内装の経営資金


出典:http://archicloud.jp/

喫茶店を開業するためには経営資金が必要であり、その資金に見合った中でも最大限の努力をしていく事が重要である、というお話をしましたがもちろんお店の内装についても、経営資金はかなり必要になってきます。

先ほど挙げたような内装の設備だけではなく、実際に経営を始めれば冷暖房機具であったり電気代やガス代も含まれてきますので、経営資金よりも遥かに多く見積もっていなければいけません。

その為にも、お店の内装の経営資金を決めるにはあるコツが必要であるのです。

これさえ知っておけば、もしも喫茶店を開業してダメであっても後戻りする事は可能であるのです。

内装の経営資金を決めるコツとは、まずは喫茶店を始めて1ヶ月分の光熱費代や経費を全て予想しておく必要があります。

お店の内装に必要なものから光熱費から修理費まで、それらの1ヶ月分を全てまとめあげておくことが非常に大切になってきます。

それをどうするのかと言いますと、1ヶ月分に必要な経費を一先ず3ヶ月分見積もります。

その3ヶ月分のお店の費用こそが、喫茶店の内装の経営資金として相応しいものなのです。

  [スポンサードリンク]

私が実際に喫茶店を始めるときには、このように内装の経営資金を考える事によってスムーズに金額を定める事ができました。

3ヶ月後に完全に元が取れていれば、お店としては成功であり、元が取れていなければ更に努力が必要になってくるのです。

内容の経営資金を決めておくことが喫茶店の開業には絶対に必要になってきます。

3ヶ月分の経費を全て見積もっておく事が内装の経営資金として考える事で、喫茶店の経営資金を管理する事は非常に簡単になるのです。

外装の経営資金

喫茶店を開業するにはまずは、経営資金をある程度見積もっておく事、そしてその費用こそが喫茶店を経営していくためにとても大切である、というお話をしてきましたが、もちろん内装のお金を決めれば外装に関しても同様の作業が必要になってきます。

喫茶店の外装に必要な費用とは、例えばインテリア用品であったり照明や看板なども含まれてくるかと思いますが、それらを簡単に見積もっておく事も重要になってくるのです。

喫茶店を始める前と言うのは、何にしても自分なりに予想を立てておくことがとても大切な事であり、その予想と実際の収支を合わせていく事が、喫茶店経営には必要不可欠なのです。

その為にもお店の外装をしっかりと自分の中でイメージしておき、それに相当する予算を考えておく必要があるのです。

私が実際に喫茶店の外装としての経営資金を考えた時では、インテリアだけを考えていましたので、自分が予想していた金額と実際に掛かった金額は遥かに違うものでした。

内装とは違って特に光熱費がかかる事もありませんので、資金としては一番初めに揃える分のみで大丈夫なのですが、外装をこだわっていけば行くほど、自分が予想していた金額を簡単に上回ってしまうのです。

だからこそ喫茶店の外装の経営資金とは、自分が予想している金額の倍以上を見積もっているのが良いかと思います。

外装の経営資金とは、確実に自分が描いている金額では足りません。

簡単に言えば、予想している外装の資金の2倍以上の金額がかかる事を念頭に置いて作っていかなければいけないのです。