結婚式のお呼ばれ服装(女性の場合)マナーは?親族の場合は?

大人になると親族や友達、会社の先輩や
同僚の結婚式にお呼ばれする機会も増えてきます。

そんな時、どんな服装でいけばいいのか迷ってしますね。

実際に結婚式に行ってみるとマナーをご存知ないと思われる
服装で出席している方もよく見かけます。

ご本人は気が付いていなくても、
周りの人に失礼にあたる場合もあります。

ここでは大人としてのマナーとして結婚式に出席する際の服装などをご紹介します。

094401fd400ef2e8bed285c48880553c

結婚式に出席するときの服装のマナーは?

結婚式の主役は花嫁です。

ですから、出席者が花嫁より目立ってしまってはいけません。

花嫁は白いドレスを着ますから、白はNGです。

さらにクリーム色や薄いピンクといった
白系のドレスも写真映りなどによっては
白く映ってしまうので避けた方がよいでしょう。

さらに露出度の高いドレスや、
身体のラインがはっきりとわかるドレスも
新郎新婦より目立ってしまうので良くありません。

スカート丈は膝が隠れる程度、
昼の披露宴では肩がでないドレスにしましょう。

夜の時間帯の披露宴の場合には、
ある程度露出のあるドレスでも許されます。

夜の時間帯の正装はイブニングドレスで、
胸元や背中が開いているノースリーブなので
露出が多いほど正式とされます。

もちろん、挙式の際には羽織る物を着て露出をしないようにしましょう。

  [スポンサードリンク]

親族として結婚式に出席する場合は?

親族として結婚式に出席することもあるでしょう。

親族は、結婚式に参加するのではなく、
着てくださるお客様を迎える立場になります。

ですから、近い親族の場合には、未婚の場合は振袖、
既婚の場合は留袖か色留袖が基本とされています。

カジュアルな場合は訪問着でも構いません。

結婚式のお呼ばれはスーツでもいいの?

結婚式にスーツで行こうと考える女性もいると思います。

周りはドレスの人が多いけれど
スーツでもいいのか心配になりますよね。

参加する結婚式の格式などにもよりますが、
カジュアルな結婚式の場合にはスーツでも大丈夫です。

ただ、格式の高いホテルなどでの披露宴の場合には
スーツは避けた方がよいでしょう。

スーツは仕事着でもありますから普段着の印象が強くなってしまいます。

もしスーツで参加する場合にはインナーを華やかにしたり、
アクセサリーを華やかなものにするなどして、
結婚式というお祝いの場にふさわしい服装にしましょう。

いかがでしたか?

結婚式のお呼ばれと言っても立場などによっても服装のマナーがちがいますね。

どんな場合にも失礼の無いようにしっかりとマナー知って、
恥かしい思いをしないように心がけましょう。