保を進めていく事が出来るのです。

メリット・デメリットがそれぞれに存在するものなので、自分がこれから持続していけそうな物件を持つためにも、しっかりと吟味して考えたほうが良いのではないかと思います。

土地を確保する事が、喫茶店を開業の第一歩といって間違いは無いのではないでしょうか。

外装には照明をつける

喫茶店を開業するには、まずは土地の確保をしなければいけないと言うお話をしましたが、それには外装に深く関係しているものなのです。

外装をしっかりと自分なりのものに仕上げる事が出来るためにも、自分で購入した土地で1から建設していくのが良いと言いましたが、もちろん外装に関して言えることはこれだけではありません。

喫茶店としてやはり誰しもが思い描くものは、アンティークさであったりハイカラでお洒落な雰囲気であるかと思います。

それを少しでも実現させるためには、まずは外装に照明をつける事を意識しておくべきでしょう。

昼間であれば照明の意味は無いのではないかと思うかもしれませんが、昼間であっても照明を少し付けているだけでお店自体の印象は大きく変わってきます。

もちろん夜になれば照明は絶対に必要なのですが、その明るさや照明の種類によっても物凄く違いが歴然としてくるのです。

お店の外装に必要な照明とは、もちろんお店に合った雰囲気のものを揃えていけば良いのですが、基本的には薄暗くて少しハイカラなデザインのものが良いかと思います。

基本的に昼間でも夜であっても、外装に取り付けている照明によってその喫茶店の印象は大きく変わってきます。

お店に入る前からお客さんに良い印象に持ってもらうためにも、この照明に関しては強くこだわりを持って選んだほうが良いかもしれません。

まずは外装に照明をつけることを、喫茶店の開業には徹底して行うことをオススメします。

存在感のあるお店とないお店

喫茶店を開業していくためにも、外装に関しては照明をつける事をオススメしましたが、もちろん喫茶店として繁盛させたいのであれば他にもやらなければいけない事がたくさんあります。

喫茶店を繁盛させるにはお店の外装から変えていかなければいけないのですが、その為にも他の喫茶店と差をつけれるような個性を持っていることが重要ではないかと思います。

お店を始める街によっても変わってくるのですが、基本的に喫茶店を始めるには絶対にライバル店舗というものが出て来る事でしょう。

そのライバルよりも自分のお店の方が一歩有利に立つためも、存在感のある喫茶店を目指していかなければいけないのです。

存在感のある喫茶店とはどういう事なのか、というのが疑問に持たれる方はいるかと思いますが、まずは喫茶店の外装の照明であったり他のお店とは違うようなインテリアを取りくけていく事で人の目をひきつける事に繋がっていきます。

もちろん自分の喫茶店にあったインテリアを取り付けていくことが重要なのですが、特にお店の雰囲気に浮いていなければ大丈夫ではないでしょうか。

存在感がある外装に仕上げるのと、存在感の無い普通の外装に仕上げるのとでは、お店の繁盛に物凄く影響してきます。

実際に私が喫茶店を開業するときにも、このお店の存在感という点には物凄く意識して作っていきました。

この事によって、人の興味を誘う事に繋がってお店の経営状況に左右していった事は言うまでもありません。