応募が無い場合

喫茶店を開業していくためには、ネットを利用して求人広告を出していくことが良いというお話を進めていますが、もちろんこの求人をしていても上手くいかない場合もあるのです。

私が実際に経験したことで言えば、求人を出しているにもかかわらず何ヶ月も応募が来ないという事が良くありました。

自分の中でもその募集の幅は広めて出したりもしましたが、それでも応募が来ないことは稀ではないのです。

そんな時にどうすれば良いかという解決策をご紹介していきたいと思います。

きっとこれから喫茶店を始める方であれば、この求人の応募がないという事は良くあるかと思います。

そんな時に、いま求人を出している求人サイトだけではなく、他の求人サイトにも同じ投稿をしてみれば良いのではないかと思います。

ネット上の求人サイトというものは、閲覧回数が多いものから少ないものまでありますし、地域によっても自分の喫茶店がある地域の人が見ていない可能性があります。

だからこそ、求人サイトを他のところでも同じように出すことによって、閲覧者を増やしていくという作業に繋がっていくのです。

実際に私が求人広告を出していたサイトは、最大で4つくらいまで投稿をしていました。

1つのサイトで応募が無かったとしても他のサイトからの応募があり、結局その他のサイトの求人広告から採用まで至ったケースがあったのです。

だからこそ求人サイトの限定をする必要は無く、様々な所で求人を出していくことがオススメなのです。

  [スポンサードリンク]

他の求人との違いをつける

喫茶店を開業させていくには、ネット上の求人広告がカギを握ってくるというお話をしていますが、もしも応募が無ければ様々なサイトで募集をしていけば良いと言うことを言いました。

応募がないという理由には、先ほど挙げたような閲覧者が少ないという事もあるのですがその他に、自分の求人広告の内容がいまいちであるのかもしれません。

きっと自分が求人広告をみて応募をする時を想像してみれば分かると思いますが、何かその求人に対して惹かれるものが無ければきっと応募をする事はないのです。

その為にも他の求人広告よりも自分の求人がより目立っていく必要があるかと思います。

実際に私が求人広告を出していたときは、閲覧者に対して自分の求めている人材を的確に示すために、お店の店内であったり自分達経営者の写真を載せて、楽しそうな感じを伝えていました。

閲覧者が応募をするには、給料が良かったり場所が近かったりという条件もきっと必要かとは思いますが、それよりも楽しそうな雰囲気があれば絶対に応募がくると思っていたので、私はそのような記事を作成しました。

もちろん楽しそうな雰囲気以外にも、落ち着いた感じや真剣な雰囲気を出している求人でも良いと思うのですが、何が一番大切かと言いますと、他の求人広告に劣らないような個性が必要になってくるのです。

それが明確になっている求人広告こそが、きっと閲覧者の注目を集める事に繋がってくるのです。

喫茶店にの開業に必要な求人ですが、まずは他の求人には無いような記事を作っていく事を心がければよいかと思います。

お給料の欄には

喫茶店を開業していくためにはネット上での求人広告に個性を求めていく事が大切である、というお話を進めていますが、もちろん個性の中でも閲覧者が気になってしまうのはお給料でもあります。

お給料が高ければそれに越した事は無いのですが、実際に喫茶店を開業していくにはあまりにも高時給の給料を与える事は絶対に難しくなってくるのです。

だからといって、求人広告では少なめのお給料を提示するのかといえば、決してそうでは無いのです。

お給料の欄にある工夫をする事によって、スムーズで短期間な求人を進めていく事が確実に可能なのです。

これは実際に私が求人広告を作る際にもやっていた事なのですが、喫茶店の経営状況からしてだいたいどれくらいのお給料が与えられるかというものが分かるともいます。

もちろんその金額を最低ラインの時給として考えていけば良いのですが、そこにプラスして、昇給ありという項目を付け足していくのです。

昇給というものは、例えばその応募してくれた人が採用になって働き始めて、良い結果を残せばお給料が加算されていくという方式であります。

この昇給と求人に書かれた広告と書かれていない広告であれば、確実に前者の方が魅力的であると言えます。

実際にそのスタッフが成果を残していけば自然とお店の売り上げにも変化していくと思うので、そうなればきっと昇給に対応していけるお給料も払っていく事が可能なのです。

求人広告に、昇給という言葉を付け加える事を私は是非オススメします。