特別感を意識したサービス

喫茶店を開業するには様々なサービスが必要であり、その中でも常連さんのみが知る隠れメニューを作る事が大切であるというお話を進めてきました。

実際にその隠れメニューを注文する事で、常連さんとしては最高のサービスを得ることが出来るという事を言いましたが、それに関わってくるのが特別感という単語です。

特別感を感じられるお客さんと言うのは、きっとお客さんにとっては凄く嬉しいものであり、サービスの中でも際立って印象に残る事かと思います。

だからこそ喫茶店のサービスには、常に特別感ということを意識して提供していけば良いのです。

実際に私が喫茶店の経営でやっていた事として、どんなサービスをする時でも「他のお客さんには出来ないけれども、特別にさせていただきます」と言った言葉を付け加えてやっていました。

その事によってお客さんが捉える事は、私だけには特別なんだ、という少し嬉しい感情に至る事ができるでしょう。

他にも特別感を出すために、お客様の誕生日であればサプライズでケーキを出してあげたりもしていました。

大きいケーキであれば高くなってしまうので、小さめのケーキを用意してあげることによって、お客さんにとってはとても嬉しい事でしょう。

特別感を演出するために考えられるサービスは他にもたくさんあるかと思います。

どんな喫茶店であってもこの特別感を意識したサービスが出来ている店舗はあまりありません。

だからこそ、このサービスで他の喫茶店と差をつけていけるチャンスであるのです。

  [スポンサードリンク]

広告の基本

喫茶店の開業には、多くのサービスを意識して営業していけば良いというお話をしてきましたが、その中でも特別感を意識したサービスはとても効果的であるというお話をしました。

もちろんこの他のサービスも喫茶店には数多く必要なのですが、それらのサービスを宣伝していく為にも、経営者として広告の基本を知っておかなければいけないのです。

実際に喫茶店を営業し始めてみれば、広告が無ければ喫茶店自体が成り立っていく事はありません。

だからこそこの広告にも力を入れて取り組んでいく事が、喫茶店を繁盛させていくには凄く重要であるのです。

広告の基本として、まずは喫茶店が何を売り出しているのかという情報を明確にしていかなければいけません。

喫茶店としてのサービスを主に提供しているのか、それともコーヒーの味一本で勝負しているのか等、自分の喫茶店の特徴や他の店舗との違いをハッキリと自分達で認識しておく事が第一歩なのです。

経営者として、まずは自分の喫茶店の武器をしっかりと売り出すことで初めて、お店の広告という物が成り立ってくるのです。

実際に私が広告を出していた際にも、自分の喫茶店の特徴を全て並べて、とても良い印象に見えるように作り上げていました。

まずは閲覧者に他の喫茶店との違いを明確にしていくことが、広告の基礎である事を決して忘れてはいけないのです。

自分の喫茶店のメリットを正確に出すことによって、きっとお客さんは魅力的に感じることなのです。

広告の出し方とは

喫茶店を開業していくには、広告を魅力的に作っていくという作業が必要になってくるというお話をしましたが、その広告の基本についてのお話をしました。

広告の基本をしっかりと押さえていれば、きっと喫茶店に来た事が無い人であっても魅力的に見えることは間違いないのですが、やはりその広告の出し方にも注目すべき事はあります。

実際に広告の記事を作ったところで、この広告の出し方を把握していなければ元も子もないので、しっかりとした効果のある方法を知っている必要があるでしょう。

現代ではネット社会であるので、やはりネットを使った広告の出し方が一番ベストであるかと私は思います。

私が出していた広告では、自分のホームページやブログを作成する事でそこに記事をアップしていくという形を取っていました。

毎日記事をアップしていけば閲覧者がそれを見て、興味を持っていく事に繋がると思うのですが、重要な事は毎日欠かさず広告作業をする事では無いかと思います。

1日だけ広告を出してあとは放置しているのでは、広告としての意味は全く無く、その広告は誰にも知られないまま終わっていくのが見えています。

だからこそどんな内容でも良いので、毎日ネットを使って効果的な広告を出していく事が重要ではないかと思います。

広告を続けていく事できっと、お店の知名度も上がって他県からの来訪も増やしていく事が出来ます。

幅広い人に知ってもらうためには、まずはネットを毎日利用する事をオススメします。

広告の醍醐味

喫茶店を開業していくには毎日効果的な広告をしていくのが良い、と言うお話をしましたが正直言って広告作業には途中でしんどくなったり、止めてしまったりする方は少なくないかと思います。

どうして喫茶店で営業をしているのに毎日ネットを使って広告を出さなければいけないのか、と思う気持ちは分かるのですが、きっと広告の醍醐味を収穫できた時にその疑問は一気に晴れる事だと思います。

だからこそ、広告という作業は下積みだと思って続けていくのが理想的であり、広告の醍醐味を得られるまでは辛抱して続けて欲しいのです。

では実際に広告の醍醐味は何なのか、と言いますと、それは広告を見て遠くからわざわざ喫茶店に来てくれたお客さんが現れる事なのです。

ネットを利用して広告を出していれば、日本全国の人が自分のブログやホームページを見る事が出来ます。

すなわち喫茶店の店舗の近くでなくても、気に入れば遠くからでもわざわざ駆けつけてくれるお客さんが自然と出てくるのです。

私が喫茶店をやっていた時でも、このような醍醐味を味わえる機会は多くありました。

正直物凄く嬉しかったですし、その時に初めて広告を毎日続けて良かった、と心から思えました。

経営戦略に必要な広告ですが、この醍醐味をいつか味わうためにも毎日コツコツと続ける事を私はオススメします。

きっといつか、自分の知らない所からわざわざ駆けつけてくれるお客さんが現れると思うので、その時に広告の醍醐味をしっかりと把握することでしょう。