ハロウィンにぴったりのレシピは?パーティにはなにがオススメ?お弁当は?

ハロウィンといえば、日本でもここ最近はお子さんがいるご家庭を中心に
パーティーをして楽しんだりしているようですね。

大人は仮装してホームパーティーをしたり、
近所の商店ではハロウィンのイベントが行われたりと
毎年楽しみにしている方も少なくないでしょう。

今回は、そんなハロウィンをさらに楽しくしてくれる
おすすめのレシピをご紹介したいと思います。

f71030a53d14fb167325088e1c0b0800

ハロウィンとは?

ハロウィンは、キリスト教で毎年11月一日に
あらゆる聖人を記念する祝日である万聖節の前夜祭で、
秋の収穫を祝って、悪霊を追い出すお祭りです。

ハロウィンには子供たちが仮装して練り歩いて
窓やドアをたたいて「トリックオアトリート」
お菓子をくれなきゃいたずらしちゃうぞと言って
お菓子をねだるのは、お祭り用の食糧をもらって歩いた
農民の様子を真似たものだと言われています。

アメリカではジャックオランタンと呼ばれる大きなカボチャをくりぬいて
目と鼻と口をつけた提灯や黒猫、骸骨、クモやクモの巣などで
自宅の庭を飾り付けたりします。

日本でも英会話教室やインターナショナルスクールなどで
ハロウィンパーティが開かれてから
徐々に一般家庭にもハロウィンのイベントが知られるようになりました。

ハロウィンのオススメレシピ

子どもも大人も集まるハロウィンパーティーや
ハロウィンの日のご家庭でぴったりのおかずといえば、
カボチャをつかったレシピではないでしょうか。

中でもパーティにもぴったりで子供も大好きな
「カボチャのコロッケ」がオススメです。

作り方は意外と簡単なのでご紹介しますね。

材料

先ずは材料から。

・カボチャ
・玉ねぎ
・ロースハム
・小麦粉
・溶き卵
・パン粉

です。

味付けに

・牛乳
・顆粒コンソメ
・しお、こしょう

を使います。

  [スポンサードリンク]

作り方

では作り方をご紹介しましょう。

玉ねぎはみじん切り、ハムはあらみじん切りにします。

フライパンに油を熱したら玉ねぎをしんなりするまで炒めます。

そこにハムも加えてさっと混ぜ合わせたら火を止めます。

次にカボチャの準備です。

カボチャは種とワタを取って、
半分に切ったら皮をところどころ向いてラップに包みます。

電子レンジで裏表三分ずつ加熱します。

カボチャに竹串を指して柔らかくなっていたら、
すりこぎで潰します。

フライパンにカボチャと味付けの材料を入れて、
ゴムベラなどで混ぜて10分程煮ます。

これを楕円形にして小麦粉・卵・パン粉をまぶして
あげたら出来上がりです。

パーティーなどではまん丸の小さ目のコロッケにして
ハロウィンらしいピックなどをさしておけば子供も喜びますよ。

ハロウィンの子供のお弁当に

幼稚園に通っているお子さんをお持ちのお母さんは
ハロウィンのお弁当はちょっとハロウィンらしくしたいと思いますよね。

私がよくやっていたのは、サケフレークを混ぜた
オレンジ色っぽいおにぎりを丸く作って、
そこに海苔でジャックオランタン風に目と鼻、口をつけていました。

最近は小さくて丸いソーセージもあるので
そこに目と鼻、口をつけるのもかわいいですよね。