経営戦略のまとめ


出典:http://045to.btaf.net/

喫茶店を開業するにはやはり、ドリンクとフードメニューの幅を増やしていく事が大切であるというお話をしましたが、それらを簡単にまとめていけば喫茶店にはある共通点が存在してくるのです。

実際に喫茶店における必要な戦略とは、まずはお客さんが誰しも楽しめるようなメニュー作りを心がける事と、どんなお客さんであってもその人に当てはまるような料理やドリンクを提供する事なのです。

その戦略を出来ている喫茶店こそが、絶対に売り上げも伸ばしていますしお店としても人気があるのです。

だからこそ、まずはメニューの幅と自分のお店ならではのオリジナル商品を作る事を意識していきましょう。

これから喫茶店を始める方であれば喫茶店を繁盛させるための方法を知らない事は当たり前であります。

そんな人であっても出来るような経営戦略とは、まずはお客さん目線になってメニュー作りを始めていく事が重要なのです。

いくら自分が納得できて満足できる商品があったとしても、その商品を好んでくれるお客さんが居なければ絶対に人気が出る事はありません。

その為にも、まずは自分がお客さんの立場に立って自分がされたら嬉しいことを考えていく事が必要なのではないかと思います。

私が喫茶店を始めた時にもこの事はしていましたが、お客さん目線でしっかりとメニューを考えていかなければ絶対に繁盛はしません。

経営戦略の第一歩としてはまずは、お客さん目線になる事を心がけていきましょう。

喫茶店のサービスとは

  [スポンサードリンク]

喫茶店を開業していくにあたって、今までお店の設備や費用、そして商品開発についてまで詳しくお話を進めてきましたが、やはり喫茶店にはそれだけではやっていく事ができません。

喫茶店という空間では、確かにお客さんが居心地の良い時間を過ごすためには絶対に必要になってくる場所なのですが、その為にも喫茶店側からはサービスを向上させる必要があるのです。

どこの喫茶店であっても各店舗それぞれのサービスの向上に努めていることだとは思いますが、それを他の店舗と被らないようにしていくためにも、個性のあるサービスを提供していく事を心がけていけば良いかと思います。

そのサービスの作り方というものを、初心者の方でも分かりやすいように説明していきたいと思います。

まずは喫茶店のサービスとして大切な事は、どのお客さんに対しても均等に等しいサービスを出来るか、という事が重要になってくるのです。

実際に喫茶店を営業してみれば、だいたいどこの喫茶店でもある事が、ここの喫茶店は他のお客さんがとてもうるさい、とか他のお客さんがはしゃいでいるのでゆっくりする事が出来ない、という問題が発生しています。

その為にも、どのお客さんでも等しい条件を与えるために子供連れの賑わいそうなお客さんと、ゆっくりと落ち着いた時間を求めていそうなお客さんとでは、テーブルの位置を変えることによって分けることが出来ます。

そのテーブル案内をうまくする事も、喫茶店側のサービスであると思うのでしっかりと意識していなければいけないでしょう。

常連さんへのサービス

喫茶店を開業していくには、どのお客さんであっても同じように均等にサービスをしていく事が重要である、というお話をしましたが、その事がサービスの根底になることは忘れてはいけません。

喫茶店を営業し始めればきっとどの店舗であってもお客さんが来る事だと思いますが、その中でも良く通ってくれる常連さんというものも付いてくるかと思います。

その常連さんに関しては通常のサービスとは異なるような、少し違ったサービスをしてあげる事によってとても喜んでくれるものなのです。

なので、常連さんにどのようなサービスをすれば良いのか、というお話を進めていきたいと思います。

基本的に常連さんというものは、自分の喫茶店の何かしらを気に入って通い続けてくれるものであります。

喫茶店側からすればその常連さんが何を好んで来てくれているのか、と言う事を把握している必要があるのですが、それが分かればサービスに至りやすくなってきます。

例えば、常連さんが自分のお店のコーヒーが好きで通ってくれていれば、その常連さんに対してコーヒーの回数券を作ってあげる事も有効的であるかと思います。

毎回通ってくれてコーヒーを頼んでくれるのであれば、10回分の金額で11回コーヒーが利用できるようなチケットを差し上げれば、さらに常連さんとしては通いたくなってしまうものです。

実際に私が喫茶店をやっていた時もこのようなサービスを積極的にしていました。

この小さなサービスこそが喫茶店にとってはとても重要な事であり、常連さんを付けていくためには絶対に必要な事になるのです。