トッピングの作業によって


出典:https://tabelog.com/

喫茶店の開業を進めていくには、コーヒーメニューだけではなくソフトドリンクに対してもアレンジを効かしていくべきである、というお話を進めていますがそれには大きな理由があるのです。

実際にソフトドリンクのアレンジにはトッピングという事から始めるべきである、というお話をしましたが、トッピングのメリットとは何なのかといえばコストがとても安くで済むことなのです。

トッピングという作業には、アイスクリームや生クリームが主流といいましたがそれらにかかるコストとはかなり原価が安くで済ますことが可能なのです。

喫茶店におけるこのような一工夫こそが、きっと喫茶店の営業売り上げを伸ばしていくカギになる事を忘れてはいけないのです。

私が実際にやっていたこととして、このトッピングという項目をメニューには作らずに、全く違うメニューの名前で作成していました。

例えば、オレンジジュースにアイスクリームと生クリームを乗せたメニューであればオレンジスイーツというメニューでメニューに記載しており、オレンジジュースにアイスクリームを乗せただけであれば、オレンジフロートと言う名前で出していたのです。

その事をすることによって、お客さんがメニューに聞いた事の無い名前があるという興味を湧かせる事が出来ていたのです。

実際にこのような簡単なメニュー作りだけで、商品開発には大きな利益をもたらす事は言うまでもありません。

トッピングこそが、商品開発における大切な作業である事を忘れてはいけません。

  [スポンサードリンク]

メニューの幅を広げる事は

喫茶店の開業における重要なポイントは、商品開発であるというお話を進めていますが、もちろんこの商品開発にはまだまだ大切な事がたくさんあります。

実際に商品開発を始めていけば、自然とメニューに幅が出て来る事だと思うのですが、このメニューの幅というものが喫茶店の売り上げに大きく影響してくるのです。

一人で喫茶店に来られるお客さんと大家族で喫茶店に来られるお客さんとでは、このメニューの幅を広げておいてメリットがあるのは後者の方なのです。

どうして大家族のような方々に対して、メニューの幅を広げておく事が必要であるのかというお話をしていきたいと思います。

実際に喫茶店に来られたお客さんというのは、初めての方々であれば絶対に興味があって来ているのです。

それが大家族であれば子供たちにとっては、真新しいことばかりなのです。

子供にとっては、ソフトドリンクのメニューが多ければきっと物凄く試してみたいという好奇心に溢れてお客さんとしてはとても良いものなのです。

実際に私が経験した事なのですが、メニューの幅を広げておけば子供は嬉しいものですし、大人であってもどんなメニューなのかと気になるのは当たり前であります。

そのような好奇心というキーワードに必要な事がメニューの幅である、という事を経営者としては絶対に忘れてはいけないのです。

喫茶店のメニューにはまずは幅広く面白いものまで作っておく事によって、お客さんの層を広く獲得出来ていくのです。

フードメニューの基礎

喫茶店における商品開発のお話を進めていますが、ドリンクメニューには幅広く作っている事がお客さんを獲得するには良い条件である、という事を言いました。

実際に喫茶店を始めてみれば分かるかと思うのですが、ドリンクメニューには幅広いものが大切であるという事は分かるかと思います。

では、フードメニューではどうであるのか、と言うとそれはドリンクメニューとも同じものなのです。

フードメニューの基礎とは、まずは王道の誰でも分かる料理から作成していき、しだいにアレンジを効かして面白いオリジナルメニューを作っていくものなのです。

フードメニューには、まずは訪れたお客さんが誰でも分かりやすいメニューがあれば不安なく注文できる事かと思います。

初めて来られたお客さんからすれば、安心できる最もポピュラーなものから注文してみよう、という方が多いと思いますので、まずはお店の安心感を重視していけば良いかと思います。

もちろんその安心できる王道な料理が完成していけば、次のステップに進んでいけば良いのです。

実際に私が喫茶店を開業してからやっていた事としては、まずは自分が喫茶店で食べたいフードメニューというものは片っ端からメニューに記載していました。

その上で、更に自分がこんなものがあれば面白いのではないかと思うフードメニューを作り上げていったのです。

フードメニューの基礎は、まずは誰もが安心できるメニューを作成していくことが重要であるかと思います。