ドライアイってどんな症状なの?治療法は?オススメの目薬は?

現代人はコンタクトレンズを日常的に装用している人も多く、さらにおしゃれの為のカラーコンタクトレンズを装用するという人も増えてきました。

さらに仕事やプライベートでパソコンを使用する時間が長い人も多く、ドライアイになっている人も少なくないでしょう。

そこで今回は現代人の多くが悩まされているというドライアイについて、その症状や治療法などをご紹介しようと思っています。

imaganka24

ドライアイはどんな病気?

目をまもるために大切な涙。

その涙の量が不足してしまったり、涙の質のバランスが崩れてしまうと涙が均等に瞳に行き渡らずに目の表面が乾いて傷ついてしまう病気がドライアイです。

その原因は様々ありますが、高齢のよるもの、エアコン使用によるもの、パソコンやスマートフォンの使用によるものなどがあります。

ドライアイの症状

では、ドライアイはどの様な症状があるのでしょうか?

ドライアイと一言にいってもその症状も実はさまざまなのです。

例えば、典型的なのは目が乾いた感じがする症状です。

パソコンやスマートフォンを使った作業などが続いて瞬きの回数が減ってしまうと涙の量も減ってしまいます。

瞳が乾燥して目の表面に傷がつきやすくなるので、角膜や結膜にも異常がでることもあります。

ほかにも、目が疲れやすいといった症状もあります。

ドライアイになると、目をまもるための涙の量が減ってしまうわけですから、目が疲れやすくなってしまいます。

このほか、目がかすむ、目がかゆい、目やにが出る、目がゴロゴロするなどの症状もありますから、気になったら病院を受診すると良いでしょう。

  [スポンサードリンク]

ドライアイの治療法は?

ではドライアイの症状がある時はどの様な治療をすればいいのでしょうか?

ドラックストアなどに行くとドライアイ用の目薬を見かけることもあるでしょう。

けれども、症状や原因はさまざまなのでしっかりと眼科を受診してその原因を突き止めて治療をしてもらうことをオススメします。

眼科ではドライアイの検査をすることができます。

目の表面に傷がないかを調べたり、涙の質や量を調べる検査も受けられます。

実際の治療は、点眼液による治療になります。

ドライアイの治療に使われる点眼液は、涙の成分に最も近い物です。

また点眼液では十分な効果が得られない場合には、涙点プラグという治療もおこなわれます。

ドライアイにおすすめの目薬は?

自分がドライアイの症状を感じたらできるだけ早く眼科を受診することが一番ですが、時間がなくてなかなか眼科へいけないという方もいるでしょう。

そんな方には市販の目薬でまずは治療してみましょう。

オススメの目薬は、新ロートドライエイド

粘土が約60倍というとろみのある目薬がしっかりと瞳の表面にとどまってくれるため、しっかりと瞳を潤わせてくれますよ。