相手チームに翻弄されない


出典:http://www.biccamera.co.jp/

ソフトボールの練習とは異なり、試合になると緊張感が高まってなかなか自分達のゲーム展開をする事ができないという方は大勢いることかと思います。

特に初心者の方であれば、ソフトボールの試合にはどんな事を意識して試合に臨んでいけば良いのか分からない事かと思います。

基本的に試合であっても、練習と同じような気楽な気持ちでやっていく事が最も良いのではないかと思います。

その事が、自分達のプレイを最大限に出していく事につながっていけるのです。

私が実際に相手チームに対して意識をしていた事は、相手の威圧感に負けないということばかりを考えていました。

相手チームに翻弄されていたのでは、きっと試合の流れを全て奪われてしまうのでとにかく気持ちだけでは負けない事を強く持っていました。

相手に気持ちで負けていても実力で勝っていけばよい、と思われる方は居るかと思いますが、実際のところ試合が始まってしまえばいくら実力で上回っていたとしても相手チームの流れで負けてしまう事は少なくはないのです。

だからこそ、自分たちの現段階での実力を信じて自分達が自信を持ってプレイをしていかなければいけないのです。

これからソフトボールを始める方であっても、気持ちで相手に勝る事であれば誰でも出来るかと思います。

試合展開を有利に進めていくのは、きっと相手よりも強い気持ちを持っていることが大切であり、絶対に負けないという気持ちがソフトボールの試合には必要なのです。

強打者の多いチーム

  [スポンサードリンク]

ソフトボールの試合にとって、相手チームがどれだけの実力を持っているかというものは分からないものであります。

相手チームは守備が優れているのか、バッティングが重視なのか、それとも足を使って試合を進めていくのかといった様々なチーム方式があるかと思うのですが、その中でもバッティングに重視したチームに対応できる方法というものはあります。

バッティングを重点的に練習をしてきたチームであれば、きっと相手チームには強打者がゴロゴロと出てくる事だと思います。

その強打者の多いチームに対抗していくためには、ある作戦が必要なのです。

強打者に対抗すること、それは外野陣の守備に関してんお秘策があるのです。

強打者に多く共通する事として、たいていがフライ系の上に打ち上げるバッティングを狙って長打をしかけてくるバッターが多いのです。

だからこそ、外野陣には後方で守りをすることをオススメします。

後方にいれば長打を避けることに繋がりますし、内野陣と外野の間にヒットを打たれてもきっと長打になることはありません。

私が実際に強打者の多いチームを相手にした時には、やはり外野陣の後方守備を勧めました。

もちろんそれでも長打を打たれたことはあったのですが、だいたいの強打者はこれによってヒットか凡打で終わらせる事が出来たのです。

強打者に対抗する事、それは外野陣の守備ではないかと思います。

長打は絶対にさせないという強い意識を持って試合に臨む事で、相手チームのバッティングを抑えることに繋がるのです。

守備の上手なチーム

ソフトボールの試合において、相手チームが強打者揃いのチームに対抗していく小技を紹介しましたが、他の分野にも使える小技というものがあるのです。

例えば相手チームの守備が上手いところであれば、きっと試合中に得点を取る事が難しくなってくると思うのですが、そんな時にも使える小技があります。

守備を固めてきたチームであれば、それなりに失点を防ぐ事を意識しているのだと思うのですが、きっとそんな鉄壁のチームにもどこかに弱点があるはずなのです。

そこを狙っていくことが、守備の上手いチームへ対抗していく策になるのです。

守備の上手いチームの弱点として、やはりバッティングを鍛えているとはなかなか考えられません。

実際に普段から守備練習を中心にしていると思うので、バッティングに対してそれほど力が無いと考えて間違いはないかと思うのです。

だからこそ、守備の上手いチームに対抗するには相手チームにも得点を許さない事が大切になってくる訳なのです。

それが出来ていれば、きっと無得点のまま試合展開を進める事が出来て相手チームにも引けを取らない状況になってくるのです。

私が実際に守備の上手いチームと試合した時には、やはり相手チームから得点を取られるケースは少なかったように思えます。

むしろこちらのバッティングの方が優れており、得点を入れれる可能性は絶対的に自分達の方があったのです。

守備の上手いチームに対抗するには、まずは相手チームの得点を防ぐ事なのです。

それによってきっと、相手チームには嫌なプレッシャーがかかっていく事かと思います。