交通費について

  [スポンサードリンク]

喫茶店を開業していくには、求人サイトの広告についてどのように書いていけば良いのかというお話を進めていますが、もちろん他にも広告には欠かせない事が出てくるのです。

それは求人広告に対して応募する方であれば誰もが気になってしまう交通費に関しての事であります。

実際にその人が住んでいる街から喫茶店までの距離を考えてみれば、交通費だけでも相当掛かってしまう事は良くあるかと思います。

だからこそ、求人欄に欠かせない事とは交通費を明確に書いておく事なのです。

これを書いていない求人であれば、絶対に応募件数は減っていく事は間違いありません。

求人に応募をする方であれば、この交通費が出るところであれば物凄く働きやすく感じる事ではないでしょうか。

交通費というものはたいてい、その人が住んでいる最寄り駅から自分の喫茶店の店舗の最寄り駅までの距離の値段を出していくのが一般的ですが、どこに住んでいても確実に決まった金額しか出ないという広告も少なくはありません。

それは喫茶店側が決めれる条件ではあるのですが、応募者からすれば一番嬉しい事は交通費の交渉も出来る事かと思います。

実際に私が喫茶店で求人を出していたときであっても、この交通費の交渉は可能と掲載して出していました。

この事によって、喫茶店に通うまでの交通費を自分の理想の金額で提示する事が出来るので、応募者としても嬉しい条件であったのです。

交通費についての掲載の仕方は、基本的に交渉可能という形が一番ベストかと思います。

募集人数の限定

喫茶店の求人広告について、今まで様々なコツが必要であるというお話をしていますが、それは決してお給料や交通費だけの話ではありません。

実際に喫茶店の経営を始めてみればどれくらいの求人が必要になってくるのかというのは分かってくる事だと思います。

その条件に相当した人数をしっかりと求人広告に記載しておく事も絶対に欠かせない条件となってきます。

その事から、求人広告には募集人数の限定という事が必要不可欠なのです。

実際に求人広告を見た閲覧者からして、その募集人数が1名や2名であれば自分はきっと採用されないだろう、という固定観念によって応募する方は少なくなってしまいます。

逆に募集人数が10名以上であったり、上限無しと書かれた広告であれば、自分でももしかしたら採用されるのではないかという意識を持つ事ができるのです。

だからこそ、この募集人数の限定では幅を多めに設定して書いている事が一番ベストなのです。

私が実際に求人広告を出していたときも、1名しか人材が欲しくなかったので1名を記載していましたが、正直言って全然応募はありませんでした。

それを上限無しと書き換えた時には、一気に応募人数が増えていったのです。

募集人数の限定には、まずは募集人数の幅をしっかりと意識して、あまりにも絞り込まないことが重要であるかと思います。

その幅が広ければ広いほど、応募する側からすれば自分への自信につながってくる事は言うまでもないのです。

応募に必要なアドレス

喫茶店を開業するためには、求人の事だけに当てはまる事ではないのですが、喫茶店としての連絡先を準備しておく事が必要になってきます。

お客さんの中でも、喫茶店に実際に連絡を取ってみて予約をしたりだとか営業時間を確認しておきたいという人は少なく無いかと思います。

それと同じでよいので、求人でもその店舗の連絡先をしっかりと記載しておく事によって、応募者からすれば質問をしたり聞きたいことをしっかりと確認する事が出来るのです。

私も経験した事なのですが、これが記載されている求人広告であれば絶対的に短期間で求人を終える事が出来てとても効率が良いのです。

実際に求人サイトを利用して求人を出している方であれば、きっと求人広告に記載されているアドレスは求人サイトのものか、それを仲介しているアドレスしか記載されていません。

よって応募をする方からすれば何か聞きたいことや、面接のアポイントを取ろうとしてもスムーズにその作業に至る事は出来ないのです。

だからこそどこの求人サイトであっても、求人広告の最後にでも自分のアドレスを記載しておく事が重要になってくるのです。

私が喫茶店の求人サイトに、自分のアドレスを記載せずに掲載していましたが、やはりその応募件数は少なく面接まで至った事はあまり無かったのです。

それくらいこの項目は重要になってくるので、是非自分のアドレスを書いている広告を作成することをオススメします。

それによって、求人から採用に至る期間も短くなる事でしょう。