切り花によし!鉢植えによし!リンドウを育ててみよう

秋を代表する野草のひとつ「りんどう」
穏やかな太陽の光が大好きで、
日光が当たると綺麗な紫色の花を咲かせます。

自生しているリンドウも美しいですが、
自分で育てたリンドウはまた格別。

そんなリンドウの育て方とポイントをご紹介します。

リンドウに最適な用土

リンドウの栽培には水はけの良い酸性の土が適しています。

鹿沼土7、ピートモス3の割合で混ぜた用土を利用します。

リンドウ栽培のポイント

・苗を選ぶ時は葉色が良く、ある程度花の咲いたつぼみの良いものを選びます。

・日当たりを好むので真夏以外は日光に当てて育てます。

・暑さと蒸れを嫌うため、真夏は風通しの良い涼しい場所で栽培します。

・根は極端に乾燥させないように水切れに注意します。

・4月~8月の生長期は10日に一度程度の液肥を与えると良く育ちます。

・株の更新は2~3年。

・冬季は、霜に当たらないように注意すれば軒下で越冬出来ます。

花色の美しいアルペンブルー

アルプスの名花として親しまれているアルペンブルー。

茎が短く、アサガオのような美しいブルーの花が咲きます。

6717_1

アルペンブルーも通常のリンドウを育てる方法と同じで栽培します。

・風通しと日当たりの良い場所で育てる。

・土の表面が乾いたら水やりをする。

・市販の山野草の土など水はけのよい用土を使う。

・年に2~3回の化学肥料の追肥を行う。

切り花に最適なエゾリンドウ

エゾリンドウは北海道に自生し、
長くスラリと伸びた茎にたくさんの花をつけるため、
切り花には最適な種類です。

鮮やかな濃紺の花色がとても綺麗です。

エゾリンドウに限らず、リンドウは
その存在感から切り花には最適な花です。

最近では早咲き品種が登場して
初夏から楽しむことも出来るようになりました。

お盆やお彼岸にはブルー系、
ギフトやアレンジ用にはピンク系など、
幅広い用途に活躍するリンドウですが、
天候の影響を受けやすいので
雨や蒸れなどには注意が必要となるようです。

  [スポンサードリンク]

敬老の日向け リンドウ白寿

敬老の日の定番ギフトともいえるリンドウの鉢植え。
リンドウは敬老の日にぴったりの花です。

リンドウの鉢植えの中でも敬老の日におあつらえなのが「白寿」。

j-301

リンドウ白寿は、青と白のコントラストが美しく、
おじいちゃん、おばあちゃんへの「元気で長生きしてね」という
気持ちがこもったリンドウです。

お値段も3,000円前後からとお手頃価格。

お花屋さんは、派手すぎず、暗すぎず、
ゴージャスに上品に素敵にラッピングしてくれますので、
敬老の日には絶対おすすめの鉢植えです。

おじいちゃん、おばあちゃんだけでなく、
ご家族までもが感激することでしょう。

リンドウの植え替え

リンドウは根詰まりを起こしやすいため
2年に1回は植え替えします。

植え替えの適期は3月~4月上旬です。

リンドウは暑さに弱く、
寒さには強い植物です。

鉢植えや切り花としても楽しめる用途の広さも人気のひとつ。

初心者にも比較的簡単に栽培できますので、
一度試してみてはいかがでしょう。