商品開発のコツとは


出典:https://cookbiz.jp/

喫茶店を開業していくにあたって、求人の基礎から面接における重要な事まで説明してきましたが、もちろん今までのものは求人に関する経営戦略であり、ここからは喫茶店の商品開発についてお話を進めていきたいと思います。

喫茶店の商品開発といえば、ドリンクとフードに分けられるのですが、基本的にはドリンクメニューを増やす事を優先して考えていけばよいかともいます。

お客さんが喫茶店に求めるドリンクと言うものは、一般的なコーヒーであったり紅茶というものが主流なイメージがあるかと思いますが、喫茶店には様々なオリジナルメニューを作っている方がとても魅力的になってくるのです。

実際に私が作っていたメニューからも、これから喫茶店を開業される方であれば是非挑戦していただきたい事があります。

まずはコーヒーに纏わる話になってくるのですが、コーヒー豆さえ変えていけば様々な種類のメニューが作れてしまいます。

私が実際にやっていた事では、海外の方からコーヒー豆を輸入してその国のコーヒーが味わえるという事でお店の看板メニューとして売り出していました。

どこの喫茶店でも同じようなコーヒー豆を使っているものなので、このようなちょっとした工夫によってお客さんからしたら凄く物珍しいものと感じて、とても高評価なのです。

商品開発のコツとは、まずはコーヒー豆に注目して自分の喫茶店ならでわのオリジナルコーヒーを作っていく事をオススメします。

きっとそれが、喫茶店の看板メニューになる事だと思います。

アレンジをきかしていく

  [スポンサードリンク]

喫茶店を開業していくには、商品開発のコツを把握しておくことが必要であるというお話を進めていますが、その際にコーヒー豆に注目していくのが第一歩であると言いました。

コーヒー豆にはまず、世界各国から取り寄せていけばかなり面白いくらいの種類のコーヒーメニューが作れていくのでその為なのですが、このコーヒー豆1つでまだまだたくさんのメニューが作成していけるのです。

実際にコーヒー豆を海外から輸入してみれば、それをホットコーヒーとしてのメニューで売り出す方が多いかもしれませんが正直言ってそれだけでは勿体無いのです。

1つのコーヒー豆に対してアレンジを効かせていくことが、喫茶店の商品開発の大切な事なのです。

実際にコーヒー豆をどのようにアレンジしていくかと言いますと、まずはホットコーヒーを作ればアイスコーヒーと言う選択肢も出て来る事でしょう。

そしてそれにレモンやシロップなどを加えたオリジナルコーヒーを作れたり、紅茶風味の甘いものまで作れてしまうのです。

そのようなアレンジをしていくことによって、喫茶店としてはメニューにも幅が出てきますしお客さんとしても楽しみが増えていく事は間違いありません。

これは私が実際にしていた事なのですが、例えばリピートしてくれるお客さんからすれば次に来た時にも更にメニューが増えていたら選ぶ事が出来るわけなので、飽きる心配がないものなのです。

アレンジをきかしていくことで、自然と固定のお客さんが増える事は間違いありませんし、きっとメニューが多い喫茶店としても注目されていくのではないかと思います。

ソフトドリンクには

喫茶店の開業を進めていくにあたって、商品開発にはアレンジをきかしていくことが大切であるというお話を進めていますが、もちろんドリンクにはコーヒーだけの話に当てはまる事ではありません。

実際にコーヒーにアレンジをしていけばその他の既存のドリンクにも自然に意識が向く事かと思います。

コーヒーの次にはソフトドリンクのアレンジというものをしていくことが良いかもしれません。

ソフトドリンクにアレンジをする事が出来るのか、と疑問に持たれる方は多いかもしれませんが、実際にアレンジをしている喫茶店というのがほとんどなのです。

だからこそ、そのような事を自分の喫茶店でも積極的に取り入れていかなければいけないのです。

ソフトドリンクのアレンジには、まずは既存のメニューに対してのトッピングが始めやすいかと思います。

例えば、メロンソーダというメニューがあればそれにアイスクリームを乗せる事によってクリームソーダが完成します。

そのように1つの工夫をしてあげるだけで、お客さんにはメニューとして全く違うもののような感覚になることが出来るのです。

だからこそ基本的な事でよいので、まずはトッピングをしてあげる事が良いのではないでしょうか。

私が実際に作っていたメニューでは、アイスクリームや生クリームを全てのソフトドリンクにトッピングしてメニューを作成していました。

これから喫茶店を始める方であっても簡単に出来る事なので、是非オススメできる商品開発であります。