倍率が高い場合

喫茶店を開業していき、求人広告を出す作業までをいままで説明してきましたが、もちろんその求人広告に応募してきた方の中から、自分が人材を選んでいく事も必要になってきます。

これは喫茶店側からしたらかなり嬉しい事なのですが、もしも求人の倍率が高くなってしまった時にはどうすれば良いのかというお話を進めていきたいと思います。

基本的に自分が募集している枠が5名であったら、その応募が5名以上になれば倍率は絶対に高くなってしまいます。

そんな時には喫茶店側は適切な対応を取っていく事が必要になってくる事を忘れてはいけません。

実際に喫茶店の求人広告に対して倍率が2倍、3倍となってくることはあり得る話であり、その場合には喫茶店として良く考えて採用、不採用まで話を運んでいかなければいけません。

自分が一番求めている人材に対して最も近い人から順にコンタクトを取っていかなければいけないのですが、もしも一人目で採用を決めようと思っても、他の人材の応募も絶対に無駄にしてはいけません。

私が実際に喫茶店の求人広告に対して2,5倍という応募があった時には、全員と面接をしてその中から自分の喫茶店に合った人材を数名選びました。

もちろん応募者としては、自分のきっさてんを気に入って応募してくれているので、経営者としてその相手の気持ちを無駄にはせずに、不採用の場合でも丁重にお断りしていく事が大切なのです。

倍率が高い場合には、喫茶店としては一人ひとりの気持ちを無駄にせずに、しっかりと丁寧な対応をしていく事が最重要であるといえるでしょう。

  [スポンサードリンク]

面接に至ってから

喫茶店を開業するには、求人広告がとても重要になってくるというお話を進めていますが、もちろん求人広告を出して終わりという訳ではありません。

実際に求人広告に対して応募が来れば、一人一人面接をしていく作業が絶対に必要になってくる事だと思います。

ネット上だけの情報で相手の事を完全に知る事は難しいので、しっかりと応募者の情報や条件をお話するためにも、一度喫茶店に来てもらって面接をする事が重要なのです。

求人広告によって面接に至るまでというものは、基本的にお店側と応募者とが直接コネクションを取っていく形になるのですが、もちろん面接に至ってからはお店側としても様々な準備があります。

応募者との間に面接が決まってからというもの、まずお店側がする事は応募者と正確に日にちや時間を決めていく事が大切なのです。

実際に喫茶店の営業中に面接をするのも有りですし、営業前や営業後の人が居ない時でも良いでしょう。

この時間の決め方がどうして重要なのかといいますと、営業中に実際に面接を行っていれば応募者からすれば営業中のお店の状況がしっかりと把握できるのです。

応募者が忙しいお店に働きたいのに、お店にお客さんがすっからかんの状態であればそのお店に合っていないというのも分かりますし、その逆の事も同様に言えるでしょう。

面接を決めるにはまずは、正確に応募者と日にちと時間を決めていきましょう。

その時間を喫茶店側が提示する事によって、応募者にとってメリットがあるのかということをしっかり考えていかなければいけません。

面接に必要なもの

喫茶店を開業してから求人や面接についてまでお話していますが、もちろんこの面接の段階もかなり重要である事を経営者としては理解しておかなければいけません。

求人広告から応募してくれた人が、楽しく働きやすい環境を整えておく事も喫茶店側からすればとても大切な事になってくるのです。

だからこそ、面接をする際に応募者に対して持ち物を提示することによって、そのリスクを確実に減らしていく事にも繋がるのです。

応募者に必要な事は、どのようなお店を臨んでいるかという資料であったり応募者の意気込みが分かるような見た目であるのです。

喫茶店としては、実際に自分のお店で働いてもらうわけですから、どのようなお店を希望しているのかという正確な情報の分かる資料が必要になります。

その為にも履歴書が必要であり、その履歴書では個人情報よりも相手の希望が分かるような情報が知れれば良い訳なのです。

そしてもう1つは相手の面接時の見た目であります。

喫茶店によっては服装に関してとてもラフなところもあるかと思いますが、面接時には確実にスーツが望ましいのではないかと思います。

相手に対してスーツを求める事で、きっと相手の応募者からすれば少し緊張感のある面接と把握する事でしょう。

しっかりと整えてきた見た目であれば、仕事に対する意気込みを把握する事にも繋がってくるのです。

面接時に必要なものとは、まずは履歴書と相手の意気込みが分かるようなスーツなどが絶対的に必要ではないかと思います。