「スペシャル」というワード


出典:https://tabelog.com/

喫茶店のサービスとして、期間限定メニューを作成することできっとお客さんの目を惹く事は間違いない、という事を言いましたがサービスにはこのように様々な工夫によって作り出していくことが出来るのです。

お客さんがメニューを見たときに一番印象に残るものといえば、期間限定と言った何かを限定したような物が一番なのです。

しかし、サービスには限定したものと同じくらい効果の発揮するキーワードが存在するのです。

それが、「スペシャル」という言葉なのです。

喫茶店がモーニングとランチメニューを提供している所であれば、この「スペシャル」と付け加えたメニューを作成することで絶対にお客さんとしては注文したくなってしまいます。

例えばスペシャルモーニングセット、と言った言葉やスペシャルランチメニュー、とピックアップされていれば絶対に目がいってしまいます。

実際にスペシャルメニューを作る際には、いつものメニューよりも量やボリュームを増やしてみるだけで良いので、コスト的にもさほど変わらないかと思います。

私が喫茶店をやっていた時にこのスペシャルメニューを追加する事によって、実際に売り上げには大きく反映されていきました。

もちろんそのスペシャルメニューが好きというお客さんも居ましたし、普通のメニューでは量が足りないというお客さんにはベストなのです。

メニューに「スペシャル」と言った言葉を増やす事によって、絶対に喫茶店の売り上げは変化していきます。

衛生面のサービスとは

  [スポンサードリンク]

喫茶店におけるサービスについてのお話をしていますが、お客さんであればスペシャルという言葉に滅法弱い事を説明しました。

このように喫茶店の既存のメニューにサービスを付け加える事によって、喫茶店の成績を伸ばしていくにはとても良い事なのですが、更にお店のサービスを磨いていく事は可能であります。

喫茶店というものは飲食店であるので、メニューの量だけでなく、衛生面の向上も絶対に必要であるかと思います。

その為にも衛生面がバッチリであるというアピールも、喫茶店としては積極的に進めていけば良いのです。

私が喫茶店を経営していた時にしていた事で言えば、まずは衛生面をしっかりと整えるためにも店内の掃除はかなり綿密に行っていました。

その上で、店内は衛生面は安全であるというアピールをする為に、各テーブルにそれを記した小さなメモを置いていったのです。

もちろんお客さんとしてはそこまで衛生面をアピールされても、と思っていたかもしれませんが、それくらいお店として衛生面が万全であるという事でお客さんは安心する事ができるのです。

店内が汚い状況の中で衛生面は万全である、と言われても全く説得力がありません。

衛生面を万全にしておく為には、まずは店内の出来る所から綺麗にしておき、その上でお客さんに衛生面は万全あるというアピールをしていくべきなのです。

衛生面が優れていることとはお店側の信頼にも繋がる事になり、お客さんにとって最高のサービスに値するのです。

隠れメニューを作れ

喫茶店を開業するには、飲食業にとって必要不可欠な衛生面を向上させる事が重要であるというお話をしましたが、これはとても質の良いサービスと言えるでしょう。

衛生面をしっかりと整えておけば実際に常連さんが来ても、いつも綺麗だから安心できる事だと思います。

しかし衛生面と同じくらい、喫茶店には大切な事が他にも存在します。

それはなんと言っても、お店のメニューには載っていない隠れメニューなのです。

実際に私が喫茶店をやっていた時であれば、常連さんは通常のメニューを頼む事は少なく、この隠れメニューばかりを注文されていたような気がします。

私が喫茶店をやっていた時では店内のカウンター席がほとんど常連さんの利用する席になっていました。

カウンター席ではあまり他の席から見えないことから、通常のメニューを頼む方は少なく、ほとんどがお店の隠れメニューを頼んでいました。

隠れメニューには通常のメニューに掲載していないものを出すことなのですが、私の場合は喫茶店であるのにカツ丼を多く提供していた気がします。

お客さんの中では、和風のものが食べたいと言ったり、日本食が食べたいという方まで居たので、それに少しでも応えられるように冷蔵庫には何でも揃えておく癖をつけておいたのです。

実際にお店の隠れメニューを作成することによって、お客さんからしたらいつもと違うものが食べれるという特別感を味わう事ができて、お店としても凄く良いサービスであるかと思います。