鎌倉瑞泉寺の紅葉について。見ごろの時期やおすすめスポットなど

鎌倉と言えば、多くのお寺や神社が立ち並び、
首都圏からだけでなく遠くからも観光に訪れる人が多い街。

毎年、桜のシーズン、紫陽花のシーズン、
そして紅葉にシーズンにはすごい人で賑わっています。

そんな鎌倉の中でも美しい紅葉が鑑賞できると
有名なスポットがいくつかあります。

その一つが瑞泉寺です。

今回は、この瑞泉寺の紅葉について、
見頃やおすすめスポットなどをご紹介します。

f0147385_0647

瑞泉寺とは?

瑞泉寺は、鎌倉駅からはバスと徒歩で行くことができるお寺で、
別称は花のお寺と言われるほど四季のお花を楽しむことができるところです。

1327年に幕府の御家人であった二階堂道蘊が
国師の為に建立したのが始まりといわれ、
鎌倉公方となった足利基氏が中興して瑞泉寺になりました。

国師作の禅の思想に基づいた庭園は、
書院庭園の起源ともいわれていて、国の名勝にも指定されています。

そして花のお寺と呼ばれるだけあって、スイセン、冬桜、
黄梅、梅、あじさい、キキョウ、フヨウ、シュウメイギク、
そして紅葉が楽しめるスポットとしても人気があります。

  [スポンサードリンク]

瑞泉寺の紅葉の見ごろはいつ頃?

そんな瑞泉寺はもちろん紅葉も見事です。

瑞泉寺の紅葉は毎年11月下旬から12月中旬ごろ。

主に紅葉する樹木は、カエデです。

そして、この瑞泉寺の周辺には紅葉の谷といわれているように、
付近の紅葉の眺めは最高だと言われています。

特に三門をくぐったところにある紅葉は見事で、
一度は見ておきたい景色です。

ちなみに瑞泉寺の紅葉のシーズンのライトアップはありません。

けれどもイベントに合わせてライトアップすることもあるそうです。

周辺のオススメ観光スポットは?

せっかく鎌倉に来たら、瑞泉寺だけでなく
いろいろなところを見て回りたいものですね。

元気に歩きたいと思う方には天園ハイキングコースがオススメです。

このハイキングコースは瑞泉寺のやや手前で左右に分かれていて、
道標にしたがって左に行くと、明王院へと通じていて、
右に進むと瑞泉寺近くにある住宅街に来て終点となります。

途中にもさまざまな観光スポットがあるので、元気に歩けるという方は
このハイキングコースを歩いてみるのもよいでしょう。

鎌倉と言えば、鶴岡八幡宮にはじまり、沢山のお寺や神社があって
そこを訪れるだけで、心がほっとするそんな感覚を味わえます。

鎌倉での紅葉を楽しみたいと思っているからは、瑞泉寺のほかにも
いろいろな観光スポットがあるので、合わせて楽しむといいですよ。