フライとバント対応の出来るキャッチャー

ソフトボールのキャッチャーでは、相手チームの走塁や盗塁をいかにして防ぐかが重要になってくるというお話をしていますが、もちろんキャッチャーにおいても他の野手の選手同様に守備能力も欠かせなくなってきます。

キャッチャーには他の野手の選手よりも少し違った練習メニューをしておかなければいけないので、その練習メニューについてお話を進めたいと思います。

ソフトボールでは良くあるセーフティバントやファールゾーンに落ちるフライに対してのキャッチャーの対応を良くするものであり、その処理をスムーズに行うための練習です。

フライとバント対応が出来るようになるには、まずはキャッチャーマスクをすぐに外せるような動作を心がけていかなければいけません。

野手にとってもキャッチャーにはキャッチャーマスクを付けて守備をしなければいけなのですが、そのマスクがあればゴロやフライの位置が正確に把握する事ができません。

従ってその動作をいかにして早くするかがキャッチャーゴロやフライの処理の上達に繋がっていくのです。

その為にも普段からマスクをすぐに外す事を意識して守備をしなければいけません。

私がキャッチャーというポジションを体験した時も、この動作の機敏性を求められました。

実際に相手バッターが打ったフライを処理するのも、マスクがあれば視界が物凄く見えないものなのでとても重要になってきます。

フライとバント対応の出来るキャッチャーとは、いち早く自分のマスクを取るという動作を忘れては絶対に上達する事はありません。

ファーストで始まりファーストで終わる

  [スポンサードリンク]

ソフトボールの野手にとっては様々なポジションがあり、その中でもキャッチャーには巧みな技術と心理戦をしていく力が必要になってくるというお話しを進めていますが、次に重要な野手のポジションといえばきっとファーストではないでしょうか。

ファーストには、バッターを打ち取ったゴロであったり他の選手のファインプレーによってさばかれたボールが全て集められるポジションであります。

だからこそ物凄い責任感の必要なポジションであるのは言うまでもありませんが、それ以上にファーストには他の選手全員の努力がつまっていると言う事を忘れてはいけません。

例えば相手バッターが粘ってなかなか三振が取れないとき、ピッチャーとしてはとても苦しい状況になってくるのですが、その中でやっと打ち取れてファーストに球を送球したときにファーストがボールを落としてしまえば、その苦労は全て水の泡になってしまいます。

だからこそ、そのようなチームの期待を裏切る事なく良い連携プレイをしていくためにも、ファーストには慎重さが必要になってくるのです。

実際に私がファーストを経験した時も、このようなつまらないミスをしてしまってチームにとても迷惑をかけてしまった事が多々ありました。

チームのモチベーションも連携も全てが失ってしまうので、絶対にしてはいけないミスであるかと思います。

ソフトボールのポジションにとって、一番慎重なプレイが重要になってくるのは紛れもなくファーストであります。

ファーストで始まりファーストで終わる、ソフトボールにはこのファーストが全ての鍵をにぎっているのです。

バントに素早く

ソフトボールの野手として上達をするには、ファーストであればみんなの努力を無駄にしないような慎重なプレイが求められてくるという事を言いましたが、もちろんファーストにはもう1つ大きな課題があります。

ソフトボールになればこの技を多く多用してくるチームは多いと思うのですが、ファーストにはセーフティバントの処理を素早く対応する技術まで求められてきます。

基本的にこの判断は自分の手元に転がってくるボールに対して向かっていくのか、それとも1塁のベースカバーに入っておくのかとても難しいところなのです。

だからこそ、日々の積み重ねによって体に叩き込んでいくことが大切なのでしょう。

セーフティバントを狙ってくる相手チームでは、絶対にファーストの位置を確認して攻撃を仕掛けてくると思うので、それに察知できるかどうかもファーストの役目と言っても良いのです。

ファーストとしては相手バッターの動きをしっかりと見極めておく事も重要であります。

ファースト側に転がってきたボールであれば、ピッチャーかキャッチャーかファーストが優先的にボールの処理をいくものなのですが、その判断はボールの勢いと角度で全て判断していくことでしょう。

私が実際にソフトボールのファーストをしていても、この判断はとても難しかったかと思います。

もちろんこの判断が正確に出来るファーストこそが優れた選手と言えるので、しっかりと自分なりに身に付けていけることをオススメします。