パスタ系の料理


出典:http://asbs.jp/

喫茶店のフードメニューの基礎には、まずは安心できる誰もが知っている料理を記載していく事が重要であるというお話をしましたが、その土台が完成していれば次の段階に進んでも良いかと思います。

フードメニューの一般的なものとして、まずはパスタが挙げられるかと思うのですがそのパスタを使った応用料理が絶対に必要になってくるかと思います。

もちろんそのようなパスタ料理を作っていく事によって、お客さんとしてもきっと様々なパスタがあるとその中から選択できる楽しさがあるので積極的に作っていけば良いかと思います。

喫茶店でパスタ系の料理を主に作っていける方であれば、絶対に喫茶店としての経営状態も良くなっていくと思うので、是非オススメできる事であります。

私が実際にやっていた事としては、まずはパスタ料理のソースの味を増やしていきました。

その事によってパスタ料理を和風のものから味の濃いものまで、様々なアレンジで作っていく事が出来たのです。

パスタ系の料理だけでフードメニューの幅を広げる事によって、お客さんの料理の注文には絶対に有効的な事なので忘れてはいけないのです。

パスタ料理を増やす事が、喫茶店の開業には絶対に必要な事になって来ます。

実際に喫茶店を始めてから、お客さんが頼まれる料理の中でもパスタ料理の割合が結構多いと思うので、その意識を絶対に忘れてはいけません。

パスタ系の料理の幅が、フードメニューの第一歩であるのです。

ライスを使った料理

  [スポンサードリンク]

喫茶店を開業していくには、パスタ系の料理で幅を広げていく事が重要であるというお話をしましたが、もちろんパスタ系だけの料理に特化しているだけでは喫茶店が繁盛していく事はありません。

どれだけ洋服でハイカラな喫茶店にしても、どれだけイタリアンメニューを中心に扱っている喫茶店にしても、やはりライスを使ったメニューをそろえておく事が重要である事を忘れてはいけないのです。

私が実際に喫茶店をやっていた時では、このライスメニューによってほとんどのランチメニューが完成していました。

だからこそ、ライスを使ったメニューというのは積極的に考えていったほうが良いのです。

ライスを使った料理といえば、例えばメインディッシュを数品作っていてそれにセットでライスが付け加えられたり、ライスの上にサラダやメインディッシュを混ぜ込んだ丼系の料理がとても人気があるかと思います。

もちろんライスのメニューにも白ご飯から炊き込みご飯などと数種類用意していれば、なおさらお客さんとしては自分の好みのものを選べるので良いかと思います。

私の喫茶店ではランチメニューを毎日していましたが、毎日違うメインディッシュにライスセットや丼に変更出来るように作っていく事で、毎日ランチに訪れても飽きないような献立を仕上げていたのです。

だからこそ、ライスを使った料理と言うものは誰にでも親しまれやすい料理なので、喫茶店をこれから始めていく方であれば絶対に欠かしてはいけないものなのです。

絶対に欲しいフードメニュー

喫茶店を開業していくには、喫茶店ならでわの経営戦略が必要になってきます。

その為にも、今までお話したようなパスタやライスメニューが無ければ絶対に成り立たないのですが、その他に絶対に欠かしてはいけないメニューまで存在するのです。

実際に喫茶店を始める方であれば、このようなメニューを入れておけば喫茶店としてはいとも簡単に繁盛させていく事ができるのです。

そのメニューと言うものが、実はピザなのです。

ピザがどうして喫茶店の繁盛させるメニューに繋がるのかといいますと、実はピザには他のフードでは味わえないような手軽さが合ったり、みんなで食べるためにはとても有効的なものなのです。

実際にピザを注文されているお客さんを見ていれば分かるかと思いますが、ピザを1枚注文しておけば大人数であっても数人であってもみんなで分け合って食べることが出来るのでとても便利なのです。

少し小腹が空いたときでもみんなと食べれますし、本格的に食事にしたいときには1枚丸ごと一人で食べても良いですし、そのように料理が届いてから量の調節をしていくにとても相応しい料理であるのです。

私が実際に喫茶店でピザ料理を出していたときには、冷凍のものを使っていたのですが、その中でもサイズをSサイズからLサイズまで提供していました。

もちろん喫茶店のフードメニューの中でもダントツで人気がありましたし、とても高評価でした。

喫茶店のフードメニューの中で、絶対に欲しいものは紛れもなくピザである事を忘れてはいけません。