ケトン臭ってどんな匂いなの?予防するには?ニオイ対策は?

ケトン臭という言葉を耳にしたことがありますか?

ないという方も意外と多いと思います。

けれども最近、このケトン臭がした等といったことを言われて悩んでいる方が少なくないという話も聞きました。

そこで、今回はケトン臭ってどんなものか、その原因や対策などについてご紹介しようと思います。

l_01

ケトン臭ってどんな臭い?

まず、ケトン臭といわれる臭いはどの様なニオイなのでしょう。

それは、口臭からアンモニア臭、そして甘酸っぱいにおいに変化する臭いと言われています。

ケトン臭の原因はいろいろありますが、大きな理由の一つとしてダイエット糖尿病があげられます。

これは、無理な食事制限や運動不足が原因で体質が変化することで発生します。

一般にはダイエット臭とも呼ばれていて、この名前の方が聞き覚えがある方も多いかもしれません。

無理なダイエットをすることで体内の脂肪が燃焼しきれずに、血液中の脂肪酸が増えてしまって体臭として脂っぽい匂いがしたりしますね。

それに加えて、食事制限による空腹状態から、だ液に分泌が減って口臭が発生する原因ともなります。

  [スポンサードリンク]

ケトン臭を予防するには?

せっかくダイエットの効果も見られるようになってきたのにケトン臭がするのでは、何だか悲しいですよね。

ではどのようにしてケトン臭を予防することができるのでしょうか?

対策としては、アルカリ性の食品を摂取することです。

例えば、ワカメや昆布といった海藻類、梅干し、ほうれん草、バナナといったアスパラギン酸が多いものを摂取することで予防効果があると言われています。

逆に食べない方がいいとされている食材は、肉類です。

ダイエットを目的としている人には、この二つを食べないことはあまり酷ではないかもしれませんね。

ダイエットが原因でケトン臭がするという方は、もっとも効果的なものが有酸素運動です。

一日最低20分以上の継続的運動をすることで筋力アップだけでなく、ケトン臭の予防にもなります。

ケトン臭と糖尿病

このケトン臭は糖尿病によるものもあります。

その場合には、きちんと病院で治療しないと改善は難しいとされています。

きちんと診察をうけて、インスリンの注射などをしてもらって治療に専念することが一番のケトン臭の対策となるかもしれません。

ケトン臭、耳慣れない言葉ですが、実は自分もダイエットが原因でケトン臭がしているのかもしれないですね。

自分で自覚している場合には、ダイエット方法を変えることもできるので、しっかりとケトン臭について知っておくと良いでしょう。