顔歪みってどうしてなるの?矯正方法は?歯並びが関係するの?

自分の証明写真などをみて、なんとなく顔が歪んでいるなぁと感じたことがある人、テレビで芸能人を見て顔が歪んでいるなと思ったことがある人はいると思います。

でも、どうして顔が歪んでしまうのでしょうか?

今回はそんな顔歪みの原因や矯正方法、自分で治す方法などをご紹介しようと思います。

img_case03

顔のゆがみの原因は?

笑った時に口角の位置が違ったり、目の大きさが違ったり、自分でも顔のゆがみが気になることがありますね。

でも、もともと顔が完全に左右対称の人は殆どいないそうです。

とはいえ、大きなゆがみとなってしまう原因はあります。

顔のゆがみのほとんどが生活習慣によるものが多いと言われています。

身体にゆがみが出ると、首でつながっている顔にも影響がでて歪んでしまうことがあるのです。

猫背や悪い姿勢、バッグをいつも片方の肩にかけている、足を組む癖があるなどがその原因とも考えられます。

他にも頬杖をつく、片方の歯だけでものを噛んでしまうなども顔のゆがみの原因となる生活習慣といえます。

  [スポンサードリンク]

顔の歪みの矯正方法は?

では、この顔の歪みを矯正するにはどうしたらよいでしょうか?

先ずは、片側ばかりでものを噛まない様に普段から気をつけなくてはいけません。

そこで食べ物を口にいれたら左右10回ずつ噛むように心がけます。

たったこれだけでも、どちらかが歪んでいると噛みづらいと感じることがあります。

もし噛みづらいと感じることがあったら顔が歪んでいるということですから、しっかりと左右で噛む癖をつけていきましょう。

また、口角が下がっている側の奥歯で割り箸をしっかりと噛んで5分間、割り箸を左右両方にくわえて、特に口角が下がっている側の奥歯にシッカリと力をいれて噛んで5分間という矯正方法もあります。

さまざまな、矯正方法がありますので、自分で取り入れられそうなものからスタートしてみるとよいと思います。

顔の歪みと歯並びの関係は?

では、歯並びが悪いせいで顔にゆがみが出てしまうこともあるのでしょうか?

顔の歪みの原因は上でも説明したように、さまざまな生活習慣によることが多いですが、実際に歯並びが悪くて顔が歪んでしまっているという場合もあります。

歯並びが悪いと言ってもその状態はそれぞれで、特に口を閉じにくいほどの歯並びの悪さがある場合などには、顔の歪みにも影響をしてきます。

この場合は、歯の矯正をして治すことも可能です。

顔の歪みと言ってもその程度や原因も人それぞれ。

それを治すための方法もそれぞれですが、顔がゆがむ原因となる生活習慣を持っている方は、なるべく早く治していった方がよいでしょう。