そばかすは内側からのケアが鉄則

そばかすは美人に多い・・・?

などと誰かが言っていたのを思い出しますが、目元や頬に散らばるそばかすは見方によってはチャーミングではありますが、やっぱり気になるものです。

01-a02be

この「そばかす」はいったい何が原因で出来てしまうのでしょうか。

そばかすの原因とは

そばかすは、目元、頬の上部に散らばって出来る小さな茶色の斑点です。

そばかすには先天的なものと後天的なものがあり、先天的なものは思春期に増えて、それ以降は消えるようです。

後天的なものは、紫外線や間違ったスキンケア、ストレス、ビタミンなどの栄養不足などが原因のひとつになっています。

そばかすは活性酸素が発端で出来てしまうこともあるので、出来るだけ活性酸素を溜めないようにする必要があります。

そばかすの大敵は「活性酸素」と「紫外線」です。

栄養バランスのとれた食生活を心掛けて、ストレスを溜めず紫外線を避けるなど、活性酸素を発生させないようにすることが大切です。

そばかすの治療法

そばかすは、外用薬、内服薬、レーザー、光、超音波、ケミカルピーリングなどの治療を行います。

レーザー治療

レーザー治療は治療効果が高く、そばかすに対して非常に有効な方法です。

高い効果が期待出来る反面、皮膚の赤みやお化粧が出来ないなどのデメリットがあります。

さらには、治療が完了するまでに数ヶ月かかります。

フォトフェイシャル

光による治療は、レーザー治療と似た治療法ですが、レーザー治療よりも赤みなどのデメリットが少なく、レーザー治療と同等の効果が得られます。

レーザー治療よりも治療期間が短いのも嬉しいですね。

超音波治療

超音波で高濃度のビタミン剤を皮膚に浸透させる方法です。

ビタミン剤のビタミンAやビタミンCを肌に浸透させることで、その美白効果によってそばかすを薄くするというわけです。

この方法も、レーザー治療のようなデメリットがなく、光治療と並んで人気のお肌に優しい治療法です。

薬物治療

内服薬によってそばかすを防止する治療法です。

ケミカルピーリング

ケミカルピーリングは、化学物質を皮膚に塗ることで古い角質を剥がし表皮の生まれ変わりを促す方法ですが、敏感肌やデリケートな肌質の方は、逆に肌トラブルを起こす危険性もあり、注意が必要です。

  [スポンサードリンク]

そばかすの消し方

そばかすやシミが気になる方に人気なのが「ハイドロキノン」や「ビタミンC誘導体」配合のスキンケア用品です。

これらの化粧品を使うことはシミやそばかすに有効ですが、シミもそばかすも、表面だけのケアでは根治は望めません。

これらのスキンケア化粧品を使用するとともに、体内のケアも併用することがシミそばかすを消す唯一の方法です。

・栄養を効率良く消化吸収する腸内環境を整える

・活性酸素の発生しやすい肝臓を正常に機能させる

・食生活を改善する

・適度な運動、ストレッチを行う

そばかすに良いからといって、腸内環境が悪いところにせっせとビタミンを摂取しても、全くのムダな努力となってしまいます。

体にあらわれるトラブルは、体内の異常が表面化したもの。

そばかすのみを解消しようとしても、その根本からアプローチをしなければ本当の解決にはなりません。

確実にそばかすを消すためには、外面と内面からのケアが不可欠です。

それらを行うことで、ほとんどの肌トラブルは改善できますが、今日実践してすぐに消えてしまうわけではありません。

長い時間をかけて出来てしまったそばかすを消すには長い時間と忍耐力も必要です。

深刻に悩んでいる人にとって、長い時間をかけることは残酷以外のなにものでもないでしょう。

どうしても自分の力で手に負えない場合には、皮膚科などの専門医を受診しましょう。

専門医は、症状に合った治療法を見つけてくれますし、治療を始めれば徐々に症状も消えて、精神的にも穏やかになるでしょう。

一人で抱え込まずに、専門医に相談することも方法のひとつです。

また、シミやそばかすに特化したスキンケア化粧品も販売されていますので、まずは試してみることもおすすめです。

オススメは薬用美白化粧水です。

シミ・そばかす・くすみに高い効果を発揮するアルブチンという美白素材を配合していますので、日々のお肌のケアで美白ができるようになります。

シミそばかす用など、美白効果の高い化粧品の中には、刺激が強いものがありますので、自分に一番合った化粧品を探すことが何より大切です。