面接に立ち会う際に

喫茶店を開業していくには、求人広告から面接までの経緯を簡単に説明してきましたが、もちろん面接時というものはそれらの中で一番重要になってくる時間なのです。

その面接をより効果的に行うためにも、面接に立ち会う人を自分以外のにも依頼しておく事が良いのではないかと思います。

実際に私が経験した事なのですが、私自身が応募者に対して1:1で面接をした結果、他の従業員からは納得できる採用ではないという事がありました。

だからこそ、現在自分の喫茶店で働いている他の従業員にも、この面接に対してしっかりと立ち会う必要があるのではないかと思います。

面接に立ち会う際には、基本的に喫茶店の内情をしっかりと把握している人が必要であり、以前から長年働いている従業員にお願いする事が良いかと思います。

もちろん自分の喫茶店以外の人であっても、経営に詳しい人であれば良いと思いますし、自分の喫茶店にとってメリットのある採用をしていくという事を最優先に考えていかなければいけないのです。

私が実際に面接をしていた時であれば、まずは自分の喫茶店で長年働いてる従業員を一人交えて2:1という形で面接を行っていました。

この事によって、その応募者の採用か不採用を二人で検討する事が出来たので、より効果的な面接が行えたかと思います。

面接に立ち会う際に必要な事は、自分以外の人も面接の受け答えをすることによって、きっとより良い面接をする事が出来、良い喫茶店作りには絶対に欠かせない事なのです。

面接の内容とは

  [スポンサードリンク]

喫茶店を開業するには求人の基本から面接に至るまでの経緯をお話してきましたが、もちろん求人に必要な事はこれだけではありません。

面接の内容をいかにして効率的にしていくかと言うものとても大切な内容であるのです。

しっかりと内容の濃いい面接をすることによって、応募者としても安心して働く事ができますと思いますし喫茶店自体にもとても響いてくるものなのです。

だからこそ面接では応募者に対して絶対に聞いていなければいけない内容というものが出てくるわけなのです。

実際に求人の面接だけではなく、これから喫茶店を繁盛させていくためにも必要な知識だと思うのでしっかりと習得している事をオススメします。

まずは応募者が今までどのような経緯で何をしてきたのか、と言う事が重要になってきます。

応募者が辿ってきた道筋を聞くことによって、相手の好きなものであったり嫌いなものがハッキリしてくると思うので、それらを経営者が知っておく事も大切な事なのです。

だからこそ面接の内容は、相手の過去の仕事であったり学校であったりを事細かく聞く必要があるのです。

私が実際にこの内容を取り入れた面接をしていく事によって、応募者の好みや特徴を明確に知っていく事が出来ました。

楽しくお仕事を続けてもらうためにも、相手の事を探っていくことが重要であるという事を面接時には忘れてはいけないのです。

きっと応募者としても、自分の事を聞いてもらえる事によってとても仕事をしやすくなってくるのです。

面接の最重要項目

喫茶店を経営していくにあたって、面接の内容をしっかりと押さえた効率の良いものを進めていく事が大切であるというお話をしましたが、もちろんそれが基本となっている事は言うまでもありません。

面接には応募者の今までの経緯を聞いていき、経営者がしっかりとその無いようを把握する事が良いと言いましたが、その中でもとても重要な項目があるという事を忘れてはいけません。

それは応募者の今までの職業に関する事であり、その職業がどれくらいの期間続けられたのかという事も大切になってくるのです。

面接の最重要項目として、応募者の今までの職業をどれくらい続けていたのかという質問をしてみれば良いかと思います。

その期間が短ければ短いほど、きっと自分の喫茶店で働き始めても同様の結果になってしまうと思うので長期間の募集をしているお店であればあまり良くはありません。

逆に、今までどんな職業でも長期間働いていた方であれば信頼して雇う事ができるのではないかと思います。

実際に私が喫茶店をやっていた時でも、面接ではこの質問を必ずしていました。

もちろんそれを採用か不採用の基準にもして考えていたのですが、それよりもまずは仕事意識の高さを伺うことができるのではないかと思いました。

面接における最重要項目とは、まずは応募者の今まで仕事期間を聞く事を忘れないようにしていくべきかと思います。

相手の仕事意識を把握する為にも、この質問は絶対に必要なのです。