求人の基本

喫茶店を開業していくにあたって、どうしても自分一人の力であれば営業していく事が難しいという事が出てきます。

喫茶店が忙しくなるにつれて、小さいお店であっても絶対に二人以上の人員が居なければお店自体が円滑に回らなくなってしまいます。

開業を二人以上でしていくのであればまだその必要は無いのですが、一人で始めていく方であればまずは求人と言う作業をしていかなければいけません。

その求人に関した基本知識を持っていれば、絶対に喫茶店の開業には役に立つ事なので知っている事が良いのです。

求人にあたっての基本とは、まずはどのような人材をどれくらい求めていくかという事になってきます。

例えば、喫茶店自体が若者を対象にしたお店であれば若者を中心に求人を進めていかなければいけませんし、逆に少し落ち着いた大人向けの喫茶店を目指すのであれば、きっと求人の年齢層も上げたほうが良いかと思います。

そのように自分のお店に合った求人を進めていく事が喫茶店の求人にはとても重要な事になってくるのです。

私が喫茶店をやっていた時にももちろん求人という作業を試みましたが、実際に喫茶店のイメージと違う年齢層の方を採用にしてしまえば、お店との違和感も感じますし働きにくくなってしまいます。

喫茶店のコンセプトと統一するためにも、まずは求人の基本をしっかりと把握して進めていく事が大切な事なのです。

実際に働き出してから、やっぱり違うといった事にならない為にも、求人の段階から慎重にしていくことが良いのです。

  [スポンサードリンク]

求人の仕方とは

喫茶店を開業するには、そのお店の雰囲気やコンセプトに合った求人をしていく事が大切であるというお話をしていますが、もちろんその求人の仕方が分からないという方も結構おられる事だと思います。

実際に私が喫茶店を始めたときに求人をしたのですが、この方法についてはかなり様々であったのでとても苦戦をしました。

その中で自分が一番やりやすい方法を選択して、求人によって良いお店作りが出来ていけば一番ベストかと思います。

その為にも求人の仕方でどのようなものがあるか知っておく事が必要ではないでしょうか。

最近では最もポピュラーな方法がやはりネットを利用した求人の仕方であります。

ネット上には様々な求人サイトが存在しますので、それらから自分の喫茶店に合ったサイトを見つけて求人広告を出すことが良いでしょう。

求人サイトには様々な年齢層に合わせて募集する事が出来るので、自分の喫茶店とコンセプトが同じような人を見つけていくことはとても簡単な事であります。

私が実際にネット上で求人広告を出していたときでは、やはり自分が求めている人材の方からコンタクトを求めてくる事は結構ありました。

その中から最も自分がほしい人材を集めていけばよいので、逆に私が選択していく機会まで存在したのです。

求人の仕方とは、まずはネット上の求人サイトでやっていきましょう。

若者であっても年配の方であっても、誰もが気軽に見れるネットだからこそ、そのメリットを活かしていかなければいけないのです。

求人欄に書くこと

喫茶店を経営していく為にも、二人以上の人材が必要になってくるケースは十分にあります。

その為にも、求人をネット上の求人サイトで募集する事によって自分の喫茶店に合った人材を見つける事が出来ていくというお話をしましたが、もちろん求人サイトでのコツというものは存在します。

これから喫茶店を開業していく方であれば、誰しもが求人に対して簡単に進めていけるためにも、求人サイトで意識した方が良いポイントを紹介していきます。

それらをしっかりと押さえていれば、きっと短期間の求人でかつ素晴らしい人材とめぐり合える事ではないでしょうか。

まず求人サイトに投稿する前にする事がありまして、基本的に年齢と期間を限定している方が良いのではないかと思います。

求人サイトには何歳以上という限定した求人をかけることが可能であり、しかも長期間なのか短期間なのかと言う仕事を始めだしてからいつまでと言う期間も設定する事が出来ます。

自分の喫茶店で最も欲しい条件を書けば良いのですが、あまりにも限定しすぎてしまえば逆に誰も応募して来なくなってしまうので、比較的広めの年齢層や期間で募集をかけている方が良いでしょう。

実際に私が求人広告を出して応募して来られた方の中でも、その年齢とは思えないくらい若かった人も居ましたし、応募の際では短期間と書いていたのに面接をしてみると、長期間でも可能という方は多く居ました。

だからこそ、限定する幅を狭めて出していても特には問題ありません。

求人欄に書く事、それは年齢とどれくらい働いていけるかと言う期間を少し広めに設定して載せて居る事が大切かと思います。