国営昭和記念公園の紅葉について。見ごろやオススメスポットなど

国営昭和記念公園は、都心からほど近い公園で、
日ごろから子供と一緒に遊びに行ったり
週末にはお弁当をもって出かけるという方も多くいますね。

広大な敷地内では、さまざまなスポーツを楽しむこともできます。

さらに四季を通してさまざまな花が咲き乱れるので、
一年中いついっても楽しめるのも魅力です。

そんな国営昭和記念公園は紅葉のスポットしても知られています。

そこで今回は、国営昭和記念公園の紅葉についてご紹介します。

Autumn_colors_in_Showa_memorial_park

国営昭和記念公園とは?

国営昭和記念公園は、東京都立川市と昭島市にまたがる国営公園です。

昭和天皇御在位五十年記念事業の一環として立川基地跡地に開設されていて、
レクリエーション施設としての面もありますが、
実は大規模な震災や火災が発生した際には
避難場所としても機能するように設計されていて、
立川市と昭島市の広域避難場所としても指定されています。

春は、ツバキや水仙、菜の花、サクラ、チューリップやポピーなどが
順番に咲き乱れる開花リレーが見られます。

夏は紫陽花とひまわりが、秋には大規模なコスモス畑に咲き乱れるコスモス、
さらにイチョウが黄色に染まり、冬はクリスマスイルミネーションと
シャンパングラスツリーが幻想的な光を演出します。

夏は花火大会も行われます。

アクセスはJR青梅線西立川駅から徒歩2分です。

国営昭和記念公園の紅葉の見ごろはいつごろ?

国営昭和記念公園の紅葉の見ごろは、毎年11月上旬から12月上旬ごろ。

主な紅葉樹の種類は、イチョウ、モミジ、
ハナミズキ、ナンキンハゼ、メタセコイアです。

オススメの鑑賞スポットは、立川口イチョウ並木と
うんどう広場ワキのイチョウ並木です。

日本庭園のもみじも風情があってとても美しいです。

他にもメタセコイアの並木などもあって、
それぞれに違う紅葉を楽しむことができます。

毎年紅葉のシーズンには、紅葉祭りも開催されます。

国営昭和記念公園の周辺観光スポットは?

国営昭和記念公園は、広大な敷地でお弁当を持参したりすれば
一日楽しむことができますが、
せっかくだから周辺の観光スポットにも行ってみましょう。

ご家族で楽しむなら、立川防災館です。

さまざまな地震の揺れが体験できる地震体験室や、
煙や消火、応急救護の体験ができます。

防災ミニシアターではスクリーンに
地震が起こった時の状況をリアルに再現しています。

児童コーナーでも防災アニメなどが用意されているので
家族皆で楽しめます。

国営昭和記念公園は、秋の紅葉だけでなく
一年中美しい景色を鑑賞できるところ。

東京都からも比較的簡単に行けるので、
ぜひご家族やカップルで訪れてみてください。