鶴岡八幡宮の紅葉について。見ごろはいつ頃?おすすめの観光スポットは?

鎌倉といえば、お寺が多くお花も季節によってさまざま咲き乱れるので、
関東近郊の方は観光に訪れることも多いでしょう。

また、修学旅行などで小学生や中学生が散策しているのもよく見かけます。

そんな鎌倉の紅葉のスポットといえば、鶴岡八幡宮です。

そこで今回はそんな鶴岡八幡宮の紅葉についてご紹介しましょう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

鶴岡八幡宮ってどんなところ?

鶴岡八幡宮は、神奈川県鎌倉市にある神社です。

別称として鎌倉八幡宮とも呼ばれるこの神社は、
武家源氏、鎌倉武士の守護神で
鎌倉初代将軍の源頼朝のゆかりの神社として
全国の八幡宮の中でも知名度の高いところです。

さらに三大八幡宮の一社に入り、境内は国の史跡にも指定されています。

JR鎌倉駅東口から八幡宮へと続く段葛は、
京都の朱雀大路を模して作ったと言われています。

そして境内正面の太鼓橋から左右には源平池が広がっています。

初夏にはホタル祭りも開かれます。

さらに舞殿、本宮、鎌倉国宝館などがあり、のんびりと散策することもできます。

参道脇には、平日でも露店がならびますから、お子さんも喜ぶでしょう。

アクセスは、JRまたは江ノ電の鎌倉駅から徒歩10分程度。

鎌倉小町にはさまざまなお店が立ち並んでいますので
鶴岡八幡宮までの道も楽しく散策できるでしょう。

鶴岡八幡宮の紅葉の見ごろはいつ頃?

鎌倉八幡宮の紅葉の見ごろは毎年11月下旬から12月中旬ごろ。

主な紅葉樹の種類は、イチョウ・ハゼ・モミジ・カエデです。

広い境内のあちこちで紅葉を楽しむことができます。

神社なので参拝と合わせて紅葉を楽しみましょう。

鶴岡八幡宮周辺の観光スポットは?

鎌倉と言えば観光スポットはたくさんあります。

見所がたくさんの鎌倉ですからどこを見て歩こうか迷ってしまいますね。

鶴岡八幡宮までは若宮大路の段葛を歩いていったら、
帰りは小町通りがオススメ。

小町通りは鎌倉観光の中でも一番メジャーなスポットといってもよいでしょう。

甘味や御土産、衣類などさまざまなお店があります。

また食べ歩きできるソフトクリームや焼き立てのおせんべい、
ソーセージにコロッケなどがありますから楽しみたいですよね。

私は鎌倉にとても近いところに住んでいるので、鎌倉へはよく行きます。

鎌倉も桜やアジサイ、紅葉と一年を通して
景色が変わるのでいついっても楽しめる場所です。

美味しいお食事もできるし、お買いものも楽しめるのでぜひ、
一度は訪れてみてください。