オイスターバーとは、いったいどんな所でしょうか?

オイスターバーとは、生の牡蠣をお客様から見えるカウンターなどで牡蠣をむいて出してくれるレストランなどのお店のようです。

s_002f

アメリカでは、オイスターバーは、直接お客様が自分の好みの味のカクテルソースを作り、調味料などを入れるスペースなどがあるそうです。

日本ではあまり見かけない光景ですね。

東京都内にはオイスターバーのあるお店が意外と多いです。

MAIMONオイスターバーは牡蠣1個から注文ができます。

恵比寿・西麻布などに展開していますね。

中でもグランドセントラルオイスターバーが有名です。
品川店・丸の内店等がありますね。

オイスターバーの牡蠣にはシャブリワインの組み合わせが最高に相性ぴったりのようです。

オイスタバーのお店には、必ずシャブリがおいてあって実際に飲んでみると、牡蠣に合って美味しく食べることができます。

シャブリの中でも、特におすすめのシャンブリは
シャブリ グラン クリュ シャブリが最上級です。

スコットランドでは牡蠣とウイスキーの組み合わせが好まれているようです。

小さな浜辺にあるボウモア蒸留所で生産されています。

パリでは、サンジェルマン付近などにオイスターバーのお店がたくさんあります。

イギリスでも、冬の時期は特に食べられていますね。

世界的に牡蠣を食べる習慣がありますね。

  [スポンサードリンク]

牡蠣の効能

牡蠣は海のミルクと言われており、ビタミン・クエン酸が豊富なので亜鉛の吸収を助けてくれます。

豊富なタウリン・乳酸の増加を防いでくれますので、疲労回復にも効果があります。

栄養成分は100gあたり、

カロリー  60キロカロリー
亜鉛    13.2mg
タウリン  1130mg
ビタミン   B1・B2・B6・B12・E・Cなど

が含まれています。

きちんと食べれば牡蠣は、体にとてもいいですね。