店内のテーブル


出典:http://www.originalcoffee.net/

喫茶店に必要なものとして、メニューの種類に分かりやすさを提供していく事が重要である、というお話をしましたが、まだまだ喫茶店の下準備は必要なのです。

どんな喫茶店に行っても、ごく当たり前のように店内に通されて自分達のテーブルに案内される事かと思いますが、この店内のテーブルについても少し意識する事が必要なのです。

喫茶店のテーブルに注目して利用しているお客さんというのは、きっとインテリア関係のお仕事をしている方でない限り居ないと思うのですが、テーブルのちょっとした違いによっても、その喫茶店の居心地にとても影響してくるものなのです。

まず店内のテーブルを選ぶ際に気をつけなければいけない事が、テーブルの高さであります。

基本的にテーブルの高さとは椅子の高さと比例していくものなのですが、高すぎれば料理を食べる際にとても食べづらくなってしまいます。

例えば、テーブルを注文する時にテーブルの高さを170センチの人に設定して作っていれば150センチのお客さんが使う時にはとても使い勝手が悪いものであります。

普段喫茶店を頻繁に利用している方であれば、そのような不便さに気づく事はあると思いますが、きっとその不便さが喫茶店の悪い印象に繋がってしまう事は間違いありません。

だからこそ、身長が変わっても誰にでも使いやすいようなテーブルを準備しておくことが重要なのではないかと思います。

店内のテーブルには、まずはお客さんの使いやすさを意識して高さに注意しなければいけません。

テーブルの装飾とは

  [スポンサードリンク]

喫茶店に必要な設備として、自分の喫茶店に合ったテーブルを準備する事についてお話をしましたがもちろんテーブルにも様々な拘りを持って良いかと思われます。

各テーブルに対して、お店の雰囲気とあわせるために色々な装飾を施したいと言う方は決して少なくはないかと思います。

テーブルの装飾とは簡単に言えば、模様であったりイラストなどを書き加える事によってテーブルの印象を明るくしたり落ち着いたものにしたりすることであります。

これらの技術は喫茶店のテーブルであれば、どんどん試していった方が良いのです。

テーブルに対して様々な装飾をする事によって、お客さんからすればテーブルに対しての拘りを把握する事ができます。

きっとお客さんの中でも、無地で素朴なインテリアが好きという方もいるかもしれませんが、その反対に装飾が施された物が好きという方もいるのです。

万人受けを狙ってテーブルを作っていくのでは、きっとチェーン店の喫茶店の方が優れた物を作っているので、自分の喫茶店だからこそ自分の好きなように作っていけば良いのです。

実際に私がテーブルの装飾をするのにも、かなりの拘りを持って作り上げました。

ペンキやスプレー等を多用して作り上げた結果、気に入ってくれるお客さんもとても多かったように思えます。

自分の拘りをテーブルの装飾に入れておくことが、喫茶店のテーブルには大切な事なのです。

人とは違う感性を持った作品こそが、きっと自分の喫茶店の武器になって行くことでしょう。

店内の椅子に必要なこと

喫茶店の開業をしていくためにも、店内のテーブルにはしっかりと自分の拘りを持って装飾していく事がよいのではないかというお話をしましたが、もちろんテーブルに様々な拘りを入れたのであれば同時に、椅子に対しても同じ気持ちが必要になってきます。

店内の椅子であれば、まずはテーブルとの兼ね合いを意識して準備をしなければいけないのですが、その価値観は自分のものでよいかと思います。

もちろんテーブルとセットで購入するのも有りだと思いますし、全く違うデザインで上手く組み合わせる事もまた良いのではないかと思います。

店内の椅子にとって必要なこととは、まずは喫茶店の雰囲気に溶け込んで違和感の無いものを準備する事なのです。

様々な喫茶店に行かれる方であれば分かるかと思いますが、それぞれの店舗では椅子とテーブルの組み合わせにはとても配慮がなされている事だと思います。

木製のテーブルに対してソファーのような椅子が設けられているところもあれば、全く素材の違うテーブルと椅子が用意されているところもあります。

しかしそれらに共通して言えることは、店内の雰囲気にとても合っており、全然違和感がないところなのです。

どれだけ個性的な椅子であっても、店内の基調を乱すようなものは決してありません。

喫茶店を始めていくにあたって、店内に椅子を設置する事であると思いますが、その椅子には店内の雰囲気を壊さないような物を準備するのが良いのではないかと思います。